熊本ラーメン

「美味しい!」熊本グルメを堪能する~名物&名店おすすめ19選~お店のある場所も紹介!

更新:2021/08/25

16,624views

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

熊本県に来たなら絶対に外せないご当地グルメ。地元で知られる名店から近年話題の飲食店まで、おすすめメニューやアクセス方法などの情報を紹介します。熊本ならではの「うまかもん(おいしいもの)」を探しにいきましょう!

 

【ご当地グルメ】熊本ラーメン

熊本ラーメン
熊本県提供

焦がしニンニクの香りがたまらない熊本ラーメン。鶏ガラをブレンドした豚骨スープと中太ストレート麺に、キクラゲのトッピングが特徴です。そのルーツは元祖豚骨ラーメンの「久留米ラーメン」。玉名市から熊本中心部へ広まったと言われています。

桂花ラーメン/熊本市エリア

昭和30年(1955年)に創業し、東京でも大ブームとなった本場熊本ラーメンのお店。名物の「太肉麺(たーろーめん)」は、大きな豚バラ角煮とたくさんのキャベツによって麺が見えず、一般的な熊本ラーメンとは一線を画すビジュアルです。

創業当時の味を知るなら「桂花拉麺」がおすすめ。豚骨鶏ガラ白湯スープとマー油が見事にマッチし、茎ワカメや自家製チャーシューなどのトッピングがアクセントになっています。

桂花ラーメン 本店

住所〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町11-9 K-1ビル

アクセス《車》熊本ICから約25分《電車》熊本市電A系統・B系統「花畑町駅」から徒歩約3分

料金桂花拉麺:700円(税込) 他

電話番号096-325-9609

営業時間月〜土:11:00〜24:00、日:11:00~16:30

URLhttps://keika-raumen.co.jp

熊本ラーメン 黒亭/熊本市エリア

自家製麺の製造・販売も手掛ける熊本ラーメン専門店。すっきりとした後味が特徴のスープをはじめ、食欲をそそる焦がしニンニク油、もちもち食感の中太麺、秘伝のタレに漬け込んだチャーシューなど、全て自家製にこだわっています。

卵黄を2つ乗せた「玉子入りラーメン」も黒亭ならでは。生卵が苦手な場合は味玉にチェンジ可能です。

自宅でもお店の味を楽しみたい人はお土産用ラーメンも要チェック。

熊本ラーメン 黒亭 本店

住所〒860-0051 熊本県熊本市西区二本木2-1-23

アクセス《車》熊本ICから約30分《電車》JR鹿児島本線「熊本駅」から徒歩約5分

料金玉子入りラーメン:900円(税別) 他

電話番号096-352-1648

営業時間10:30〜20:30、休み:第3木

URLhttps://www.kokutei.co.jp/

火の国 文龍/熊本市エリア

外観の龍のオブジェがインパクト大。熊本ラーメンの中でも、ひときわ「こってり系」を求める人に絶大な支持を得ている名店です。「あっさり」など軽めのスープも選べますが、自慢は、創業以来、継ぎ足しているスープを1日300kgの骨を使用して高火力で炊き上げている超濃厚スープ。オリジナルの中細ストレート麺にクリーミーなスープがよく絡み、クセになるハーモニーを生み出しています。

お好みで付属の辛味噌やニンニク醤油をプラスすると、一味違った味わいになるのもポイントです。

火の国 文龍
火の国 文龍

火の国 文龍 総本店

住所〒861-8041 熊本県熊本市東区戸島4-2-47

アクセス《車》熊本ICから約5分

料金とんこつ:650円(税込) 他

電話番号096-388-7055

営業時間ランチ:11:30~15:00、ディナー:17:30~22:30(ラストオーダー:22:00)、休み:火

URLhttps://kumamoto.guide/gurunavi-spots/detail/6145902(熊本県・(公社)熊本県観光連盟)

 

【ご当地グルメ】あか牛丼

あか牛丼
熊本県提供

熊本・阿蘇でのびのびと育った、稀少な和牛「あか牛」を使ったご当地丼です。ミディアムレアに焼き上げたあか牛ステーキを、ごはんの上に贅沢にオン。赤身が多く、余計な脂っこさがないあか牛ならではの肉の旨味を堪能できます。

いまきん食堂/阿蘇エリア

阿蘇内牧温泉街に店を構える大衆食堂。明治時代に創業した老舗ならではの風格ある店内で、ゆっくりと食事を楽しめます。人気メニューの「あか牛丼」は、上質なあか牛ステーキを丼いっぱいに敷き詰めた逸品。ピンク色のレアステーキと、真ん中に乗った温泉卵がなんとも食欲をそそります。

そのほかにも「あか牛ハンバーグ定食」や「あか牛うどん・そば」など、地元ならではのメニューが充実しています。

いまきん食堂 あか牛丼
いまきん食堂 外観
いまきん食堂 内観

住所〒869-2301 熊本県阿蘇市内牧290

アクセス《車》熊本ICから約1時間《バス》JR豊肥本線「内牧駅」からバスで約15分、バス停「内牧」から徒歩約3分

料金あか牛丼:1,760円(税込) 他

電話番号0967-32-0031

営業時間11:00~15:00(ラストオーダー:14:00)、休み:水

URLhttp://aso-imakin.com/

あか牛丼いわさき/阿蘇エリア

国道57号線沿いに構える、牛肉専門店。希少和牛のあか牛が存分に味わえる看板メニュー「あか牛丼」の味の決め手は、江戸期から続く味噌醤油蔵「山内本店」の”まぼろしの味噌”を使った、かすかに甘みも感じる香り豊かなあか牛みそ。キレのある醤油ダレと合わせることで、味わいに重厚な深みを加えています。

食いしん坊向けの「大盛」や「メガ盛」もインパクト抜群です。

あか牛丼いわさき
あか牛丼いわさき
あか牛丼いわさき

住所〒869-2226 熊本県阿蘇市乙姫2006-2

アクセス《車》小池高山ICから約1時間《バス》JR豊肥本線「内牧駅」からバスで約3分、バス停「乙姫交差点」から徒歩約4分

料金あか牛丼セット:1,720円(税込) 他

電話番号0967-32-2677

営業時間11:00~14:30、休み:金

URLhttps://beef-rice-bowl-restaurant-31.business.site/

あか牛料理専門店 やま康/阿蘇エリア

店の自慢は、明確な生産者から仕入れる、A3~A5等級のあか牛を贅沢に盛りつけた「あか牛丼」。その日の在庫がなくなり次第閉店するほど、肉の鮮度にこだわっています。

赤字覚悟のボリュームに大満足間違いなしですが、さらにガッツリ食べたい人は「あか牛丼MEGA」や「あか牛ステーキ」をどうぞ。

阿蘇根子岳を望むロケーションも抜群、家族連れで味わいたい時は、個室利用がおすすめです。

やま康
やま康
やま康

住所〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町3191

アクセス《車》益城ICから約55分

料金気まぐれあか牛丼:1,700円(税込) 他

電話番号0967-62-0888

営業時間11:00~売り切れ次第終了、休み:水(2月は冬季長期休業あり)

URLhttp://www.hanakougen.jp/

 

【ご当地グルメ】太平燕(タイピーエン)

太平燕
熊本県提供

中国・福建省の郷土料理が長崎に持ち込まれ、日本風にアレンジされた麺料理。のちに熊本に伝わり、地元の食材を使ったソウルフードとなりました。長崎風のチャンポンに似た見た目ですが、麺には春雨を使用し、揚げ玉子が乗っているのが特徴です。

紅蘭亭/熊本市エリア

九州の食材を中心に取り扱う本格中華料理店。昭和9年(1934年)に創業し、第二次世界大戦の戦禍をも耐え抜いた名店です。もともとは華僑の人々を中心に九州全域で食べられていた麺料理を、創業当時から「太平燕」として提供していたのが「紅蘭亭」なのだとか。

味付けには福建省産の塩を使うなど、そのこだわりは昔から変わりません。地元に愛される味を堪能してみましょう。

紅蘭亭下通本店

住所〒860-0801 熊本県熊本市中央区安政町5-26

アクセス《車》和泉ICから約15分《電車》熊本市電A系統・B系統「通町筋駅」から徒歩約3分

料金太平燕:920円(税込) 他

電話番号096-352-7177

営業時間11:00~21:00(ラストオーダー:20:00)

URLhttps://www.kourantei.com/

会楽園/熊本市エリア

昭和8年(1933年)に創業した、有名人も来店する中華料理店。熊本の名物グルメ「太平燕」を広めた老舗の1つとして知られ、県内では学校給食の定番メニューにもなっている「ふるさとの味」を守り続けています。

同店の太平燕はコシのある春雨と口当たりがまろやかなスープが持ち味。鶏の出汁がきいたスープは春雨とよく絡み合い、見た目よりも濃厚な味わいとなっています。

会楽園
会楽園
会楽園 外観
会楽園 店内

住所〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町2-7-11

アクセス《車》和泉ICから約15分《電車》熊本市電B系統「洗馬橋駅」からすぐ

料金太平燕:900円(税抜) 他

電話番号096-352-2844

営業時間11:00~15:00、休み:月、第2・4・5火(祝の場合:翌休)

URLhttps://kumamoto.guide/spots/detail/9048?via=gourmet&via_page=brand%2Ffoods%2Ffoods_03.html(熊本県観光振興課)

チャイニーズレストラン 王張(わんちゃん)/県央エリア

令和3年(2021年)に創業50周年を迎える中華料理店。こちらでは、定番の味はもちろん、アイデアがつまった変わり種の「太平燕」が味わえます。

真っ赤なスープが目をひく「とまぴぃえん」は、国内トップのトマト生産量を誇る八代市ならではのご当地メニュー。濃厚な鶏清湯(とりちんたん)スープに完熟トマトの酸味がきいています。

ほかにも一風変わった太平燕があり、何度も足を運びたくなるお店です。

チャイニーズレストラン王張
チャイニーズレストラン王張
チャイニーズレストラン王張
チャイニーズレストラン王張

住所〒866-0844 熊本県八代市旭中央通5-9

アクセス《車》八代ICから約5分《電車》JR鹿児島本線「八代駅」から徒歩約10分

料金とまぴ~えん:900円(税込) 他

電話番号0965-33-8358

営業時間 11:00〜21:00(ラストオーダー)、休み:火

URLhttp://www.kmt-cci.or.jp/soup/search/syosai/menu18.html(熊本商工会議所)

 

【ご当地グルメ】からし蓮根

からし蓮根
熊本県提供

陰干した蓮根(れんこん)の穴に辛子味噌を詰めて、油でカラリと揚げた熊本の伝統料理。そのルーツは江戸時代にまで遡り、病弱だった熊本藩主・細川忠利公へ滋養強壮食として献上されたのが始まりだと伝えられています。

森からし蓮根/熊本市エリア

旧城下町の新町に店を構える老舗。先祖の平五郎氏が考案したからし蓮根を、病弱だった藩主・細川忠利公が常食し健康的な身体を手に入れることができたという逸話から、同店がからし蓮根の元祖として知られています。

かつては熊本藩の珍味栄養食として、明治維新まで門外不出とされた逸品ですが、今では江戸時代の味をそのままに誰でも楽しむことができます。上質の原材料にこだわった本物のからし蓮根を味わってみては。

森からし蓮根
森からし蓮根
森からし蓮根
森からし蓮根

森からし蓮根 本店

住所〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町2-12-32

アクセス《車》和泉ICから約15分《電車》熊本市電B系統「新町駅」からすぐ

料金からし蓮根1本入り:1,080円~(税込) 他

電話番号096-351-0001

営業時間08:00~17:00、休み:不定休

URLhttps://www.karashirenkon.co.jp/

村上カラシレンコン店 /熊本市エリア

昭和32年(1957年)創業の専門店。江戸時代から伝わる製法を受け継いだ職人たちが1つずつ手作りしているため、常に出来立てが店頭に並びます。また、店舗では製造体験も実施中。辛子を手詰めした蓮根に衣を付けて、揚げる工程にチャレンジできます。

自作のからし蓮根はお土産にもぴったり。酒の肴やお茶漬けに、サラダの具材にしても美味と、様々にアレンジできます。

住所〒860-0004 熊本県熊本市中央区新町3-5-1

アクセス《車》和泉ICから約10分《電車》熊本市電B系統「段山町駅」からすぐ

料金からし蓮根(一本入):1,100円(税込) 他

電話番号096-353-6795

営業時間08:30~17:00、休み:土

URLhttps://murakami-karashirenkon.jp/

 

【ご当地グルメ】だご汁

だご汁
熊本県提供

熊本弁で「団子」を意味する「だご」が入った郷土料理。小麦粉で作った平たいお団子を、季節の野菜や肉類と一緒に煮る家庭の味です。味付けは味噌や醤油などいたってシンプル。熊本県内でも各地方で個性があり、食べ比べると楽しいですよ。

 

【スイーツ】いきなり団子

いきなり団子
熊本県提供

輪切りのサツマイモと小豆あんを生地で包み、ふわっと蒸し上げた熊本名物。その特徴的な名前の由来は、一説には「いきなり(突然)来客があってもすぐに作れる」「生き成り(いきなり)=生の芋を調理する」のダブルミーニングだといわれています。

長寿庵/熊本市エリア

熊本伝統の和菓子「いきなり団子」の可能性を広げているお菓子メーカー。昔ながらの定番はもちろん、黒糖きなこや抹茶をまぶしたアレンジ商品も続々登場。団子を蒸さずに焼き上げた「焼きなり団子」など創作系も揃っています。「ありきたりなお土産は避けたい」という人にもおすすめです。

工場直売所を持つ春日店をはじめ、肥後よかモン市場など観光で立ち寄りやすい場所で購入できるポイントも魅力です。

いきなり団子専門店 長寿庵
いきなり団子専門店 長寿庵
いきなり団子専門店 長寿庵

長寿庵 熊本駅肥後よかモン市場店

住所〒860-0047 熊本県熊本市西区春日3-15-30 肥後よかモン市場内

アクセス《車》熊本ICから約45分《電車》JR鹿児島本線「熊本駅」からすぐ

料金いきなり団子各種:160円~(税込)、季節のフルーツ大福:300円~(税込)他

電話番号096-359-4647

営業時間08:00~21:00

URLhttps://www.choujuan.co.jp/

 

【スイーツ】栗

栗
熊本県提供

熊本県では球磨・山鹿などの県北エリアを中心に栗の栽培が盛んです。全国2位の生産量を誇り、生食はもちろん様々な料理の原料となっています。地方ごとのご当地栗や、和菓子から洋菓子までバラエティに富んだ栗スイーツを楽しみましょう。

山鹿和栗洋菓子店An(杏)/県北エリア

山鹿市特産工芸村「あんずの丘」にある洋菓子店。生産量が西日本一の山鹿和栗を使ったスイーツが自慢です。

山鹿和栗のペーストとホイップクリームをミックスした、リッチなモンブランクリームが自慢の「山鹿和栗のモンブラン」や、マロンカスタードクリームをサクサクのクッキーシューにたっぷり詰めた、濃厚な味わいの「山鹿和栗シュー」など、栗好きにはたまらないスイーツが充実しています。

「あんずの丘」には農産物直売所や伝統工芸の体験施設もあるので、のんびり過ごすのもいいですね。

住所〒861-0406 熊本県山鹿市菊鹿町下内田733

アクセス《車》城南ICから約30分

料金山鹿和栗のモンブラン1個:380円、山鹿和栗シュー1個:200円 他

電話番号0968-48-4648

営業時間10:00〜17:00、休み:第2・第4火(祝の場合:翌休)※9月~11月は無休

URLhttps://www.oyatu-an.com/

 

【郷土料理】馬肉料理

馬肉たたき
熊本県提供

熊本に来たからには絶対外せない名物グルメ。豊臣秀吉の朝鮮出兵で兵糧攻めにあった武将・加藤清正が、飢えをしのぐために馬を食べたことが馬肉料理誕生のきっかけとなりました。馬肉を生のまま味わう「馬刺し」をはじめ、和食から洋食まで多彩な馬肉料理を満喫しましょう。

むつ五郎/熊本市エリア

店主が厳選した「極上霜降り馬刺し」が自慢の馬肉料理専門店。上質な馬肉のみを熟成させることで、口の中でとろけるような絶品の馬刺しが完成します。

また、ヒレ肉などの身から、たてがみ、大動脈、舌などのホルモンまで、頭から尻尾の先にいたる、あらゆる部位をバリエーション豊かな調理法で楽しめるのが「むつ五郎」の魅力。余すことなくとことん馬肉を味わい尽くしましょう!

住所〒860-0806 熊本県熊本市中央区花畑町 12-11 熊本グリーンホテルBF

アクセス《車》城南ICから約35分《電車》熊本市電A系統・B系統「花畑町駅」から徒歩約1分

料金霜降り馬刺し(一人前):2,640円 他

電話番号096-356-6256

営業時間17:30~22:30、休み:日

URLhttps://mutugoro.co.jp/

菅乃屋/熊本市エリア

熊本・阿蘇の自主ファームが日本一の馬肉生産量を誇るレストラン。馬の育成には自家製飼料を使うなど、こだわり抜いた馬肉の鮮度と旨味は一流を目指しているからこそ。

同店では馬肉の希少な部位を数多く取り扱っていますが、中でも新鮮な「桜レバ刺し」やコウネ刺し(たてがみ)などの人気メニューは売り切れ必至です。

単品のほか、馬肉料理をメインとした会席料理もおすすめです。

菅乃屋 にぎり盛合せ七貫
菅乃屋 レバー刺し
菅乃屋 会席
菅乃屋 馬刺し盛りイメージ
菅乃屋 馬肉ステーキ
菅乃屋 外観
菅乃屋 (新)店内

菅乃屋 銀座通り店

住所〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目9-10 TM21ビル地下1階

アクセス《車》熊本ICから約35分《電車》熊本市電A系統・B系統「花畑町駅」から徒歩約3分

料金菅乃屋馬刺し盛合せ:2,860円~ 他

電話番号096-312-3618

営業時間17:00〜23:30(ラストオーダー:23:00)、日:17:00〜22:30(ラストオーダー:22:00)、休み:年末年始、水

URLhttps://service.suganoya.com/

馬肉Dining 馬桜/熊本市エリア

バラエティ豊富なメニューが魅力の馬肉料理専門店。新鮮な馬刺しをはじめ、焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ、さくら鍋(すき焼き)など定番から創作まで、様々なスタイルでおいしい馬肉を堪能できます。

特に人気のメニューは馬肉の洋風料理です。パスタやピッツァ、ハンバーグ、コロッケなど、予想を裏切る洋風グルメは必食の価値あり。また、馬肉とウニがコラボした映えメニュー「特上桜ウニ刺し」も人気上昇中です。

馬肉Dining 馬桜 下通り店

住所〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目12-1 光園ビル2F・3F

アクセス《車》城南ICから約30分《電車》熊本市電A系統・B系統「花畑町駅」から徒歩約4分

料金上馬刺し:2,200円、特上桜ウニ刺し:4,950円 他

電話番号096-355-8388

営業時間月~金:16:00~23:00(ラストオーダー:22:30)|土・日・祝 ランチ:12:00~15:00(ラストオーダー:14:30)、ディナー:17:00~23:00(ラストオーダー:22:30)

URLhttps://www.umasakura.com/shimotori/

 

【地酒】球磨焼酎

球磨焼酎
熊本県提供

熊本県球磨郡や人吉地域で製造されている、米焼酎ブランド。戦国時代に大陸から伝わったとされ、現在は27の酒蔵が伝統を守り続けています。

その品質と味わいが国税庁に認められ、スコッチウイスキーやボルドーワイン、ブランデーのコニャックのように、地名を冠することができる、世界的にみても数少ないブランドへ成長しました。

味わいは喉越しがすっきりしたものから重厚なものまで様々。お気に入りの球磨焼酎を見つけてください。

【地酒】花の香 (はなのか)

明治35年(1902年)から続く酒蔵です。酒蔵のある熊本県北エリアの和水町には、とろみを感じる中硬水の井戸水が湧き出ており、清らかな水と和水町で栽培された米でお酒が造られています。

「四季の香」をテーマにした花の香シリーズをはじめ、在来品種を使った古代米シリーズなど、バラエティに富んだラインナップが、多くの人から支持されています。

【地酒】瑞鷹 (ずいよう)

瑞鷹 大吟醸 雫取り1.8L(箱入り)

慶応3年(1867年)に創業して以来、風土に根ざした酒造りを追求している老舗酒造。熊本で長らく親しまれていた伝統の酒・赤酒から、清酒へと人気が移り変わる時代にいち早く「熊本ならではの酒造り」に乗り出したのが、この酒蔵です。

研究の末に生まれた「熊本酵母」を使ったお酒は、華やかな香りと膨らみのある味わいが特徴。どんな料理にも合うバランスの良い地酒として愛されています。

 

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる