たこ焼きイメージ画像

大阪【たこ焼きの名店】10選「ん~うまい!!」感動の逸品

更新:2022/08/03

12,678views

「大阪といえばたこ焼き」のイメージどおり、大阪市には本当に美味しいたこ焼き屋さんが数多くあります。有名どころでは「わなか」や「くくる」ですが、ほかにも地元・大阪人に愛される絶品たこ焼きが食べられるお店がたくさんあるのです!そこで今回は、大阪にある美味しいたこ焼きの名店を10店紹介します。ぜひ、大阪に行ってたこ焼きを食べるときの参考にしてください。

新型コロナウイルス感染拡大の影響や感染防止のため、営業時間や料金などが変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットの最新情報をご確認ください。

たこやきイメージ

大阪のたこ焼きと東京のたこ焼きの違いは、まず、その食感にあります。東京のたこ焼きは「外カリ、中フワ」が人気ですが、大阪のたこ焼きは「フワフワとろとろ」の生地が一般的です。また、東京では、店舗によってキャベツや白菜などを具材に入れますが、大阪のたこ焼きには入っていません。さらに、大阪では注文を受けてからたこ焼きを作るので、できたてアツアツのたこ焼きが食べられる点も違います。このような大阪と東京のたこ焼きの違いに注目しながら食べてみるのも、おもしろいですよ。

ねぎマヨが人気のたこ焼き専門店

はなだこ【大阪駅・梅田周辺】

はなだこ

はなだこ-ネギヤキ

【料金】ねぎマヨ(6個)580円
【飲食スペース】◯

たこ焼きが見えないほどに乗せられた大量のネギとマヨネーズがインパクト大!「はなだこ」のたこ焼きは、店主が品質にこだわった生たこの足のみを使用しています。生たこを使っているからこそ叶うぷりぷり食感と、生たこの出汁がおいしいと評判です。300度まで火力が上がる特注の銅板で焼いたたこ焼きは、ふわふわトロトロ。できたてはもちろん、お土産にも喜ばれます。

はなだこ

はなだこ

アクセス《電車》「梅田駅」から徒歩1分

料金たこ焼き(6個):480円、たこせん(1枚)200円

電話番号06-6361-7518

営業時間10:00~23:00(なくなり次第終了)、休み:不定休(1月1日は休み)

URLhttps://kd8k100.gorp.jp/

行列ができる有名創作たこ焼き店

くれおーる 道頓堀店【ミナミエリア】

出典:ホットペッパーグルメ

【料金】たこ焼き(8個)700円
【飲食スペース】◯

食い倒れの街、大阪・道頓堀にある「くれおーる」は、たこ焼き・お好み焼き・串かつを一度に食べられるお店です。なかでも、7種類の粉をブレンドしたオリジナル生地と厳選具材を使ったたこ焼きは、「クセになる味!」と地元の人や観光客から多くの人気を集めています。①まろやかソース②特製だし醤油③まろやかソース&特製だし醤油の3つからソースを選べることも嬉しいポイントです。

くれおーる 道頓堀店

アクセス《地下鉄》「なんば駅」から徒歩5分

料金半熟玉子とねぎたっぷり(6個):700円、さっぱりレモン(6個):700円

電話番号06-6212-9195

営業時間11:00~23:00、休み:無休

URLhttps://creo-ru.com/creo-ru-store/tenpo/dotonbori/

特性ソース&マヨ味の超人気たこ焼き店

大阪アメリカ村 甲賀流 本店【ミナミエリア】

【料金】ソースマヨ(10個)500円
【飲食スペース】◯

ミシュランのビブグルマンにも掲載された「甲賀流」は、素材や焼き方などすべてに究極のこだわりと情熱を注ぐたこ焼き屋です。創業40余年変わらぬ定番の味「ソースマヨ」は、甘口ソースと特製マヨネーズがおいしい昔ながらのたこ焼き。そのほか、「ブラックペッパーソルト&マヨネーズ」や「ねぎソース」など個性的なメニューもあります。一度で複数の味が楽しめる「4種盛りプレート」や「ハーフ&ハーフ」もあるので、いろいろなたこ焼きを食べたい人に人気です。

大阪アメリカ村 甲賀流 本店

アクセス《地下鉄》「四ツ橋駅」から徒歩2分

料金ブラックペッパーソースソルト&マヨネーズ(10個):550円、4種盛りプレート(16個):980円

電話番号06-6211-0519

営業時間10:30~20:30、土・祝前日:10:30~21:30、休み:無休

URLhttp://www.kougaryu.jp/

1979年創業!元祖、セルフ焼きの名店

蛸之徹 角田店【キタ・中之島】

出典:ホットペッパーグルメ

【料金】たこ焼き(12個)670円
【飲食スペース】◯

元祖「自分でたこ焼を焼いて食べるお店」を掲げる「蛸之徹 角田店」は、その日に使う食材を、職人が目利きし、その日に仕入れています。なかでも、たこは刺身でも食べられる新鮮さ。美味しくないはずがありません!自分で焼く楽しさも手伝って、地元の人はもちろん観光客にも人気のお店です。たこ焼きの命ともいえるソースは全部で6種類、お好みのものから選べます。たこ焼きにご飯がついたお得なランチ(平日のみ)もおすすめです。

蛸之徹 角田店

アクセス《電車》「梅田駅」から徒歩3分

料金蛸之徹焼(12個):740円、たこ焼きランチ:850円

電話番号050-5869-8099

営業時間11:30~23:00(ラストオーダー:22:30まで)、休み:不定休

URLhttp://takonotetsu.co.jp/



全国に50店舗展開する有名店の本店

たこ家 道頓堀 くくる 本店【ミナミエリア】

出典:Yahoo!トラベル

【料金】名物びっくりたこ焼(8個): 1,680円
【飲食スペース】◯

「たこ家 道頓堀 くくる」は、ふっくら、とろ~りとしたたこ焼きが自慢のお店です。こだわりの生地とぷりっぷりのたこ、そして、こってり特製ソースがたこ焼きのおいしさを引き立てます。なかでも、本店限定「名物びっくりたこ焼」は、たこ焼きからたこがはみ出したインパクト大のメニューです。たこ専門店だからこそ作れる、食べ応えのあるたこ焼きをぜひ味わってみてください。

たこ家 道頓堀 くくる 本店

アクセス《電車》「なんば駅」から徒歩3分

料金多幸釜めし:980円、名物明石焼:790円

電話番号06-6212-7381

営業時間※コロナ禍のため営業時間変更中※土・日・祝:11:00~20:00、休み:当面の間、平日臨時休業

URLhttps://www.shirohato.com/kukuru/doutonbori.html

たこ焼き発祥の名店で元祖たこ焼きを

元祖たこ焼き 会津屋 天王寺Mio店【天王寺】

たこ焼皿

元祖ラヂオ焼(中みせ)

【料金】たこ焼き(12個):550円
【飲食スペース】◯

「会津屋」のたこ焼きは、ソースや青のりを使用しません。そのため、シンプルで旨味のあるたこ焼き本来の味わいを楽しめます。また、たこ焼きのサイズが一般的なものより一回り小さいことも、会津屋が提供するたこ焼きの特徴です。ビールを片手につまめる初代からのスタイルを現在も守っています。お好みで酢醤油やソース、一味を合わせるのもおすすめ!

元祖たこ焼き 会津屋 天王寺入口

元祖たこ焼き 会津屋 天王寺Mio店

アクセス《地下鉄》「天王寺駅」から徒歩1分

料金元祖たこ焼き(12個):550円、元祖ラヂオ焼き(12個):650円

電話番号06-6770-2453

営業時間11:00~23:00、休み:元旦

URLhttps://www.aiduya.com/

特注の銅板で一気に焼き上げる行列店

たこ道楽わなか 千日前本店【ミナミエリア】

【料金】たこ焼き(8個):500円
【飲食スペース】◯

「わなか」のたこ焼きといえば、キメの細かな小麦粉、程よいダシと絶妙な塩味で、ソースをかけなくてもおいしい生地が自慢です。また、紅生姜ではなく無着色の塩生姜を使用していることも、他のたこ焼きとはひと味違います。創業時から研究を重ねた、外はカリっと、中はとろりとろける食感の絶品たこ焼きをぜひご賞味ください。

たこ道楽わなか 千日前本店

アクセス《地下鉄》「なんば駅」3番出口から徒歩5分

料金たこせん:200円、たこ焼き(8個):500円

電話番号06-6631-0127

営業時間月~金:10:30~21:00、土・日・祝:09:30~21:00、休み:年中無休

URLhttp://takoyaki-wanaka.com/

サクサクでクリーミー!口コミで人気の実力派

たこ焼十八番本店【キタ・中之島】

【料金】6個:500円
【飲食スペース】◯

「たこ焼十八番」のたこ焼きは、生地に牛乳が入っているため、ふんわりとしたクリーミーさがウリです。天かすを乗せてから高速で焼くため、外はカリッとサクサク、中はクリーミーなたこ焼きが食べられます。ボコボコとしたたっぷりの天かすが見た目にも珍しい、「サクサク感はNo.1」を掲げる、たこ焼十八番のたこ焼きをぜひ食べてみてください。

たこ焼十八番 本店

アクセス《地下鉄》「西中島南方駅」2番出口から徒歩2分

料金ソースマヨ(6個):500円

電話番号06-6306-1853

営業時間月~土:12:00~23:00、日・祝:12:00~22:00、休み:無休

URLhttp://d-sons18.co.jp/

風味豊かな生地も美味しいと大評判

あべの たこ焼きやまちゃん【天王寺・阿倍野エリア】

【料金】ベスト(8個):720円
【飲食スペース】◯

“風味豊かなこだわり「生地」は、何もかけずに食べるのが1番うまい!”を掲げる「あべの たこ焼きやまちゃん」では、素材本来の味を楽しんでほしいとの思いから、ソースやマヨネーズをかけないたこ焼きを提供しています。秘伝の出汁を使用した生地で作るたこ焼きは、外はカリッっと中はトロトロ、病みつきになる味わいです。公式サイトで人気No.1メニュー「ベスト(無地)」をアツアツのうちに召し上がれ!

あべの たこ焼きやまちゃん本店

アクセス《電車》「阿部野橋駅」から徒歩1分

料金ソース+青のり(8個):720円

電話番号06-6622-5307

営業時間平日:11:00~23:00、土:11:00~23:00、日・祝:11:00~22:00、休み:第3木、元旦

URLhttps://takoyaki-yamachan.net/



オマール海老など進化型たこ焼きが揃う

玉屋 本店【その他】

【料金】たこ焼き(10個):650円
【飲食スペース】◯

「玉屋」のたこ焼きは、オマール海老や鶏ガラ、フルーツなどの旨味成分を絞り出した究極の出汁を生地に使用しています。その奥深い味わいは、ミシュランのビブグルマンにも掲載される、ソウルフードの域を超えた一品です。1つ1つ違う味のたこ焼きが楽しめる「玉屋ざんまい~豪華8種盛り(たこ焼き全種盛り)~」は、目でも楽しめるメニューになっています。

玉屋 本店

アクセス《地下鉄》「天神橋筋6丁目駅」2番出口から徒歩3分

料金玉屋ざんまい~豪華8種盛り(たこ焼き全種盛り)~:750円

電話番号06-6358-0866

営業時間※現在人員不足のため、部分的な営業、休み:不定休

URLhttps://tamaya08.com/

たこ焼きに並ぶ名物【串カツ】の人気店



旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる