よみうりランド-ゴンドラ

【2022年】東京の桜の名所おすすめ20選!穴場やライトアップ・開花情報も

2022/03/11

1,101views

春になると綺麗な桜を見に出かけたくなりますよね!今回は「絶対見たい」東京でおすすめの桜の名所と、混雑を避けたい人向けの穴場をご紹介します。開花情報やライトアップの情報もあるので、東京の桜を見に行く際はぜひご参考にしてください。

※桜の開花時期やお祭りの開催期間などは、毎年桜に合わせて変更されています。実際に行かれる際は、事前に公式サイトで最新情報のご確認をお願いいたします。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントなどが中止になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

東京にある桜の名所おすすめ15選

目黒川

目黒川

目黒区から世田谷区にかけて流れる「目黒川」は、川沿いの桜並木を楽しめるスポットです。昭和初期に堤防の改修工事が行われた際に桜の木が植えられ、東京を代表するお花見スポットとなりました。春の訪れとともに花を咲かせるのは、約800本のソメイヨシノ。開花時期に合わせて「中目黒桜まつり」が開催され、屋台グルメやステージイベント、ぼんぼりのライトアップなどを楽しめます。おしゃれなカフェやショップにも立ち寄りながら、街歩きを楽しみましょう。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「中目黒駅」から徒歩約2分

料金無料

電話番号03-3770-3665(中目黒駅前商店街振興組合事務局)

営業時間常時開放

URLhttps://meguro-kanko.com/spot/detail.php?no=70(めぐろ観光まちづくり協会)

新宿御苑

新宿御苑
写真提供「環境省新宿御苑管理事務所」

100年以上の歴史を持つ「新宿御苑」には、およそ68種類もの桜が植えられています。2月頃には早咲きのカンザクラが花をつけ、どこよりも早くお花見を堪能できるのが魅力。春の足音が近づくにつれてカワヅザクラやカンヒザクラなどが次々と咲き、3月下旬から4月上旬にかけて約300本のソメイヨシノが満開になります。都会のオアシスとも呼ばれる緑あふれる園内で、日本の春をじっくりと味わってみてください。

開花時期:2月中旬~4月下旬
ライトアップ:未定

・注意事項 「酒類持込禁止、遊具類使用禁止」
・ご来園前には、庭園の開園状況を下記新宿御苑HPにてご確認ください。
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

アクセス《電車》「新宿御苑前駅」1番出口・「新宿三丁目駅」E5出口・「新宿三丁目駅」C1・C5出口から徒歩約5分または、「新宿駅」南口から徒歩約10分

料金一般:500円、65歳以上・学生 (高校生以上):250円(窓口で証明書の提示が必要)、小人 (中学生以下):無料

電話番号03-3350-0151

営業時間3月15日〜6月30日・8月21日〜9月30日:09:00〜17:30(閉園:18:00)、10月1日〜3月14日:09:00〜16:00(閉園:16:30)、7月1日〜8月20日:09:00〜18:30(閉園:19:00)、休み:月(祝日の場合:翌平日 ※3月25日〜4月24日、11月1日〜15日は月も開園)、12月29日~1月3日

URLhttp://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/

千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵
© TCVB

皇居のお濠(ほり)である「千鳥ヶ淵」の周辺は、自然豊かな公園や遊歩道が整備されたお花見スポットです。区営の千鳥ヶ淵ボート場があり、ボートに乗りながらゆったりと満開のソメイヨシノを見られることで人気を集めています。開花時期に合わせて開催される「千代田のさくらまつり」では、ライトアップやボート場の夜間特別営業を実施。散りかけの時期には薄紅色の花びらが水面を覆い、幻想的な光景が広がります。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「九段下駅」2番出口から徒歩約3分または、「半蔵門駅」5番出口から徒歩約5分

料金無料(千鳥ヶ淵ボート場は有料)

電話番号03-3556-0391(千代田区観光協会)

営業時間常時開放(千鳥ヶ淵ボート場は11:00~17:30、休み:月)

URLhttps://visit-chiyoda.tokyo/app/spot/detail/446(千代田区観光協会)

上野恩賜公園

上野恩賜公園
© TCVB

「恩賜上野動物園」や「不忍池」、「東京国立博物館」などの見どころが集まっている「上野恩賜公園」は、江戸時代から知られている桜の名所です。2月頃にはカンザクラが花を付け始め、3月下旬にはソメイヨシノが咲き、その後はイチヨウやフゲンゾウなどの品種が目を楽しませてくれます。ソメイヨシノの開花時期には「うえの桜まつり」が開催され、園内には屋台がずらり。23時まで開放されているので、仕事帰りにも気軽に立ち寄れます。

開花時期:2月下旬~4月下旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「上野駅」から徒歩約3分または、「京成上野駅」から徒歩約1分

料金無料

電話番号03-3828-5644

営業時間05:00〜23:00

URLhttps://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/toubuk/ueno/index_top.html

隅田公園

隅田公園
© TCVB

間近に「東京スカイツリー」を望む「隅田公園」は、滝廉太郎作曲の唱歌「花」にも歌われた、隅田川の風流な景色を堪能できるのが魅力のスポットです。屋形船からお花見ができることでも知られ、川の両岸に連なる桜並木の美しさは必見。桜と東京スカイツリーという現代の美景は、写真映えすること間違いなしです。ソメイヨシノだけでなく、早咲きのカワヅザクラやオオカンザクラ、遅咲きのカンザンやイチヨウなども楽しめます。

開花時期:3月上旬~4月下旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「浅草駅」から徒歩約5分

料金無料

電話番号03-5246-1321(台東区役所都市づくり部公園課)

営業時間常時開放

URLhttps://visit-sumida.jp/spot/6133/(墨田区観光協会)

井の頭恩賜公園

広大な敷地を誇る「井の頭恩賜公園」は、「日本さくら名所100選」にも選ばれている桜の名所です。公園の中心にある「井の頭池」の周辺には、ソメイヨシノをはじめヤエベニシダレやシロタエといった品種が咲き誇り、遊歩道やボートからお花見を楽しめます。池にかかる七井橋からのパノラマ風景も絶景で、こちらもおすすめ。西園では、華やかなウワズミザクラや黄色や黄緑色の花を咲かせるウコンザクラといった珍しい桜を見ることができます。

開花時期:3月上旬~4月中旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「井の頭公園駅」から徒歩約1分または、「吉祥寺駅」から徒歩約5分

料金無料(一部施設は有料)

電話番号0422-47-6900

営業時間常時開放

URLhttps://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/seibuk/inokashira/index.html

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

昭和天皇御在位50年記念事業の一環として、1983年に開園した「国営昭和記念公園」。立川市と昭島市にまたがる広大な敷地内には、ソメイヨシノの大木が悠々と枝を伸ばす「桜の園」があります。遮るもののない青空の下で、のんびりとお花見を楽しみましょう。園内には31品種およそ1,500本の桜が植えられ、オオシマザクラやシダレザクラも見ることができます。桜だけでなく、チューリップやネモフィラといった春の花も楽しめるスポットです。

開花時期:3月下旬~4月下旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「西立川駅」から徒歩約2分または、「立川駅」から徒歩約10~15分

料金大人(15歳以上):450円、子ども(中学生以下):無料、シルバー(65歳以上・要証明):210円

電話番号042-528-1751

営業時間3月1日~10月31日:09:30~17:00、11月1日~2月末日:09:30~16:30 休み:年末年始、1月の第4月曜日とその翌日
※時期により変動あり

URLhttps://www.showakinen-koen.jp/

芝公園

芝公園
©(公財)東京都公園協会

明治初期に開園した「芝公園」は、徳川家の菩提寺として知られる「増上寺」や東京のシンボルとして愛され続けている「東京タワー」に隣接しています。ここでは、満開の桜と東京タワーのコラボレーションを見られるのが魅力。ソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラやサトザクラなどが陽気に誘われて花を咲かせ、訪れる人を楽しませてくれます。桜が植えられているのは赤羽橋駅からすぐの17号地、東京タワー寄りの23号地(集会広場)などで、のんびり過ごしたいときは敷地の広い23号地がおすすめです。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「芝公園駅」・「御成門駅」・「赤羽橋駅」から徒歩約2分

料金無料(一部施設は有料)

電話番号03-3431-4359

営業時間常時開放

URLhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index001.html

舎人公園

舎人公園サクラ競技場付近
©(公財)東京都公園協会

舎人公園-お花見広場
©(公財)東京都公園協会

「舎人公園」は、24品種およそ1,000本もの桜が植えられている自然豊かな公園です。本数の多いソメイヨシノをはじめ、2月頃から咲き始めるカンザクラやカワヅザクラ、4月下旬まで見られるヤエベニシダレやシロタエなど、様々な桜が春の景色を彩ります。その中でも特に有名なのが、1981年にアメリカのレーガン元大統領夫人から寄贈された、「レーガン桜」と呼ばれるソメイヨシノ。日米友好の証をぜひ見にいきましょう。ソメイヨシノの開花時期には「千本桜まつり」が開催されます。

開花時期:2月上旬~4月下旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「舎人公園駅」からすぐ

料金無料(一部施設は有料)

電話番号03-3857-2308

営業時間常時開放

URLhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index024.html

池上本門寺

池上本門寺

池上本門寺

大田区にある「池上本門寺」は、700年あまりの歴史を持つ日蓮宗の大本山です。ソメイヨシノのほかに関東では珍しいササベザクラがあり、重要文化財に指定されている「五重塔」と桜が織りなす和の風景を見られます。まずはお参りして、心を落ち着けてからゆったりと境内を見て回るのがおすすめ。お釈迦様の誕生日である4月8日前後には毎年「春まつり」があり、法要のほかにパレードやコンサートが行われています。
※新型コロナウイルスの影響により、2022年のパレードやコンサートの実施は中止予定です。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「池上駅」から徒歩約10分

料金無料

電話番号03-3752-2331

営業時間参拝自由(総合案内所:10:00~15:00)

URLhttps://honmonji.jp/

代々木公園

代々木公園
©(公財)東京都公園協会

「代々木公園」は、1964年の東京オリンピックで選手村として使用されたエリアに作られた公園です。現在もオランダの選手が使った建物が「オリンピック記念の宿舎」として残されています。桜が見られるのは、「桜の園」や「中央広場」などで、中でも噴水と桜が癒やしの風景を描き出す中央広場の一角は、まるで楽園のよう。ソメイヨシノだけでなく早咲きのカワヅザクラも植えられ、春の訪れをいち早く知らせてくれます。

開花時期:2月中旬~4月上旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「原宿駅」・「代々木公園駅」・「明治神宮前(原宿)駅」から徒歩約3分

料金無料(一部施設は有料)

電話番号03-3469-6081

営業時間常時開放

URLhttp://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

六義園

六義園
© TCVB

「六義園」は、徳川幕府の五代将軍・綱吉の側用人を務めた柳沢吉保が設計し、7年かけて造りあげた優美な日本庭園です。こちらの名物は、高さ15m、幅20mにもなる巨大なシダレザクラ。空から降り注ぐようなみごとな枝ぶりは、圧巻のひと言です。例年ライトアップも行われ、日が落ちてからはひと味違う幻想的な光景が広がります。花見や散策を楽しんだら、園内の「吹上茶屋」でゆったりくつろぎましょう。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「駒込駅」から徒歩約7分

料金一般:300円(小学生以下および都内在住・在学の中学生:無料)

電話番号03-3941-2222

営業時間09:00~17:00(入園:16:30まで) 休み:年末年始

URLhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

靖國神社

靖國神社
写真提供:靖國神社

靖國神社
写真提供:靖國神社

坂本龍馬や吉田松陰ら幕末の志士をはじめ祖国に殉じられた尊い神霊を祀る「靖國神社」は、およそ500本もの桜が植えられている日本有数の名所です。その多くはソメイヨシノで、東京の開花を観測するための標本木があることでも知られています。桜は靖國神社の象徴でもあり、授与品や頒布品にも桜があしらわれたものが多数。お守りやご朱印帳をチェックしてみましょう。同じ千代田区内にあるお花見スポット「千鳥ケ淵」まで徒歩5分ほどなので、合わせて訪問するのもおすすめです。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「九段下駅」1番出口から徒歩約5分または、「飯田橋駅」・「市ヶ谷駅」から徒歩約10分

料金無料(一部施設は有料)

電話番号03-3261-8326

営業時間3月〜10月:06:00~18:00、11月~2月:06:00~17:00

URLhttps://www.yasukuni.or.jp/

飛鳥山公園

飛鳥山公園
写真提供:北区

飛鳥山公園
写真提供:北区

北区にある「飛鳥山公園」は、サトザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなど約600本の桜が植えられている公園です。そのうちの約400本がソメイヨシノで、開花時期には多くの人で賑わい、屋台やステージイベントが楽しめる「北区さくらSA*KASOまつり」も開催されています。園内には眺めのいい自走式モノレールや遊具が完備されているので、ファミリーでの利用もおすすめ。園内の「北区飛鳥山博物館」や、渋沢栄一の邸宅跡地に建てられた「渋沢史料館」にも立ち寄ってみましょう。

開花時期:3月下旬~5月
ライトアップ:あり

アクセス《電車》JR「王子駅」からすぐ

料金無料

電話番号03-3908-9275(北区道路公園課)

営業時間常時開放(一部閉鎖区域あり)※旧渋沢庭園

URLhttps://www.city.kita.tokyo.jp/d-douro/bunka/koenichiran/asukayama.html

国立市大学通り

国立市大学通り

「国立市大学通り」とは、JR国立駅からまっすぐ南へと続く大通りのことです。沿道に桜並木が続き、春になれば辺り一面が薄紅色に染まります。植えられている桜は約200本で、その多くがソメイヨシノ。ゆったりと歩きながら、「新東京百景」にも選ばれた絶景を堪能できます。桜が見頃の時期には、大学通りを南下した先にある谷保第三公園で「くにたちさくらフェスティバル」が開催されているので、桜並木を見物がてらお出かけするのもおすすめです。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「国立駅」から徒歩約5分

料金無料

電話番号042-574-1199(国立市観光まちづくり協会)

営業時間常時開放

URLhttps://kunimachi.jp/spot/daigakustreet/(国立市観光まちづくり協会)

 

混雑を避けたい人向け【穴場】おすすめ5選

青山霊園

青山霊園
©(公財)東京都公園協会

青山霊園
©(公財)東京都公園協会

大久保利通や乃木希典、国木田独歩といった著名人が眠る「青山霊園」は、都心にありながら緑あふれる癒やしのスポットです。園内を南北に走る道路沿いに桜並木があり、満開の時期には桜のトンネルが姿を現します。ここで見られる桜は、ソメイヨシノやシダレザクラ、ヤエザクラなど。毎年多くの人で賑わいますが、慰霊の場所のため、お花見をする際はマナーを守って楽しみましょう。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「外苑前駅」から徒歩約7分

料金無料

電話番号03-3401-3652

営業時間常時開放

URLhttps://www.tokyo-park.or.jp/reien/park/index072.html

播磨坂さくら並木

播磨坂さくら並木

文京区の「播磨坂さくら並木」は、1960年に道路が整備された際に地元住民の手によって植えられた桜を楽しめる名所です。ソメイヨシノのほか、淡い黄緑色の花を付けるウコンザクラなども見ることができます。周囲にはおしゃれな飲食店が並び、街歩きにもぴったりです。見頃の時期には「文京さくらまつり」が開催され、播磨坂が歩行者天国に早変わり。また、茗荷谷の駅から播磨坂を抜けた先にある「小石川植物園」も桜の名所として知られています。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》「茗荷谷駅」から徒歩約7分

料金無料

電話番号03-3812-7111(文京区役所)

営業時間常時開放

URLhttps://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/spot/shiseki/harimazaka.html

桜坂

桜坂

「多摩川夢の桜街道」にある「桜坂」は、福山雅治の大ヒットソング『桜坂』に歌われた名所です。切り通しの坂道の両脇にソメイヨシノが植えられ、道路や橋の上からお花見ができます。徒歩でもすぐに通り抜けてしまうようなこぢんまりとしたスポットですが、静かな住宅街でひっそりと花を咲かせる姿には、ここでしか味わえない趣があります。公共の場なので、生活や通行の邪魔にならないよう配慮しながら楽しみましょう。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:なし

アクセス《電車》「沼部駅」から徒歩約5分

料金無料

電話番号03-5744-1111(大田区役所)

営業時間常時開放

URLhttps://www.city.ota.tokyo.jp/midokoro/spot/ootaku_sakamichi/denenchoufu_minemachi/sakura_zaka.html

東京ミッドタウン

東京ミッドタウン
写真提供:東京ミッドタウン

防衛庁本庁の移転により誕生した「東京ミッドタウン」。ハイセンスなショップやレストラン、ホテルなどが集まっているスポットですが、屋外のオープンスペースには緑があふれ、旧防衛庁から引き継いだ桜が植えられています。2022年3月18日からは「ありがとうを贈る春」をコンセプトに花々につつまれた華やかな春時間を楽しむ「MIDTOWN BLOSSOM 2022」を開催。この季節にしか味わえないフード、スイーツとともにミッドタウン・ガーデンに咲き誇る美しいサクラや多彩な花々を楽しみましょう。

開花時期:3月中旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス《電車》都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木駅」からすぐ、または東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩約3分、東京メトロ南北線「六本木一丁目」から徒歩約10分

電話番号03-3475-3100

営業時間最新の営業状況は公式HPをご確認ください。

URLhttps://www.tokyo-midtown.com/jp/

よみうりランド

よみうりランド-ゴンドラよみうりランド-バンデットよみうりランド-夜桜ジュエルミ

数々の魅力的なアトラクションが揃う「よみうりランド」は、約1,000本もの桜が咲き誇るお花見スポットでもあります。植えられている品種は、ソメイヨシノにヤマザクラ、シダレザクラなど。園内に足を踏み入れれば、約180mにわたって続く見事な桜並木が出迎えてくれます。満開の時期には、人気のジェットコースター「バンデット」も、お花見アトラクションに。ここでしかできないスリリングな体験は、忘れられない思い出になるに違いありません。

開花時期:3月下旬~4月上旬
ライトアップ:あり

アクセス「京王よみうりランド駅」からゴンドラ「スカイシャトル」で約5~10分

料金《ワンデーパス(入園+のりもの乗り放題)》大人:5,800円、中学・高校生:4,600円、小学生・シニア:4,000円、未就学児(3歳以上~小学生未満):2,400円《入園料》大人:1,800円、中学・高校生:1,500円、小学生・シニア:1,000円、未就学児(3歳以上~小学生未満):1,000円

電話番号044-966-1111

営業時間時期によって異なる

URLhttps://www.yomiuriland.com/

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる