とんぼりリバークルーズ

大阪の観光名所「行っておくべき!」スポット52選(地図付き)~おすすめグルメ・交通手段・1日モデルコース~

更新:2022/03/02

179,556views

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。
お出かけの際は各スポットにご確認ください。

大阪で外せない観光スポットを「エリア別」にご紹介します。定番の大阪城やグリコが有名な道頓堀など名所もたくさん!さらに子どもにおすすめのスポットもありますよ。また、「大阪といえば」なグルメや大阪市内の「交通手段」をマップ付きでわかりやすく説明しています。他にもたくさんある名所を「効率よく回る」1日モデルコースまで大阪観光で気になる情報を集めました!

大阪の観光マップ

ベイエリア(大阪市)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、ハリウッド映画の世界観を楽しめるテーマパークです。映画の世界に入り込んだような体験ができるアトラクションや、季節ごとのショーも人気。2021年3月には、人気ゲームである『スーパーマリオ』の世界を再現したスーパー・ニンテンドー・ワールドがオープンしました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

住所〒554-0031 大阪市此花区桜島2-1-33

アクセス《車》阪神高速湾岸線ユニバーサルシティ出口からすぐ
《電車》JRゆめ咲線「ユニバーサルシティ駅」からすぐ

料金スタジオ・パス 大人:8,200円〜、子ども(4〜11歳):5,400円〜
※そのほか、年間パスなどがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号0570-20-0606

営業時間月〜金:10:00〜19:00、土・日:09:00〜19:00
※季節によって異なる

URLhttps://www.usj.co.jp/web/ja/jp

海遊館

世界最大級の水族館である海遊館。南極大陸やグレート・バリア・リーフ、太平洋など、世界中の海をイメージした展示がされています。海遊館では、巨大な水槽で優雅に泳ぐジンベエザメが見られるのも特徴。そのほか、生き物を至近距離で見られる「新体感エリア」やクラゲが神秘的に展示された「海月銀河」なども楽しめます。

海遊館

住所〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

アクセス《車》阪神高速神戸線京橋ICから湾岸線経由で約50分
《電車》大阪メトロ中央線「大阪港駅」から徒歩約5分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約50分、バス停「天保山ハーバービレッジ」からすぐ

料金大人(高校生・16歳以上):2,400円、子ども(小・中学生):1,200円、幼児(3歳以上):600円
※そのほか、年間パスなどがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号06-6576-5501

営業時間月〜金:10:00〜19:00、土・日・祝:09:30〜19:00

URLhttps://www.kaiyukan.com/

天保山大観覧車

海遊館のすぐそばにある天保山大観覧車は、直径100mで世界最大級のスケール。1周約15分で、晴れていれば生駒山や明石海峡大橋などが一望できます。天保山大観覧車は、乗って楽しむのはもちろん、見て楽しむのもおすすめ。鮮やかなLED照明で、花火や万華鏡をモチーフにしたアートや翌日の天気予報などがカラフルに映し出されます。

天保山大観覧車

住所〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

アクセス《車》阪神高速神戸線京橋ICから湾岸線経由で約50分
《電車》大阪メトロ中央線「大阪港駅」から徒歩約5分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約50分、バス停「天保山ハーバービレッジ」からすぐ

料金3歳以上:800円

電話番号06-6756-6222

営業時間10:00〜22:00(最終乗車:21:30まで)

URLhttp://www.senyo.co.jp/tempozan/

さきしまコスモタワー展望台

さきしまコスモタワー展望台は、地上252mの高さに位置し、視界を遮るものが一切ない絶好のロケーションから大阪の街を見下ろせます。大阪を代表する夜景スポットでもあり、都会的な湾岸部や遠くに見える明石海峡大橋はロマンティックでデートにぴったりです。同じフロアにはカフェが営業しているので、外の風景を眺めながらまったりと過ごすのもおすすめ!

コスモタワー

【最大100円引き】asoview!で「さきしまコスモタワー展望台」のチケットをさがす

住所〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-14-16

アクセス《車》南港北ICから約7分
《電車》大阪メトロ「トレードセンター前駅」から徒歩約5分
《バス》関西国際空港から空港リムジンバスで約1時間、バス停「ハイアット・リージェンシー・大阪」からすぐ

料金大人:800円、子ども(小・中学生):500円

電話番号06-6615-6055

営業時間11:00~22:00(最終入場:21:30まで)、休み:月

URLhttp://sakishima-observatory.com/

レゴランド®・ ディスカバリー・センター 大阪【子どもにおすすめ】

家族や友人と思いっきり遊ぶなら、レゴランド®・ディスカバリー・センター 大阪で決まり!レゴ・ブロック工場の見学ツアーや臨場感たっぷりな4Dシネマ、レゴ職人の技を学べるアカデミーなど、多種多様なアトラクションが用意されています。カフェテリアではレゴをモチーフにしたハンバーガーなどの料理が人気。見た目も写真に収めたくなるほどチャーミングです。

レゴ
※イメージ

【最大100円引き】asoview!で「レゴランド®・ ディスカバリー・センター 大阪」のチケットをさがす

住所〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 天保山マーケットプレース3階

アクセス《車》天保山ICから約5分
《電車》大阪メトロ「大阪港駅」から徒歩約5分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約45分、バス停「天保山ハーバービレッジ」からすぐ

料金日時指定チケット:1,800円(料金変動あり)

電話番号0800-100-5346

営業時間月~金:10:00~19:00、土・日・祝:10:00~20:00、休み:不定休

URLhttps://www.legolanddiscoverycenter.com/osaka/

桃谷いかやき屋【グルメ】

大阪名物いか焼きの元祖といえば、1950年(昭和25年)創業の桃谷いかやき屋でしょう。定番メニューは「玉子入りいかやき」ですが、明太子ねぎマヨがたっぷりと使われた「桃いかスペシャル」も好評です。国産の小麦粉にぷりぷりのイカが混ぜ込まれた生地を高温で短時間の間に焼き上げるのが基本の調理方法で、モチモチとした生地と甘すぎないソースの組み合わせは相性抜群!

桃谷いかやき屋 店舗

食べログで「桃谷いかやき屋」をチェック>>

住所〒552-0022 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 マーケットプレース2F なにわ食いしんぼ横丁

アクセス《車》天保山ICから約5分
《電車》大阪メトロ「大阪港駅」から徒歩約5分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約45分、バス停「天保山ハーバービレッジ」からすぐ

電話番号06-6576-5824

営業時間11:00~20:00、休み:マーケットプレースの定休日に準じる

URLhttp://www.ikayaki.co.jp/

ミナミエリア(大阪市)

心斎橋筋商店街

心斎橋筋商店街は、様々な店舗が立ち並ぶアーケード商店街です。服や靴、アクセサリーといったファッションアイテムのお店はもちろん、レストラン、薬局、土産物店なども並んでいます。全長が約600mもあるため、買い物に疲れたら途中のカフェで休憩しましょう。心斎橋筋商店街のすぐそばは道頓堀で有名な「グリコの看板」や「かに道楽」なども見られますよ。

心斎橋筋商店街
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-2-22

アクセス《車》阪神高速1号環状線湊町ICから約7分
《電車》大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩約5分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約20分、バス停「心斎橋筋一丁目」から徒歩で約5分

料金店舗によって異なる

電話番号店舗によって異なる

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://www.shinsaibashi.or.jp/

大阪アメリカ村

古着屋やレコード店などが並ぶ関西の若者文化の街、大阪アメリカ村。「アメ村」の愛称で親しまれていますが、アメリカ西海岸からの輸入雑貨や古着などが売られ始めたことから、大阪アメリカ村と呼ばれるようになりました。ファッションや音楽が好きな人におすすめのスポットです。アメ村の中心には三角公園という小さな公園があり、フリーマーケットが行われることもあります。

大阪アメリカ村
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒542-0086 大阪府大阪市中央区 西心斎橋エリア

アクセス《車》阪神高速1号環状線本町出口から御堂筋経由で約10分
《電車》大阪メトロ御堂筋線「心斎橋駅」から徒歩約3分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約20分、バス停「心斎橋筋一丁目」から徒歩約3分

料金店舗によって異なる

電話番号店舗によって異なる

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://americamura.jp/

道頓堀

大阪グルメを楽しみたいなら、道頓堀がおすすめです。たこ焼き、串カツ、お好み焼きといった大阪名物が食べられます。土産物店もあるので、大阪グルメを楽しんだ後はお土産を見て回るのも良いでしょう。道頓堀を訪れたら、「グリコの看板」や「かに道楽」の巨大な蟹を写真に収めるのも忘れずに。朝ドラファンの人は、『おちょやん』のモデルになった松竹座を訪れるのもおすすめです。

道頓堀
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒542-0071 大阪府大阪市中央区道頓堀

アクセス《車》阪神高速1号環状線湊町ICからすぐ
《電車》大阪メトロ御堂筋線「なんば駅」からすぐ《バス》関西空港からリムジンバスで約50分、バス停「なんば(OCAT)」から徒歩約10分

料金店舗によって異なる

電話番号店舗によって異なる

営業時間店舗によって異なる

URLhttp://www.dotonbori.or.jp/ja/

なんばパークス

なんばパークスは、ショッピングやグルメ、映画などが楽しめる複合施設です。たくさんの路線が通るなんば駅に近く、立ち寄りやすいのもポイントです。ファッションアイテムや雑貨、家具やキッチン用品など、多彩なアイテムが揃っています。”なんばに森をつくりました”がコンセプトの「パークスガーデン」という緑豊かな公園が併設されていて、大阪の中心地でありながら自然も感じられます。

なんばパークス
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒556-0011 大阪市浪速区難波中2-10-70

アクセス《車》阪神高速1号環状線湊町ICから千日前経由で約5分
《電車》南海電鉄「なんば駅」からすぐ
《バス》関西空港からリムジンバスで約50分、バス停「なんば(OCAT)」から徒歩約10分

料金店舗によって異なる

電話番号06-6644-7100

営業時間ショッピング:11:00〜21:00、レストラン:11:00〜21:00(一部店舗を除く)

URLhttp://www.nambaparks.com/

大阪なんばスカイオ

2018年にオープンしたなんばスカイオは、日本の匠こだわりの逸品を取り扱うショップが多く入っている南海なんば駅直結の複合施設。難波の中心にそびえ立つ超高層ビルで、低層階は商業施設、高層階はオフィスゾーンに分かれています。千利休の故郷・堺で創業した歴史あるお茶屋「茶寮つぼ市製茶本舗」や、象印マホービンが手がけるレストラン「象印食堂」などがおすすめスポットです。

大阪なんばスカイオ

住所〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60

アクセス《車》阪神高速1号環状線湊町ICから千日前経由で約5分
《電車》南海電鉄「なんば駅」直結
《バス》関西空港からリムジンバスで約50分、バス停「なんば(OCAT)」から徒歩約10分

料金店舗によって異なる

電話番号06-6644-7542

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://www.nambaskyo.com/

法善寺横丁

法善寺横丁は繁華街である難波にありながら、ガヤガヤとした喧噪とは対照的な石畳の風情ある路地裏に存在します。大阪の名店が揃うグルメスポットとして知られ、お好み焼きや串カツ、和食など様々なジャンルのお店が営業中。昔ながらの喫茶店などどこか懐かしい雰囲気のお店も多いので、ノスタルジックな気分に浸りながらのんびりと散策してみてはいかがでしょうか。

法善寺横丁
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所店舗によって異なる

アクセス《電車》大阪メトロ「なんば駅」から徒歩約5分

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://osaka-info.jp/page/hozenji-yokocho

黒門市場

黒門市場は江戸時代から続く歴史の長い市場で、魚や野菜、果物、衣類など様々な商品の取り扱いがあります。安くて種類豊富な食材が集まる「大阪の台所」として親しまれる一方、鮮度の高さにも定評があることから板前などのプロが仕入れに訪れることも少なくありません。串焼きやフルーツジュースなど食べ歩きしやすいものも多いので、観光の合間にぜひ訪れてみてください!

黒門市場
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋2-4-1

アクセス《電車》大阪メトロ「日本橋駅」から徒歩約5分

電話番号06-6631-0007

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://kuromon.com/jp/

とんぼりリバークルーズ

とんぼりリバークルーズは、道頓堀に架かる9つの橋を巡る約20分間のミニクルーズです。記念撮影スポットとして有名な日本橋を下から覗いたり、グリコの看板を間近で見られたりなど、地上とは違った景色を楽しめます。また、乗船中はガイドさんが盛り上げてくれるので、ただ景色を眺めるだけでなく、大阪らしい賑やかさを満喫できるのもポイントです!

とんぼりリバークルーズ
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒542-0084 大阪府大阪市中央区宗右衛門町7

アクセス《電車》大阪メトロ「なんば駅」・近鉄「大阪難波駅」から徒歩約5分

料金大人:1,000円、子ども(小学生):400円

電話番号06-6441-0532

営業時間11:00~19:00(毎時00分、30分に出航)
※15:00便・15:30便は運休

URLhttp://www.ipponmatsu.co.jp/cruise/tombori.html

なんばグランド花月

お笑いの街大阪に訪れるなら、漫才やコントを鑑賞できるなんばグランド花月へ足を運ぶのもおすすめです。1回の公演は約2時間で、テレビで観るような有名芸人が出演することも珍しくありません。思いっきり笑った後は、ショップでお笑いグッズを購入したり、館内にある居酒屋やうどん屋で食事したりするのもよいでしょう。

なんばグランド花月
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

アクセス《電車》大阪メトロ「なんば駅」から徒歩約3分

料金公演によって異なる

電話番号06-6641-0888

営業時間公演によって異なる

URLhttp://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

たこ焼道楽わなか【グルメ】

大阪府民から好評を博す、たこ焼道楽わなか。カリッとした一口目の後に訪れるふわふわの食感や、フルーティーなソース、厳選された質の高い食材などが魅力で、長年、多くの人から愛されています。人気の味付けはソース・釜炊き塩・醤油・ピリ辛ソースの4種類。特に複数の味付けをまとめて注文できる「おおいり」というメニューが評判です。

たこ焼道楽わなか
たこ焼道楽わなか
たこ焼道楽わなか

食べログで「たこ焼道楽わなか」をチェック>>

千日前本店

住所〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-19

アクセス《電車》大阪メトロ「なんば駅」・南海本線「難波駅」から徒歩約5分

電話番号06-6631-0127

営業時間11:00~20:00
※変更の場合がございます。詳しくは公式URLをご確認ください。

URLhttp://takoyaki-wanaka.com/

福太郎【グルメ】

「ねぎ焼き」とは、キャベツの代わりにネギを使うお好み焼きのような大阪グルメ。福太郎は美味しいねぎ焼きを味わえるお店で、特に鹿児島県産の最高級豚肉を使った「豚ねぎ焼き」は、ふわふわの生地とピリッとしたネギと豚の相性が抜群です。そのほか、「もちとチーズのねぎ焼き」や、豚・いか・エビの「トリプルねぎ焼き」なども食べごたえたっぷり。

食べログで「たこ焼道楽わなか」をチェック>>

本店

住所〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2-3-17

アクセス《電車》大阪メトロ「なんば駅」から徒歩約4分

電話番号本館:06-6634-2951

営業時間月~金:17:00~24:30(ラストオーダー:23:30まで)、土・日・祝:12:00~24:00(ラストオーダー:23:00まで)、休み:正月期間

URLhttps://2951.jp/

天王寺・阿倍野エリア(大阪市)

あべのハルカス

あべのハルカスは、2021年4月現在、日本一高いビルとして有名です。展望台、大阪マリオット都ホテル、近鉄百貨店などからなる複合ビルで、各路線の天王寺駅に直結しているアクセスの良さもポイント。58〜60階の3階に渡る展望台は、晴れていれば京都や明石海峡大橋、関西空港まで一望できます。また、16階には美術館も入っていて、観光・買い物・宿泊・芸術までをあべのハルカスで楽しむことができます。

あべのハルカス
Ⓒ (公財)大阪観光局

【最大1,000円引き】asoview!で「あべのハルカス美術館」のチケットをさがす

住所〒545-6090 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

アクセス《車》阪神高速道路14号松原線「天王寺出口」から約3分
《電車》大阪メトロ御堂筋線「天王寺駅」直結
《バス》近鉄「上本町駅」からシャトルバスで約15分、バス停「あべのハルカス」からすぐ

料金展望台 大人(18歳以上):1,500円、12歳〜17歳:1,200円、6歳〜11歳:700円、4歳以上:500円
※その他、団体料金などがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号06-6621-0300(ハルカス300インフォメーション)

営業時間施設によって異なる

URLhttps://www.abenoharukas-300.jp/index.html

天王寺動物園【子どもにおすすめ】

天王寺動物園は、1915年(大正4年)に開園した歴史ある動物園です。キリンやライオンなどが見られるほか、ヒツジやヤギへの餌やりなどができる「ふれあい広場」もあります。かわいらしいテンジクネズミには、直接触ることもできますよ。最寄駅は動物園前駅ですが、天王寺駅からでも徒歩約10分で行けるので、あべのハルカスやあべのキューズモールでお買い物を楽しんでから、ふらっと天王寺動物園に立ち寄ることも可能です。

天王寺動物園Ⓒ (公財)大阪観光局
天王寺動物園Ⓒ (公財)大阪観光局

【事前購入】asoview!で「天王寺動物園」のチケットをさがす

住所〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108

アクセス《車》阪神高速15号堺線津守出口から国道26号経由で約15分
《電車》大阪メトロ御堂筋線「動物園前駅」から徒歩約10分
《バス》近鉄「大阪阿部野橋駅」から大阪シティバスで約5分、バス停「地下鉄動物園前」から徒歩約10分

料金大人:500円、小・中学生:200円、未就学児:無料
※そのほか、年間パスなどがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号06-6771-8401

営業時間火〜日:09:30〜17:00(入園:16:00まで)、休み:月(休日の場合:翌平日)
※営業時間は、季節によって異なる場合があります。

URLhttps://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/

通天閣

大阪といえば通天閣を思い浮かべる人も多い、大阪のシンボル。実は展望タワーになっています。4階の「光の展望台」は、夜になると照明とミラーボールで、まるでディスコのような雰囲気に。5階の「黄金の展望台」は、その名の通り黄金に輝く内装です。また有料ですが特別屋外展望台「天望パラダイス」やシースルーフロアを歩ける「TIP THE TSUTENKAKU」も人気スポットになっています。

通天閣
Ⓒ (公財)大阪観光局

【最大5%オフ】asoview!で「通天閣」のチケットをさがす

住所〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6

アクセス《車》阪神高速1号環状線なんば出口から約3分
《電車》大阪メトロ堺筋線「恵美須町駅」から徒歩約5分
《バス》近鉄「大阪阿部野橋駅」から大阪シティバスで約5分、バス停「地下鉄動物園前」から徒歩約5分

料金一般展望台 大人(高校生以上):900円、小・中学生・幼児(5歳以上):400円|特別屋外展望台追加セット入場料金 大人(高校生以上):300円、小・中学生・幼児(5歳以上):200円

電話番号06-6641-9555

営業時間季節によって異なる

URLhttps://www.tsutenkaku.co.jp/

新世界

通天閣の周りに広がる下町、新世界。約50軒の店が立ち並ぶジャンジャン横町では、大阪名物の串カツやどて焼きが楽しめます。新世界から通天閣を見上げると「これぞ大阪」といったガイドブックなどで見たことのある風景が目にできるので、街歩きを楽しみながら、上を向いてみましょう。通天閣南本通商店街では幸福の神「ビリケンさん」にも会えるので、ご利益があるという足の裏を撫でてみるのもおすすめ。

新世界
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈

アクセス《車》阪神高速1号環状線なんば出口から約3分
《電車》大阪メトロ堺筋線「恵美須町駅」からすぐ《バス》近鉄「大阪阿部野橋駅」から大阪シティバスで約5分、バス停「地下鉄動物園前」から徒歩約3分

料金店舗によって異なる

電話番号店舗によって異なる

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://osaka-info.jp/page/shinsekai(大阪観光局)

あべのキューズモール

2021年に10周年を迎え、イベントやキャンペーンのほか、各店舗もニュー・リニューアルオープンしているあべのキューズモール。大阪メトロの天王寺駅や阿倍野駅など、複数路線の駅からアクセスの良いショッピングモールで、あべのハルカスや天王寺動物園など、天王寺エリアの観光スポットと併せて足を運びやすいのもポイント。買い物はもちろん、カフェやレストラン、期間限定の催事販売なども行われていますよ。

あべのキューズモール

住所〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1

アクセス《車》阪神高速道路14号松原線「天王寺出口」から約3分
《電車》大阪メトロ御堂筋線「天王寺駅」直結
《バス》大阪メトロ御堂筋線「なんば駅」から大阪シティバスで約30分、バス停「あべの橋」からすぐ

電話番号06-6556-7000

営業時間ショッピング:10:00〜21:00、レストラン:11:00〜23:00

URLhttps://qs-mall.jp/abeno/

難波大社 生國魂神社

難波大社 生國魂神社は石山合戦の際に1度焼失したものの、大阪城を築く際に現在の場所へ移転しました。「生國魂造」という日本で唯一の建築様式が取り入れられており、千鳥破風・唐破風・千鳥破風(はふ)が3つ重なっている点が特徴です。7月になると「いくたま夏祭」、8月には「大阪薪能」、9月には「彦八祭」が催され、大勢の参拝客で賑わいます。

生國魂神社
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒543-0071 大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9

アクセス《電車》大阪メトロ「谷町九丁目駅」から徒歩約5分

電話番号06-6771-0002

拝観時間09:00~17:00(季節によって変更あり)

URLhttps://ikutamajinja.jp/

和宗総本山 四天王寺

日本最古の正史書「日本書紀」にも建立のいきさつが記されている和宗総本山 四天王寺は、日本で最も古い仏教寺院の1つ。1,400年前に聖徳太子によって建てられました。「四天王寺式伽藍配置」と呼ばれる日本最古の建築様式が見どころですが、桜の名所の「極楽浄土の庭」、重要文化財の「六時礼讃堂」など見逃せないスポットが点在しているのでじっくり見て回りましょう。

四天王寺
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18

アクセス《電車》大阪メトロ「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」から徒歩約5分または、JR「天王寺駅」から徒歩約12分

料金場所によって異なる

電話番号06-6771-0066

拝観時間場所によって異なる

URLhttp://www.shitennoji.or.jp/

スパワールド 世界の大温泉

スパワールド 世界の大温泉では、古代ローマ風や南国バリ風など世界のお風呂を体験できます。岩盤浴やサウナもあるため、疲れた身体をリフレッシュするにはぴったりでしょう。そのほか、ダーツや卓球ができるアミューズメントエリアや、スライダー付きのプール、大阪グルメを中心とした飲食店などが完備されており、1日滞在しても飽きません♪

スパワールド 世界の大温泉プール
スパワールド 世界の大温泉外観
スパワールド 世界の大温泉シンガポール
スパワールド 世界の大温泉ローマ

【事前購入】asoview!で「スパワールド 世界の大温泉」の入場券をさがす

住所〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-24

アクセス《車》天王寺ICから約4分《電車》大阪メトロ「動物園前駅」からすぐ

料金入館料 大人:1,500円(税込)、子ども(小学生以下):1,000円(税込)
※時期により変動があります。

電話番号06-6631-0001

営業時間HPにてご確認ください。
※予告なく臨時休業をする場合がございます。
また一部閉鎖、利用休止、営業時間変更となっている個所がございますので、ご利用前にHPでご確認をお願いします。

URLhttps://www.spaworld.co.jp/

元祖串かつ だるま【グルメ】

「串カツのお店」と聞いて多くの人が思い浮かぶ定番のお店が、元祖串かつ だるまです。1929年から続く歴史あるお店で、特製の濃いソースとサクサクしたきめ細やかな衣、べたつかない油の3つが美味しさの秘訣だといいます。串カツのほかにはトマトやつくねの串揚げ、串揚げ以外で唯一の料理どて焼きなどが人気なので、訪れた際はぜひいろいろなメニューを注文してみてください!

新世界総本店

住所〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9

アクセス《電車》大阪メトロ「恵美須町駅」から徒歩約4分

電話番号06-6645-7056

営業時間11:00~22:30(ラストオーダー:22:00まで)

URLhttps://www.kushikatu-daruma.com/

大阪城エリア(大阪市)

大阪城天守閣

大阪の城といえば、豊臣秀吉が築いた大阪城。街の中心に位置しており、石垣とお堀に囲まれた美しいお城です。城内は1階から8階まであり、各階には大阪城や豊臣秀吉についての資料が展示されています。地上50mの展望台からは、大阪の街を一望できますよ。多くの人が気軽に観覧できるよう、天守閣内にはエレベーターも設置されています。

大阪城
Ⓒ (公財)大阪観光局

【事前購入】asoview!で「大阪城天守閣」のチケットをさがす

住所〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1-1

アクセス《車》阪神高速13号東大阪線「法円坂出口」から上町筋経由で約10分
《電車》JR大阪環状線「大阪城公園駅」から徒歩約15分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約20分、バス停「大阪城大手前」から徒歩約15分

料金大人:600円、中学生以下:無料
※そのほか、博物館や水上バスとのセット券などがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号06-6941-3044

開館時間09:00〜17:00(最終入城:16:30まで)

URLhttps://www.osakacastle.net/

ミライザ大阪城

大阪城公園内にあるミライザ大阪城は大阪市立博物館をリニューアルした複合施設で、もともとは旧第四師団司令部庁舎だった建物です。カフェやレストラン、お土産ショップなどが入っていて、テラスで天守閣を見ながらBBQを楽しめるレストランもあります。夜にはライトアップされた大阪城を眺めながら食事ができますよ。

ミライザ大阪城

住所〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城1-1

アクセス《車》阪神高速13号東大阪線「法円坂出口」から上町筋経由で約10分
《電車》JR大阪環状線「大阪城公園駅」・大阪メトロ谷町線「天満橋駅」から徒歩約20分

料金店舗によって異なる

電話番号店舗によって異なる

URLhttps://miraiza.jp/

ジョー・テラス・オオサカ

大阪城公園駅からすぐのジョー・テラス・オオサカは、和モダンで落ち着いた雰囲気の商業施設。お好み焼きやたこ焼きといった大阪名物が楽しめるレストランや、スイーツが楽しめるカフェなどが並んでいます。野外でのお茶会「野点(のだて)」に用いる野点傘が施設ロゴのモチーフで、野点に参加したような写真が撮れるベンチ型フォトスポットもあります。

ジョー・テラス・オオサカ

住所〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城3-1

アクセス《車》阪神高速13号東大阪線「法円坂出口」から上町筋経由で約5分
《電車》JR大阪環状線「大阪城公園駅」からすぐまたは、大阪メトロ長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」から徒歩約3分

料金店舗によって異なる

電話番号店舗によって異なる

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://jo-terrace.jp/

大阪城公園

大阪城公園は、大阪城を見学する際にまとめて一緒に観光したいスポットです。大阪の自然スポットとして親しまれており、春の見応えある桜や秋の色鮮やかな紅葉は心を癒してくれます。また、園内の音楽堂ではコンサートがたびたび開かれるため、イベントが開催されているときは休憩がてら立ち寄るのもよいでしょう。

大阪城公園
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒540-0002 大阪府大阪市中央区大阪城

アクセス《電車》大阪メトロ「天満橋駅」・「谷町4丁目駅」から徒歩約15分

料金施設によって異なる

電話番号06-6755-4146

URLhttps://www.osakacastlepark.jp/?lang=ja

キタ・中之島エリア(大阪市)

大阪ステーションシティ

大阪ステーションシティはJR大阪駅の駅ビルで、駅全体が大型の商業施設です。駅北側のルクア大阪、ルクア イーレなどが入るノースゲートビルディングと、駅南側にある大丸梅田店、ホテルグランヴィア大阪などを中心としたサウスゲートビルディングで構成されています。JR大阪駅は大阪各地へのアクセスの中心となっているので、移動の合間にショッピングが楽しめますよ。

大阪ステーションシティ

住所〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-3

アクセス《車》阪神高速道路11号池田線「出入橋出口」から国道1号経由で約10分
《電車》JR「大阪駅」直結

料金店舗によって異なる

電話番号06-6458-0212

URLhttp://osakastationcity.com/

梅田スカイビル・空中庭園展望台

フランスの凱旋門を思わせるような外観が特徴の、梅田スカイビル。地上約170mの展望フロアからは、大阪の街が一望できます。屋上にあるスカイウォークという屋外展望台はドーナツ型になっていて、大阪の景色を360度の大パノラマで楽しめます。カップルで訪れたら「誓いのフェンス」に名前と日付を刻印したハート型の南京錠「Heart Lock」をつけるのが定番。

スカイビル
Ⓒ (公財)大阪観光局

【最大200円引き】asoview!で「梅田スカイビル・空中庭園展望台」のチケットをさがす

住所〒531-6039 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88

アクセス《車》阪神高速道路「梅田出口」から約3分
《電車》JR「大阪駅」から徒歩約10分

料金大人:1,500円、子ども(4歳〜小学生):700円
※そのほか、Web限定の特典付きチケットなどがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号045-441-2424

営業時間09:30〜22:30(最終入場:22:00まで)
※年越し営業などがあります。詳しくは公式URLをご確認ください。

URLhttps://www.skybldg.co.jp/

HEP FIVE(ヘップファイブ)

直径75mの赤い観覧車が目印のHEP FIVE。地下1階から地上9階まであり、ファッションアイテムや雑貨が買える店舗やアミューズメント施設、レストランなどが入った複合商業施設です。観覧車の頂上は地上106mで、大阪の都心部を見渡せます。館内の吹き抜けに赤い巨大なクジラが展示されているのも特徴。ショッピングをしながらアミューズメントも楽しめる施設です。

HEP FIVE
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町5-15

アクセス《車》阪神高速道路「梅田出口」から約3分
《電車》阪急電車「大阪梅田駅」から徒歩で約3分または、JR「大阪駅」から徒歩約4分

料金観覧車 大人600円、5歳以下:無料

電話番号06-6313-0501

営業時間ショッピング:11:00〜21:00、レストラン:11:00〜22:30、アミューズメント:11:00〜23:00、観覧車:11:00〜22:45

URLhttps://www.hepfive.jp/

グランフロント大阪

JR大阪駅に隣接する大型複合商業施設であるグランフロント大阪。買い物や食事はもちろん、パナソニックの美容家電やキッチン設備などが体験できるショールーム(パナソニックセンター大阪)や様々なワークショップ・イベントが開催されるナレッジキャピタルなど、グランフロント大阪ならではのショップやイベントが楽しめます。水と緑で自然を演出した「うめきた広場」を散歩してみるのもおすすめ。

グランフロント大阪
グランフロント大阪

住所うめきた広場:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町 4-1
南館:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20
北館:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1

アクセス《車》阪神高速道路「梅田出口」から約3分
《電車》JR「大阪駅」からすぐまたは、大阪メトロ御堂筋線「梅田駅」から徒歩約3分

料金イベントによって異なる

電話番号06-6372-6300

営業時間施設によって異なる

URLhttps://www.grandfront-osaka.jp/

天神橋筋商店街

天神橋筋商店街は、全長2.6kmの日本一長い商店街です。約800店舗が立ち並び、お惣菜やお茶、陶器や刃物など、様々なものがこの商店街だけで手に入ります。おすすめの楽しみ方は、食べ歩き。アツアツのコロッケやパリッと焼かれたたい焼き、新鮮なフルーツを使ったミックスジュースなどを片手に、活気溢れる商店街を歩いてみてください。

天神橋筋商店街
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋

アクセス《車》阪神高速12号守口線「長柄出口」から天神橋筋経由で約5分
《電車》天三以南:JR東西線「大阪天満宮駅」からすぐ、天五、天四:JR環状線「天満駅」からすぐ

料金施設によって異なる

電話番号施設によって異なる

営業時間施設によって異なる

URLhttp://www.tenjin123.com/

大阪天満宮

大阪では「天満の天神さん」という呼び名で親しまれている大阪天満宮。夏には「天神祭」というお祭りで賑わう神社です。学問・芸能の神様である菅原道真公が祀られているので、試験合格などのご祈祷に訪れる人も。天神橋筋商店街も近いので、大阪天満宮に参拝してから食べ歩きに繰り出すというプランもおすすめです。

大阪天満宮
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-0041 大阪市北区天神橋2-1-8

アクセス《車》阪神高速1号環状線「北浜出口」から堺筋経由で約5分
《電車》JR東西線「大阪天満宮駅」・大阪メトロ谷町線「南森町駅」から徒歩約5分

電話番号06-6353-0025

拝観時間09:00〜17:00※季節によって異なる

URLhttps://osakatemmangu.or.jp/

キッズプラザ大阪【子どもにおすすめ】

キッズプラザ大阪は、日本初の子どものための博物館です。実際に触って楽しめる展示や、ものづくり、実験ができるワークショップなどがあり、子どもの好奇心をくすぐりながら身体と頭を使って学べる施設。授乳室やオムツ替えスペース、おもらしシャワーも完備で、小さな子どもと一緒でも安心して楽しめます。角を丸くした手すりなどケガをしないように工夫された設備で完全屋内施設のため、天気に左右されずのびのび遊べます。

キッズプラザ大阪
キッズプラザ大阪
キッズプラザ大阪
キッズプラザ大阪

住所〒530-0025 大阪府大阪市北区扇町2-1-7

アクセス《車》阪神高速12号守口線「扇町出口」から約600m
《電車》大阪メトロ堺筋線「扇町駅」からすぐ、JR大阪環状線「天満駅」から徒歩約3分

料金大人:1,400円、小・中学生:800円、子ども(3歳以上):500円
※そのほか、年間パスなどがあります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号06-6311-6601

営業時間09:00〜17:00、休み:1月〜7月・9月〜12月:第2・3月(祝日の場合:翌日)・8月:第4月・年末年始

URLhttps://www.kidsplaza.or.jp/

大阪くらしの今昔館【子どもにおすすめ】

大阪くらしの今昔館は「住まいの歴史と文化」を題材にした日本初のミュージアムで、江戸時代から現代にかけて移り変わる住まいの形を学べます。1830年代の大阪の街並みを復元したエリアへ足を踏み入れたり、高度成長期に引っ越しを経験した女性の物語を覗いたりなど、歴史の勉強になる仕掛けが多いため子どもの学び場としても最適です。

大阪くらしの今昔館
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-004 大阪市北区天神橋6-4-20 住まい情報センタービル8階

アクセス《電車》大阪メトロ「天神橋筋六丁目駅」直結

料金大人:600円、高校・大学生:300円

電話番号06-6242-1170

営業時間10:00~17:00(入館:16:30まで)、休み:毎週火、12月29日~1月2日

URLhttp://konjyakukan.com/

中之島公園

中之島公園は大阪市で最初に誕生した公園で、緑豊かな自然が多くの人を癒してきました。5月~10月には約3,700株のバラが見頃を迎え、300種類を超える色とりどりの美しいバラを観賞できます。すぐ近くにはレンガづくりの中央公会堂や、風格のある大阪府立中之島図書館などもあるので、まとめて観光するのもよいでしょう。

中之島公園
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1

アクセス《電車》京阪電車「なにわ橋駅」からすぐ

電話番号06-6312-8121

URLhttp://www.osakapark.osgf.or.jp/nakanoshima/

大阪市中央公会堂

緑豊かな中之島公園の近くにある大阪市中央公会堂は、音楽コンサートやオペラ、著名人の講演会などのイベントが行われる施設です。赤レンガのレトロな建築が評価され、2002年には西日本で最初の国の重要文化財に指定されました。イベントを目的に訪れるのはもちろん、ヨーロピアンな建築を眺めたり、展示室で創建当時の様子を学んだりするだけでも十分に楽しめます。

大阪市中央公会堂
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1-1-27

アクセス《電車》京阪電車「なにわ橋駅」からすぐ

料金施設によって異なる

電話番号06-6208-2002

営業時間09:30~21:30、休み:第4火、12月28日~1月4日

URLhttps://osaka-chuokokaido.jp/

適塾

1838年から24年間にわたり開かれていた適塾は、オランダから日本へ流入した欧州の学問「蘭学」を教えていた私塾です。ここでは当時の塾生が研究をしていた部屋や、蘭和辞典「ヅーフ辞書」が置かれた部屋を見学できます。また、日本でたった1つしかない蘭学塾の跡地ということもあり、今では国史跡・重要文化財に認められています。

適塾
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜3-3-8

アクセス《電車》大阪メトロ「淀屋橋駅」から徒歩約5分

料金大人:270円、高校・大学生:140円(大阪大学の学生:無料)

電話番号06-6231-1970

営業時間10:00~16:00、休み:月、国民の祝日の翌日、12月28日~1月4日

URLhttps://www.tekijuku.osaka-u.ac.jp/ja

国立国際美術館

アートに興味があるなら、国立国際美術館は外せません。展示作品は現代美術に関するものが中心ですが、ピカソやセザンヌなど海外の有名芸術家の作品も鑑賞できます。豊富なラインナップの作品はもちろん、竹をイメージしたインパクトのあるゲートや完全地下型の展示室など、他の美術館にはないユニークなポイントが満載です!

国立国際美術館
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55

アクセス《電車》京阪「渡辺橋駅」から徒歩約5分
《バス》JR「大阪駅」から大阪シティバスで約8分、バス停「田蓑橋」から徒歩約3分

料金大人:430円、大学生:130円

電話番号06-6447-4680

営業時間通常時間:10:00~17:00、夜間開館(毎週金・土):10:00~20:00、休み:月、年末年始、展示替え時期

URLhttps://www.nmao.go.jp/

南部エリア(大阪市以外)

仁徳天皇陵古墳

日本最大級の前方後円墳である、仁徳天皇陵古墳。この仁徳天皇陵古墳を含む百舌鳥・古市古墳群は、2019年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。全長約486mという大きさのため、現地で全貌を見るのは難しいのですが、永山古墳南側の陸橋やJR百舌駅の陸橋、堺市役所の展望ロビーからは全体を見ることができます。教科書にも載っている有名な古墳なので、ぜひ訪れてみてください。

仁徳天皇陵古墳
堺市提供

住所〒590-0035 大阪府堺市堺区大仙町7-1

アクセス《車》阪神高速15号線「堺出口」から約10分《電車》JR阪和線「百舌鳥駅」から徒歩約10分

電話番号072-245-6201(堺市役所博物館学芸課)

近つ飛鳥博物館

一須賀古墳群が保存されている史跡公園内にある近つ飛鳥(ちかつあすか)博物館。館内には、古墳に関する展示品が多く、仁徳天皇陵のミニチュア復元模型や、実物大の竪穴式石室や横穴式石室なども見ることができます。見どころは展示室にある重要文化財の「修羅」。大きな石や木材をのせて運ぶソリのことで、古墳がどのようにつくられたのか、歴史ロマンを感じさせる貴重な品となっています。

近つ飛鳥博物館大阪府立近つ飛鳥博物館
近つ飛鳥博物館大阪府立近つ飛鳥博物館
近つ飛鳥博物館大阪府立近つ飛鳥博物館
近つ飛鳥博物館大阪府立近つ飛鳥博物館

住所〒585-0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299

アクセス《車》南阪奈道路羽曳野東ICから府道33号経由で約10分
《バス》近鉄長野線「喜志駅」から金剛バスで約15分、バス停「近つ飛鳥博物館前」から園内徒歩約10分

料金大人:310円、高校・大学生・65歳以上:210円、中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方:無料
※そのほか、特別展などの開催中は入館料が異なります。詳細は公式URLをご確認ください

電話番号0721-93-8321

営業時間火〜日:09:45〜17:00(入館受付:16:30まで)、休み:月

URLhttp://www.chikatsu-asuka.jp/

りんくう公園

りんくう公園は様々な施設を持つ広い公園で、可愛らしい花が咲き誇るロックガーデンや、ライトアップされた幻想的な噴水、5つの日本庭園などがあります。中でもマーブルビーチの夕日は「日本の夕陽百選」に選出されるほどの絶景だと評判なので、りんくう公園に訪れるなら夕方の感動的な光景にもぜひ注目してみてくださいね。

りんくう公園
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒598-0048 大阪府泉佐野市りんくう往来北1-271

アクセス《車》泉佐野南ICから約10分
《電車》南海電鉄「りんくうタウン駅」から徒歩約5分

電話番号072-469-7717

URLhttp://rinku.osaka-park.or.jp/

りんくうプレミアム・アウトレット

アメリカの港町をモチーフにしたりんくうプレミアム・アウトレットでは、爽やかな海風を感じながらお得なショッピングや食事ができます。リーズナブルで手が届きやすい商品が多い一方、プレゼントにぴったりな高級品も一通り揃っているのが特徴です。テラスからは関西国際空港発着の飛行機が離着陸する様子も見られますよ。

りんくうプレミアム・アウトレット
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒598-8508 大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28

アクセス《車》泉佐野南IC・泉佐野ICから約5分
《電車》南海電鉄「りんくうタウン駅」から徒歩約6分

電話番号072-458-4600

営業時間10:00~20:00、休み:2月第3木

URLhttps://www.premiumoutlets.co.jp/rinku/

堺市立ビッグバン【子どもにおすすめ】

2021年に堺市立ビッグバンとしてオープン!つくる、まなぶ、からだをうごかす「たのしい」がいっぱい詰まった施設。
大人気の巨大ジャングルジム「遊具の塔」から、小さな子どもも安心な安心な「赤ちゃん広場」や「えほん広場」まで、興味や年齢によって色々なあそびが楽しめます。屋内で天候にかかわらず快適に過ごせるのも魅力のひとつです。

堺市立ビッグバン
堺市立ビッグバン内部3F
堺市立ビッグバン内部4F

住所〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-9-1

アクセス《車》堺ICから約15分
《電車》泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から徒歩約5分

料金大人:1,000円、小・中学生:800円、幼児(3歳以上):600円

電話番号072-294-0999

営業時間10:00~17:00 (入館:16:30まで)、休み:月、1月・9月の平日(2~3週間程度)、12月28日~1月1日

URLhttps://www.bigbang-sakai.jp/

北部エリア(大阪市以外)

ひらかたパーク【子どもにおすすめ】

「ひらパー」の愛称で親しまれる遊園地、ひらかたパーク。アトラクションはもちろん、季節の花を楽しんだり動物と触れ合ったり、様々な楽しみ方ができる遊園地です。家族はもちろん、友人同士やカップルなど、誰と行っても満喫できます。夏はプールで水遊び、冬はスケートや雪遊びが楽しめるエリアが登場し、季節ごとの旬のイベントもアツい!

ひらかたパーク
ひらかたパーク
ひらかたパーク

【最大100円引き】asoview!で「ひらかたパーク」のチケットをさがす

住所〒573-0054 大阪府枚方市枚方公園町1-1

アクセス《車》近畿自動車道摂津南ICから鳥飼大橋経由で約30分
《電車》京阪本線「枚方公園駅」から徒歩約3分

料金入園 大人(中学生以上):1,600円、小学生・2歳〜未就学児:900円|入園+フリーパス 大人:4,600円、小学生:3,900円、2歳〜未就学児:2,700円

電話番号0570-016-855

営業時間10:00~17:00 ※曜日・時期により異なる

URLhttp://www.hirakatapark.co.jp/

ほしだ園地

ほしだ園地は、山の自然が楽しめる自然公園です。森の中をハイキングできるコースがたくさん用意されていますが、舗装されていないので動きやすい服装で訪れましょう。ほしだ園地の見どころは、標高180mの場所にある吊り橋「星のブランコ」。この星のブランコは木床版吊り橋で、ここからほしだ園地の森を一望できるのです。季節ごとに美しい自然を感じられますよ。

ほしだ園地
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒576-0000 大阪府交野市大字星田5019-1

アクセス《車》阪神高速13号東大阪線水走出口から約30分《電車》京阪交野線「私市駅」からハイキングコースを徒歩約40分
《バス》京阪交野線「交野市駅」から京阪バスで約15分、バス停「星のブランコ」からすぐ
※バスの運行は土・日・祝のみ

電話番号072-891-0110

営業時間星のブランコ:09:30〜16:30
(その他の園内散策:時間制限なし)

URLhttp://osaka-midori.jp/mori/hoshida/

東部エリア(大阪市以外)

万博記念公園

1970年の「日本万国博覧会」の記念として、その跡地につくられた万博記念公園。芸術家・岡本太郎さんが手がけた太陽の塔が公園のシンボルです。約260haという広大な敷地の中に、博物館や巨大なアスレチック迷路、レストランや宿泊施設まであります。万博に日本政府が出展した「日本庭園」も見られ、自然や文化に触れられる公園です。

万博記念公園
Ⓒ (公財)大阪観光局

住所〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園1-1

アクセス《車》阪神高速12号守口線吹田ICから府道2号経由で約10分
《電車》大阪モノレール「万博記念公園駅」からすぐ

料金自然文化園・日本庭園 大人:260円、小・中学生:80円

電話番号0120-1970-89

営業時間木〜火:09:30〜17:00(入園時間:閉園の30分前まで)、休み:水(4月・5月GWまで・10月・11月:無休)

URLhttps://www.expo70-park.jp/

EXPOCITY

万博記念公園に隣接する地に生まれたEXPOCITYは、シネコンをはじめとする7つのエンターテインメント施設と、ファッション・雑貨やカフェ・レストランなど約300店舗のショッピングモールからなる大型複合施設です。中でも「NIFREL」は注目の生きもののミュージアムで、“「感性にふれる」×「多様性」”をコンセプトに「いろ」や「わざ」といったテーマごとに生きものを間近な距離で観察できます!また、日本一の高さ123mを誇る大観覧車「OSAKA WHEEL」もあり、シースルーのゴンドラからは晴れた日には大阪の街並みを眺められます。

EXPOCITY_entrance_A
EXPOCITY_noon
ニフレル_外観正面

住所〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1

アクセス《車》吹田ICから約15分《電車》大阪モノレール「万博記念公園駅」から徒歩約2分

電話番号06-6170-5590

営業時間施設によって異なる

URLhttps://www.expocity-mf.com/expo/

カップヌードルミュージアム 大阪池田【子どもにおすすめ】

インスタントラーメンの成り立ちについて詳しく知れる、カップヌードルミュージアム 大阪池田。展示物を通してインスタントラーメンの歴史を学べるほか、チキンラーメンファクトリーやマイカップヌードルファクトリーではインスタントラーメンをつくれます。もちろん制作後は持ち帰ることができるので、大阪旅行のお土産としてもぴったりです。

カップヌードルミュージアムⒸ (公財)大阪観光局
カップヌードルミュージアムⒸ (公財)大阪観光局
カップヌードルミュージアムⒸ (公財)大阪観光局

住所〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25

アクセス《車》豊中ICから約15分
《電車》阪急電鉄「池田駅」から徒歩約5分

料金アトラクションによって異なる

電話番号072-752-3484

営業時間09:30~16:30(入館:15:30まで)、休み:火 (祝日の場合:翌日)、年末年始

URLhttps://www.cupnoodles-museum.jp/ja/osaka_ikeda/

大阪市内観光でおすすめの交通手段

交通手段

大阪観光でおすすめの交通手段は「電車」です。主要な観光地なら電車だけで巡ることができます。有効区間の電車・バスが1日乗り放題になるお得な「大阪周遊パス」も販売されています。そのほか、大阪メトロ・大阪シティバスの1日乗り放題切符と海遊館の入館券がセットになったOSAKA海遊きっぷもおすすめ。また、水の都ともいわれる大阪は水上バスも運行しています。大阪城や道頓堀などを巡るコースもあるため、水上から観光スポットを楽しむこともできますよ。

効率よく回る【1日モデルコース】

10:00 ①JR大阪城公園駅から観光スタート!大阪城公園内の自然を楽しみながら天守閣までお散歩。

↓ 徒歩約15分

10:20 ②天守閣に到着。展望台からの景色や天守閣内の展示を楽しむ

↓ 徒歩約20分

12:30 ③ジョー・テラス・オオサカに到着。④大阪発祥のパンケーキ専門店「gram」でおしゃれなパンケーキランチ

↓ 徒歩約5分

13:35 JR大阪城公園駅に到着

↓ 電車で約10分

13:45 JR天王寺駅に到着

↓ 徒歩約10分

13:55 ⑤天王寺動物園を散策。動物を見て触って楽しもう!

↓ 徒歩約5分

16:30 ⑥通天閣の展望台から新世界の風景を見下ろしてみよう!お土産ショップも忘れずにチェック

↓ 徒歩約5分

18:30 ⑦串カツだるまの総本店で本場の串カツを楽しむ。ソースの二度づけ禁止ルールを厳守!

JR天王寺駅にて旅は終了


旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる