一双 らーめん

【福岡】おすすめの博多ラーメン17選!有名な一双やだるまも!

2021/09/30

31,961views

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

福岡でおすすめの博多ラーメン店を徹底紹介!博多駅や天神エリア近くの有名店や、屋台出身の安い人気店などを17選まとめました。また「どのように食べるのが正解か知りたい」という方に向けて、博多ラーメンの正しい食べ方も解説しています。そのほか、福岡で確実に押さえておきたい博多ラーメン以外の人気ラーメン店も紹介しているので、お店選びで迷わないようチェックしておきましょう♪

豚骨スープがおいしい!博多ラーメンの特徴

■スープ
博多ラーメン最大の特徴は、白濁の豚骨スープにあります。豚骨を長時間じっくりと煮た出汁がスープに使われ、味付けは醤油ベースが多いです。

■麺
スープとあまり絡み合うことなく、口当たりよく味わえるストレートの細麺です。麺の硬さは、「ばりかた」や「ふつう」、「やわ」などお好みで調整できます。博多ラーメンには大盛りがない代わりに替え玉システムがあるので、量が足りないと感じた場合は追加するのもよいかもしれませんね。

■具材
ネギやチャーシュー、海苔などシンプルで定番の具材が揃います。そのほか、テーブルにほぼ必ずといっていいほど置いてある辛子高菜と紅ショウガ、ゴマも博多ラーメンならではのトッピングです。

博多ラーメンイメージ

おすすめの博多ラーメン店14選

【博多一双】豚骨スープのカプチーノ!/博多駅

明るく元気な接客の、博多らしさが感じられるラーメン店が博多一双です。スープには国産の子豚のみが使われ、げんこつや頭骨、背骨がホロホロの状態になるまで煮込まれているのが特徴です。豚の旨味を最大限に引き出したスープは、「極上カプチーノ」と呼ばれています。

ラーメン愛好家からも評判が高く、絶対に外さない質の高いスープを味わいたい方には一押しのお店だと言えるでしょう。スープのほかにも、しなやかでツルツルの細平打ち麺は、ぷりっとした歯ごたえのよい食感が好評。旨味抜群のスープと歯切れのよい麺の上には、福岡県産の地しょうゆをベースにしたタレが染み込んだチャーシューが乗せられています。

一双 らーめん
一双 外観
一双 内観

博多一双 博多駅東本店

住所〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約6分

料金ラーメン:680円

電話番号092-472-7739

営業時間11:00~24:00、休み:不定休

URLhttp://www.hakata-issou.com/

 

【Shin-Shin】誰もが飲み干す純情なスープ!/天神駅

スープや麺、具材など全体のバランスを重視し、細部までこだわり尽くした博多ラーメンを提供しているのがShin-Shinです。コンセプトは「食べやすく誰もが飲み干してしまう純情なスープ」で、スープに徹底したこだわりがあります。博多ラーメンの伝統的な製法に屋台出身の店主の創意工夫が加えられ、昔ながらの親しみやすい味を楽しめるのがポイント。

具材には佐賀県のブランド鶏である「ありたどり」や、九州地方の香味野菜など地元九州に関連する食材が使われています。また、Shin-Shinでは秘伝のタレを使ったとろけるチャーシューにも力を入れているので、ほんのりと甘いチャーシューの醤油味にも注目してみてくださいね♪

ShinShinらーめん
ShinShin 外観

Shin-Shin 天神本店

住所〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-2-19 1F

アクセス《電車》福岡市営地下鉄空港線「天神駅」から徒歩約5分

料金博多ShinShinラーメン:700円

電話番号092-732-4006

営業時間11:00~03:00(ラストオーダー:02:30まで)

URLhttp://www.hakata-shinshin.com/

 

【博多だるま】本場のおいしさなのに鮮烈なスープが魅力!/渡辺通駅

博多だるまは、九州だけでなく関東や沖縄にも進出する実績のあるラーメン店です。1963年に創業した老舗店でもあり、創業時から同じ鉄の鋳物の羽釜でスープを作り続けています。スープには豚の後ろ足を炊きあげた出汁が使われ、古いスープに新しいスープを継ぎ足す「呼び戻し」という伝統的な製法が採用されているのが特徴です。

老舗ならではの本場の味と、口に入れた瞬間にハッとする鮮烈な味の両方が人気を集めています。そのほか、柔らかくて大きなチャーシューがおいしいと評判。食欲をそそる博多だるまのラーメンは「白米に合う」という口コミもあるので、お腹を十分に空かせてから白米とセットで堪能するのもおすすめです。

博多だるま
博多だるま 外観

博多だるま 総本店

住所〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通1-8-25

アクセス《電車》福岡市営地下鉄七隈線「渡辺通駅」から徒歩約3分

料金ラーメン:700円

電話番号092-761-1958

営業時間11:30~15:30(ラストオーダー:15:15まで)、18:30~24:00(ラストオーダー:23:45まで)

URLhttps://ra-hide.com/

 

【らーめん二男坊】臭みのないまろやかなスープ!/博多駅

「男性にも満足、女性にも愛されるラーメンを作りたい」という想いを掲げて営業しているのが、らーめん二男坊です。丁寧な下処理で徹底的に臭いを抑えたスープが自慢で、豚骨ラーメン独特の臭いや油っぽさが苦手な女性でも食べやすく、老若男女幅広い層から支持を集めています。

頭骨をベースにじっくりと煮込まれたスープは、高濃度な純豚骨のまろやかな味わいが魅力です。チャーシューには豚のロース部位が使用され、タレ・肉・脂身が絶妙なバランスを保ち上質さを感じさせます。ラーメンのアクセントには、半熟でとろりとした煮玉子も外せません。半熟煮玉子らーめんは7割以上のお客さんがリピートする人気のメニューです。

らーめん二男坊-煮玉子らーめん
らーめん二男坊
らーめん二男坊 外観

らーめん二男坊 博多本店

住所〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-16-4

アクセス《電車》JR博多南線「博多駅」から徒歩約1分

料金半熟煮玉子らーめん:790円

電話番号092-473-5558

営業時間月~土:11:00~23:30、日・祝:11:00~20:30、休み:不定休

URLhttp://r-jnb.jp/

 

【めんくいや】存在感たっぷりのとろけるチャーシュー!/薬院駅

1980年に創業のめんくいやは、福岡に2店舗と青森に1店舗経営しています。「あっさりとしたスープの中に、しっかりとした豚骨らしさを」をテーマに掲げ、伝統の味はそのまま残した上で新しさをプラスするよう何度も改良が重ねられてきました。白濁のスープと麺の上に乗せられているのは、存在感抜群の大きなチャーシュー。

めんくいやの強みはチャーシューにあり、一口味わった瞬間にとろける柔らかさに思わず感動してしまうお客さんも!ここでは通常の博多ラーメンを注文するのもよいですが、「とろとろチャーシューメン」や「厚切り炙りチャーシューメン」など、チャーシューが思う存分味わえるメニューを選ぶのもよいかもしれませんね。

めんくいや薬院本店
めんくいや薬院本店

めんくいや 薬院本店

住所〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2-3-27 待鳥ビル1F

アクセス《電車》西鉄天神大牟田線「薬院駅」から徒歩約3分

料金博多ラーメン:550円

電話番号092-712-9551

営業時間月~金:11:00~24:00、土・日・祝:11:00~23:00

URLhttps://menkuiya.com/71886/

 

【博多 一幸舎】豚骨の香りにふわふわの泡こそが本物!/博多駅

「元祖泡系」と呼ばれる博多 一幸舎は、スープへの徹底的なこだわりが最大の魅力。豚の頭や背骨、丸骨を強火で砕けるまで炊き、もともとのスープに新しいスープを継ぎ足すことで旨味をぎゅっと詰め込んでいるのが特徴です。完成した豚骨スープは香り豊かなだけでなく、脂と水が合わさったことでふわふわとした泡が浮いています。

「この泡こそが本物の豚骨スープの証」として、博多 一幸舎では2004年の創業時から骨の味ときめ細やかな泡にこだわり続けているのが特徴です。また、もちもちした食感の特注麺は、平打ちで歯切れのよさが抜群!タレには福岡県産の醤油がブレンドされ、コクとキレが感じられる仕上がりです。

博多 一幸舎 総本店

住所〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-12

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約5分

料金一幸舎ラーメン:700円

電話番号092-432-1190

営業時間月~土:11:00~24:00(ラストオーダー:23:30まで)、日:11:00~21:00(ラストオーダー:20:30まで)、休み:年末年始

URLhttps://www.ikkousha.com/

 

【初代 秀ちゃん】タレに漬け込んだ極太チャーシューがたまらない!/中洲川端駅

初代 秀ちゃんでは、「元祖ベタ系」と呼ばれる博多ラーメンを提供しています。「ベタ」とは「脂が多いこと」を意味し、特にこってり系のラーメンが好きな方にぴったりです。スープには豚のゲンコツと豚足、背ガラが使用され、旨味はもちろん甘味を感じられる仕上がりに。麺は細くて水分が少ないため、濃厚なスープがよく絡まります。

さらに注目したいのが、じっくりとタレに漬け込まれた極太のチャーシューです。ラーメンのチャーシューといえば手のひらサイズが一般的ですが、初代 秀ちゃんでは器の半分を埋め尽くすほどの極太チャーシューがドンッと乗せられているのがユニーク。最初は少し驚くかもしれませんが、ボリューミーで満腹感を味わえます。

初代 秀ちゃん
初代 秀ちゃん 外観

初代 秀ちゃん

住所〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1-2 キャナルシティ博多 5F

アクセス《電車》福岡市営地下鉄空港線「中洲川端駅」から徒歩約10分

料金らーめん:670円

電話番号092-263-6588

営業時間11:00~23:00(ラストオーダー:22:30まで)

URLhttps://canalcity.co.jp/ra_sta/shop/detail/68/

 

【名代ラーメン亭】安心感ある老舗の味!/博多駅

名代ラーメン亭は、博多駅直結の好立地で営業している老舗店です。1947年に果物屋として開業し、1971年にラーメン店としてデビューしました。開業してすぐに1日300杯も売れる人気店として名を上げ、今でも昔から変わらない味が堪能できると地元民を中心に愛され続けています。

ここでは豚骨スープと細麺の博多ラーメンを単品で注文するのもよいですが、できればチャーハンや餃子とのセットをぜひ。どれも家庭料理のようなホッと安心する味わいで、温かみのある味を求めるリピーターも少なくありません。あまり観光地的ではない、地元らしさが感じられるお店をお探しなら名代ラーメン亭へ訪れましょう!

名代ラーメン亭 博多駅地下街店

住所〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多駅地下街

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約2分

料金ラーメン:460円

電話番号092-441-6626

営業時間10:00~21:00(ラストオーダー:20:30まで)

URLhttps://nadairamentei.shop-pro.jp/

 

【一番鷹】お酒のシメに合う!ラーメン居酒屋/博多駅

一番鷹は1979年から続くお店で、もともとは小料理屋として営業していました。現在は「ラーメン居酒屋」として、居酒屋でありながら本格的なラーメンも提供しています。一般的な豚骨ラーメンは濃厚さが売りですが、一番鷹ではお酒に合うさっぱりとした味付けが特徴です。

ここでは食事前に地酒を堪能してから、最後にラーメンでシメるのが定番の楽しみ方です。ラーメンだけでなく、天然物にこだわったお刺身や、チャーシューと卵焼きが合体した「チャー玉」なども人気のメニュー。一番鷹では、ラーメンだけでなくいろいろな料理を注文して、お酒を飲みながらゆったりとしたひとときを過ごすのがよいでしょう。

一番鷹ラーメン居酒屋

住所〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-3-29

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約3分

料金とんこつラーメン:550円

電話番号092-431-3796

営業時間11:00~14:00、17:00~01:00、休み:土・日・祝

URLhttps://ichibantaka.com/

 

【しばらく】安くてウマいなみなみスープ/博多駅

しばらくでは、こってりとした見た目とは対象的に、臭味が少なく食べやすい博多ラーメンを提供しています。豚骨の匂いがあまり気にならないため、ランチの時間帯に訪れる方も少なくありません。器から溢れそうなくらいスープがなみなみと入れられているのが特徴で、硬めのチャーシューやきくらげ、ネギなど定番の具材が入っています。

このボリューム感もしばらくの魅力ですが、ほかのお店と比べて価格が安いことも人気の理由です。定番の「ラーメン」は700円で「おてごろラーメン」が600円など、ワンコインで気軽に注文できるメニューも!たっぷりのスープと替え玉で満腹になるまで味わいたいなら、本場の味をリーズナブルに堪能できるしばらくで決まりでしょう。

しばらく-博多駅
しばらく-博多駅
しばらく-博多駅

博多ラーメンしばらく 祇園店

住所〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-12-16

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約10分

料金ラーメン:700円、おてごろラーメン:600円

電話番号092-481-3004

営業時間月~金:11:00~22:00、土・日:11:00~15:00

Facebookhttps://www.facebook.com/shibaraku.gion/

 

【名島亭】昼時は行列必至!飽きのこないラーメン/名島駅

福岡で高い知名度と人気を誇るラーメン店といえば、名島駅近くの名島亭です。FBS福岡放送の「九州ラーメン総選挙2008」で1位になる確かな実力のお店で、今まで数々のメディアに取り上げられてきました。福岡県外から訪れるラーメン愛好家も多く、ランチの時間帯は行列ができることでも知られています。

豚骨100%のスープは、古いスープに新しいスープを継ぎ足す「呼び戻し」でコクを濃縮しているのが特徴。スープを一口含むと、豚骨のまろやかさが口のなかにじんわりと広がります。餃子とセットの定食も人気を集めているので、懐かしさが感じられる家庭料理を味わいたい方はぜひ注文してみてください。

名島亭 本店

住所〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2-41-7

アクセス《電車》西鉄貝塚線「名島駅」から徒歩約3分

料金とんこつラーメン:590円

電話番号092-662-3566

営業時間11:00~21:00

URLhttps://www.najimatei.com/

 

【うま馬】名物ぐるぐる鶏皮も一緒に!/博多駅

うま馬では、九州の素材にこだわった本格的な博多ラーメンが味わえます。宮崎県産のキャベツや長崎県産の玉ねぎなど、使用される野菜はすべて減農薬野菜。チャーシューには福岡県のブランド豚である「やよい豚」を使い、もっちりとした食感と甘味を感じさせます。

またスープは豚骨にも関わらず、一般的な博多ラーメンと違い白濁していないのが特徴です。白濁していない理由は、豚骨を一度茹でてから水洗いし、血抜きやあく抜きをしてからスープとして使っているから。余計な脂分がないため、カロリーが低くヘルシーに味わうことが可能です。ラーメンのほかに、鶏皮を串に巻いて焼いた「ぐるぐる鶏皮」も名物料理として人気なので、ラーメンと一緒に注文してみてくださいね。

うま馬 祇園店

住所〒812-0038 福岡県福岡市博多区祇園町1-26

アクセス《電車》福岡市営地下鉄空港線「祇園駅」からすぐ

料金源流 博多ラーメン:650円

電話番号092-271-4025

営業時間11:30~14:00、17:30~23:00、休み:公式HPを要確認

URLhttp://www.hakataumauma.com/pc/index.php

 

【まるうまラーメン ぷらっと博多No.1】駅ホームでいつでも食べられる!/博多駅

まるうまラーメン ぷらっと博多No.1は、博多駅のホーム内にある立ち食いのラーメン店です。第1ホームの端で営業しており、電車を利用する前後に立ち寄れる気軽さと、注文してからすぐに提供されるスピード感が人気を集めています。定番は「白旨(しろうま)」という白濁した豚骨ラーメンで、くどくなくさっぱりと食べやすいのが特徴。さっぱりとしていながらも、豚骨の味はしっかりと感じられるのがうれしいポイントです。

また、ここではおにぎりやゆで卵を一緒に注文する方も多く、スープのなかに入れるのも1つの楽しみ方だそう。あまり時間がないときや、仕事終わりに手早くラーメンを味わいたい方は、まるうまラーメン ぷらっと博多No.1を利用するのがおすすめ!

まるうまラーメンぶらっと博多No.1-素ラーメン
まるうまラーメンぶらっと博多No.1-外観2

まるうまラーメン ぷらっと博多No.1

住所福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多駅第1ホーム

アクセス《電車》JR各線「博多駅」ホーム内

料金素ラーメン:420円

電話番号092-475-9317

営業時間07:00~20:00※営業時間は変更になる場合があります

URLhttps://www.jrfs.co.jp/store?prefectures=%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E7%9C%8C&project=%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3#!

 

【赤のれん和亭】スタンダードな博多ラーメンならここ/博多駅

赤のれん和亭では、大きなアレンジが加えられていないスタンダードな博多ラーメンが味わえます。ストレートの細麺に茶色がかったスープ、大きめのチャーシューが乗ったオーソドックスなスタイルです。豚骨スープ=白濁というイメージの方にとっては、赤のれん和亭の茶色いスープは少し珍しく感じるかもしれませんね。

スープはクセがないため箸が進みやすく、「和」と名前にあるとおりどこか和むような、落ち着く味が堪能できます。またラーメンのほかに、赤のれん和亭ではチャーハンや餃子もよく注文される人気の品。揚げ物などサイドメニューが充実しているため、お酒と一緒におつまみを注文してのんびりと過ごすのもよさそうですね。

赤のれん和亭
赤のれん和亭
赤のれん和亭

赤のれん和亭

住所〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4-24-10

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約10分

料金並ラーメン:550円

電話番号092-474-6454

営業時間11:30〜22:00(ラストオーダー:21:45まで)、休み:日

 

博多ラーメン以外も美味しいお店が!!人気のラーメン店

【中華そば かなで】曜日限定メニューも楽しめる!/東比恵駅

中華そば かなでは、「非豚骨系」と呼ばれる博多ラーメンとは違ったジャンルのラーメンを味わえるお店。醤油と塩がベースの味付けで、「中華そば」や「塩そば」、「汁なし担々麺」の3本を柱としたメニューを提供しています。旨味調味料が一切使われていない点や、チャーシューが堅くならないよう低温調理されている点など、細部までこだわっているのがポイントです。

曜日限定のラーメンもあり、「鶏白湯煮干そば」は火曜日だけのレアメニュー。あっさりとした鶏白湯そばを味わうために、火曜日に合わせて来店する方もいるんですよ!そのほか、時期によっては期間限定のメニューが登場することもあるので、訪れた際はチェックしてみましょう。

中華そば かなで 中華そば
中華そば かなで-汁なし担々麺
中華そば かなで-外観
中華そば かなで-内観

中華そば かなで

住所〒812-0007 福岡県福岡市博多区東比恵2-8-23

アクセス《電車》福岡市営地下鉄「東比恵駅」から徒歩約5分

料金中華そば:730円

電話番号092-441-1886

営業時間11:00~22:00(ラストオーダー:21:40まで)

Instagramhttps://www.instagram.com/ryutaroumatsuo/?hl=ja

 

【入船食堂】福岡で本場の横浜家系ラーメン!/渡辺通駅

福岡県では珍しい、横浜の「家系ラーメン」を提供する入船食堂。もちもちの太麺に豚骨醤油ベースのスープ、トッピングには海苔、チャーシュー、白ネギ、ほうれん草などが使われています。具材が少なくクリーミーな博多ラーメンと比べると、入船食堂の横浜家系ラーメンはパンチが効いた個性的なラーメンだと言えるかもしれません。

メニューはラーメン、油そば、つけ麺の3本柱で、そのなかでもさらに「月見油そば」や「キムチつけ麺」など種類が分かれているのが特徴です。麺の種類や硬さ、スープの濃さ、鶏油の量なども自由に選べるので、お好みの一杯を作れるのがうれしいですね。福岡でがっつりとした強めのラーメンを味わいたいなら、入船食堂を候補に入れておきましょう。

入船食堂

住所〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉4-15-6

アクセス《電車》福岡市営地下鉄七隈線「渡辺通駅」から徒歩約11分

料金らーめん:600円

電話番号092-441-0377

営業時間11:30~14:30、18:00~22:00(ラストオーダー:21:45まで)

 

【博多担々麺 とり田】水炊きスープと胡麻鯖のタレの絶品担々麺!/博多駅

博多担々麺 とり田は、水炊き専門店から派生したお店です。もともと水炊きの担々麺は本店で提供されていましたが、多くの人から人気を集めたため担々麺の専門店として新たに開店しました。スープには丸鶏から取った出汁が使われ、胡麻だれの味がほんのりと感じられる仕上がりに。

アクセントには5種類の唐辛子で作られたラー油が使われ、目が覚めるようなピリッとした辛さがクセになります。辛さを調整したり、麺をこんにゃく麺に変えたりなど、自分好みにアレンジが可能です。また、明太子のご飯や唐揚げとセットで注文することもできるので、福岡の食材を使った博多らしい料理を味わいたい方はセットで注文するのがおすすめです。

博多担々麺・唐揚げとり田 KITTE博多店

住所〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1 B1

アクセス《電車》JR各線「博多駅」から徒歩約2分

料金特製博多担々麺:980円

電話番号092-452-0920

営業時間11:00~24:00

URLhttps://toriden.com/

 

トッピングや替え玉ができる?!博多ラーメンの食べ方

博多ラーメンに初挑戦する場合、どのように味わうのが正解なのか分からず戸惑う方もいるかもしれません。まず注文時に聞かれるのが、麺の硬さです。「バリやわ」や「かた」、「粉落とし」などと段階が分かれているので、好みの硬さを注文しましょう。そしてラーメンが届いた後は、トッピングを乗せずにまずはそのまま味わうのがおすすめ。

豚骨スープの味わいをじっくりと感じてから、テーブルに置かれた辛子高菜や紅ショウガを乗せるのが定番です。また替え玉を注文する方は、注文前にスープを飲み干さないよう注意してください。一杯目の麺が食べ終わる直前に替え玉をお願いし、残りのスープに絡めながら味わうようにしましょう。

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる