目黒川

桜の名所「お花見に行ってみたい!」ベスト20【2022】全国の桜情報!京都・穴場のおすすめも

更新:2022/05/24

72,529views

春の風物詩といえば【桜】とお花見。「一度は見たい!」桜の名所・絶景スポットをランキングにしました。桜とお城のコラボレーションや山一面の桜景色、大木のしだれ桜などなど…日本全国にある、多彩なスポットをピックアップ。開花時期、夜のライトアップ情報と一緒に紹介!

※桜の開花時期やお祭りの開催期間などは、毎年桜に合わせて変更されています。実際に行かれる際は、事前に公式サイトで最新情報のご確認をお願いいたします。

旅行情報サイト・旅Pocketを運営している「旅行会社旅工房」は、約100か国の海外・国内旅行を取り扱う旅の総合旅行代理店です。顧客満足度8.9(10点中)を獲得し、各地域専門の「トラベル・コンシェルジュ」がお客様のご要望に合わせて旅行をサポートしています。旅行をご検討の際は、ぜひ旅工房へ!

桜の名所ランキングベスト20(全国版)

旅Pocket編集部の独自調査による、2021年3・4月のデータをもとにしたランキング結果です。

1位 目黒川/東京都

目黒川

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約800本

目黒川沿い両岸約3.8kmに渡り、約800本のソメイヨシノが桜並木を作る人気スポットです。例年いちごを使用したオシャレなカクテルや露店もあるので、お花見しながらの食べ歩きにも最適です♪ピンクのぼんぼりと桜が織りなすコントラストも必見です。

中目黒桜まつり:2022年は中止

ライトアップ2022年はぼんぼりの設置はなし

アクセス《車》渋谷ICから約7分《電車》JR山手線「目黒駅」・東急目黒線「不動前駅」から徒歩約10分または、東急東横線・地下鉄中目黒線「中目黒駅」・東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩約2分

料金無料

営業時間24時間

 

2位 大阪城/大阪府

大阪城/大阪府

【例年の開花時期】3月下旬~4月中旬まで
【桜の本数】約3,000本

約3,000本もの桜が咲き誇る大阪城は、「日本さくら名所100選」にも選ばれた大阪屈指のお花見スポットです。特に、西の丸庭園は約300本の桜と、大阪城の天守閣を美しく見ることができると言われています。別途有料にはなりますが、西の丸庭園内ではライトアップされた桜も楽しめるのでおすすめです。せっかくなら1番綺麗な桜をみたいですよね♪

大阪城

ライトアップ2022年度は中止

アクセス《車》東大阪北ICから約15分《電車》JR大阪環状線「大阪城公園駅」・JR大阪環状線・Osaka Metro中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」・Osaka Metro中央線・谷町線「谷町4丁目」・Osaka Metro堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」から徒歩約18分または、JR東西線「大阪城北詰駅」から徒歩約21分または、Osaka Metro谷町線・京阪電車「天満橋駅」から徒歩約19分

料金無料《西の丸庭園》大人(高校生以上):200円、子ども(中学生以下):無料、大阪市内在住65歳以上・障害者の方:無料

営業時間24時間、西の丸庭園:09:00〜17:00

URLhttps://www.osakacastle.net/

 

3位 新宿御苑/東京都

新宿御苑/東京都

【例年の開花時期】3月下旬~4月下旬まで
【桜の本数】約1,000本

園内にはソメイヨシノをはじめ約65種類もの桜が植えられており、約2か月間という長期に渡ってお花見が楽しめます。広大な敷地に植えられた桜と、そびえたつ高層ビルの組み合わせが楽しめるのは都会ならではですね!

新宿御苑:2022年3月19日~4月1日は事前予約が必須

ライトアップ中止

アクセス《車》代々木ICから約8分《電車》JR線・京王線・小田急線「新宿駅」南口から徒歩約10分、西武新宿線「西武新宿駅」から徒歩約15分または、東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑駅」から徒歩約5分または、東京メトロ副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩約5分

料金《入園料》大人:500円、65歳以上:250円、学生(高校生以上):250円、子ども(中学生以下):無料

営業時間10月1日〜3月14日:09:00~16:00(閉園:16:30)、3月15日〜6月30日:09:00〜17:30(閉園:18:00)、休み:月(月曜が休日の場合は翌平日)、特別開園期間の3月25日〜4月24日は期間中無休

URLhttps://shinjukugyoen.hp.peraichi.com/jp

 

4位 姫路城/兵庫県

姫路城/兵庫県

【例年の開花時期】4月上旬
【桜の本数】約1,000本

国宝・世界遺産にも登録されている姫路城の白さと薄紅色の桜が合わさった美しさは、「日本さくら名所100選」に選ばれています。三の丸広場の桜並木と西の丸庭園のシダレザクラが特に見どころ!満開の桜から覗く天守閣の風景は、日本の春を感じさせてくれます。

姫路城夜桜会:2022年4月2日~4月9日(予定)

ライトアップあり

アクセス《車》姫路東ICから約11分《電車》JR山陽本線「姫路駅」から徒歩約20分《バス》JR山陽本線「姫路駅」から神姫バスで約4分、バス停「大手門前」から徒歩約5分

料金《姫路城への入園料》大人(18歳以上):1,000円、小・中・高校生:300円、未就学児:無料《姫路城夜桜会2022参加料金》大人(18歳以上)600円、小・中・高校生:200円、未就学児:無料(2021年度)

営業時間姫路城:09:00〜16:00(閉門:17:00)、姫路城夜桜会:18:00〜20:00(最終入園:19:30)

備考日時指定のWEB整理券が必要です。詳しくは公式サイトをご確認ください

URLhttps://www.city.himeji.lg.jp/castle/0000020096.html

 

5位 醍醐寺/京都府

醍醐寺/京都府

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約1,000本

豊臣秀吉が贅を尽くし「醍醐の花見」を催したことでも有名な醍醐寺の桜。シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約1,000本もの多種類の桜が咲くため、長い期間楽しむことができます。国宝・五重塔と桜の組み合わせは見事です!

観桜会(夜桜の会):2022年3月26日17:30~20:15
※先着150名

ライトアップあり

アクセス《車》鴨川東ICから約10分《電車》市営地下鉄東西線「醍醐駅」から徒歩約10分《バス》JR東海道本線「京都駅」から京都醍醐寺ラインで約30分、バス停「醍醐寺」から徒歩約2分
または、JR東海道本線「山科駅」から京阪バスで約20分、バス停「醍醐寺前」から徒歩約1分
または、JR奈良線「六地蔵駅」から京阪バスで約15分、バス停「醍醐寺前」から徒歩約1分

参加費20,000円(拝観料・法話と声明・お土産・税込)

営業時間《夏期》 3月1日〜12月第1日曜:09:00~17:00(最終入園:17:30)、夜間ライトアップ時間:未定

備考人数限定・事前予約優先/豊太閤花見行列:4月第2日曜

URLhttps://www.diners.co.jp/ja/event/evt_sakura_daigoji_2022.html(ダイナースクラブ)

 

6位 吉野山/奈良県

吉野山/奈良県

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約30,000本

約30,000本ものシロヤマザクラが世界遺産・吉野山の上・中・下・奥の4か所に密集して山全体を埋め尽くすように咲き誇ります。その様子は一目で千本も見えるという意味で「一目千本」とも呼ばれています。4月上旬から下→中→上→奥と順に開花していくため、長くお花見を楽しむことができる世界的に人気のあるスポットです♪

桜ライトアップ:4月2日~4月17日18:00~22:00

ライトアップあり※(下千本)七曲り周辺・(上千本)大塔宮火の見櫓周辺

アクセス《車》葛城ICから下千本駐車場まで約35分(観桜期の交通規制により下千本を起点に散策する場合)
下千本:《電車》近鉄吉野線「吉野駅」から徒歩約3分→吉野山ロープウェイ「千本口駅」からロープウェイで約3分→「吉野山駅(山上駅)」からすぐ
中千本:《電車》近鉄吉野線「吉野駅」から徒歩約3分→吉野山ロープウェイ「千本口」から約3分→「吉野山駅」から徒歩約15分《バス》近鉄吉野駅「吉野駅」から奈良交通バス臨時便で約15分、「中千本公園」からすぐ
上千本:《バス》近鉄吉野駅「吉野駅」から奈良交通バス臨時便で約15分、「中千本公園」から徒歩約20分
奥千本:《バス》吉野山ロープウェイ「吉野山駅」から徒歩20分→バス停「竹林院前」から吉野山奥千本ラインバスで約13分(※観桜期のみ)→バス停「奥千本口」からすぐ

料金無料

営業時間24時間

URLhttp://www.yoshinoyama-sakura.jp/sakura.php(吉野山観光協会)

 

7位 錦帯橋/山口県

錦帯橋/山口県

錦帯橋/山口県

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約3,000本

日本三名橋の1つ<錦帯橋>周辺には約3,000本ものソメイヨシノが咲き誇ります。5連のアーチ型の橋と桜、特にライトアップされた姿は幻想的な趣があります。橋から桜を眺めるも良し、岸から橋と桜を楽しむも良し、お気に入りの眺めを見つけてみてください。

錦帯橋

ライトアップあり

アクセス《車》山陽道岩国ICから約10分《バス》JR山陽本線「岩国駅」からいわくにバスで約20分、バス停「錦帯橋」から徒歩約1分または、JR山陽新幹線「新岩国駅」からいわくにバスで約15分、バス停「錦帯橋」から徒歩約1分

料金無料《錦帯橋への入橋料》大人(中学生以上):310円、子ども(小学生以下):150円

営業時間《観光シーズンの料金所営業時間》3月中旬〜9月中旬:08:00~18:00
※料金所が無人の場合は夜間料金箱へ料金を入れて入橋、ただし22:00に夜間照明は消灯

URLhttp://kintaikyo.iwakuni-city.net/(岩国市)

 

8位 清水寺/京都府

清水寺/京都府

【例年の開花時期】4月上旬~4月下旬まで
【桜の本数】約1,000本

あの有名な清水の舞台から満開の桜を見下ろす景色はまさに絶景。舞台を下り、奥の院へ進むと、清水の舞台と桜を一望できます。夜のライトアップされた桜も昼間とはひと味違う、幻想的な雰囲気をまとっています。

清水寺

ライトアップあり

アクセス《車》鴨川東ICより約13分《バス》JR東海道線「京都駅」から京都市バス86系統(土・休日のみ運行)・100系統・110系統・206系統で約13〜15分、バス停「五条坂」から徒歩約5分
または、市営地下鉄「五条駅」から京阪バス82系統で約7分、バス停「京阪バス五条坂」から徒歩10分
または、市営地下鉄「五条駅」から京阪バス80系統で約12分、バス停「京阪バス五条坂」から徒歩約10分

料金《入園料(観桜期)》大人(高校生以上):500円、子ども(小・中学生):250円

営業時間3月4日〜3月13日、東山花灯路協賛/春の夜間特別拝観:06:00~21:30(最終受付:21:00まで)、3月14日〜3月25日:06:00〜18:00、3月26日〜4月3日(春の夜間特別拝観):06:00~21:30(最終受付:21:00まで)、4月4日〜6月30日:06:00〜18:00

URLhttps://www.kiyomizudera.or.jp/

 

9位 弘前公園/青森県

弘前公園/青森県
圧巻の夜桜 弘前公園 、© mko294、 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)

【例年の開花時期】4月下旬ごろ
【桜の本数】約2,600本

日本三大夜桜と日本三大桜名所にも選ばれた、日本を代表する花見スポット<弘前公園>。満開時、公園内にはソメイヨシノを中心に、シダレザクラやヤエザクラなど約50種約2,600本もの桜が咲きます。石垣の上にそびえたつ弘前城天守と桜の光景は日本一美しいとも称されています。

弘前さくらまつり:2022年4月23日~5月5日

ライトアップあり

アクセス《車》大鰐ICから約25分《バス》JR奥羽本線「弘前駅」から弘南バスで約15分、バス停「市役所前」から徒歩約4分

料金一部有料《弘前城本丸・北の郭》1日入園券:大人(高校生以上):320円、小・中学生:100円《弘前城植物園》1日入園券:大人(高校生以上):320円、小・中学生:100円《弘前城本丸・北の郭・弘前城植物園と藤田記念庭園》1日入園券:大人(高校生以上):520円、小・中学生:160円

営業時間24時間《有料区間》弘前城本丸・北の郭:07:00~20:00、弘前城植物園:09:00~18:00

URLhttps://www.hirosakipark.jp/

 

10位 白石川堤一目千本桜/宮城県

白石川堤一目千本桜/宮城県

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約1,200本

約8kmに渡って1,200本ものソメイヨシノが桜並木を作る<白石川堤一目千本松>。駅近なのでアクセスの良さも魅力的ですね。別途有料にて、お花見屋形船が運行しているので、「船からお花見」なんてちょっと贅沢もできちゃいます♪

おおがわら桜まつり:2022年4月1日~4月17日

ライトアップあり

アクセス《車》白石ICから約15分《電車》JR東北本線「大河原駅」から徒歩約3分

料金無料《お花見屋形船(仮情報)》大人(中学生以上):1,500円、小学生:800円、未就学児:無料

営業時間24時間

備考お祭りの開催期間は、開花状況により変更の可能性あり

URLhttps://www.town.ogawara.miyagi.jp/2820.htm(大河原町)

 

11位 高遠城址公園/長野県

高遠城址公園/長野県

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約1,500本

約1,500本のタカトオコヒガンザクラが植えられ、桜の色の美しさとその規模から「天下第一の桜」として古くから愛されています。高遠城址公園の桜はソメイヨシノと比べて、小振りで強いピンク色が特徴的。他とはひと味違う桜が楽しめます。

高遠さくらまつり:咲き始めから散り終わりまで、公園開きは2022年3月27日より(予定)

ライトアップあり

アクセス《車》伊那ICから約30分《バス》JRバス高遠線「伊那バスターミナル」からJRバス高遠線で約25分、高遠JRバス高遠線「高遠駅」から徒歩約15分

料金《入園料(観桜期)》大人(高校生以上):500円、子ども(小・中学生):250円、未就学児:無料

営業時間08:00~17:00、開花最盛期:06:00~22:00(最終入園:21:00)

URLhttps://takato-inacity.jp/2022/(伊那市観光協会)

 

12位 新倉山浅間公園/山梨県

新倉山浅間公園/山梨県

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約650本

「富士山」「五重塔」「桜」を1度に楽しめる、これぞ日本!な景観が海外の方にも人気のお花見スポットです。駐車場から数えて398段の階段を登りきった先には、絵に描いたような美しい絶景が目の前に広がります。

新倉山浅間公園桜まつり:2022年4月2日~4月17日(予定)

ライトアップなし

アクセス《車》河口湖ICから約15分《電車》富士急行線「下吉田駅」から徒歩約5分

料金無料

営業時間24時間

URLhttps://fujiyoshida.net/feature/sakura/index(ふじよしだ観光振興サービス)

 

13位 高田城址公園/新潟県

高田城址公園/新潟県
高田公園の夜桜、 © Koichi_Hayakawa 、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約4,000本

約4,000本ものソメイヨシノが高田城三重櫓とともに3,000個以上のぼんぼりに照らされ、お堀の水面に映し出される美しさは「日本三大夜桜」の1つに選ばれています。観桜会期間中には多くの露店も立ち並ぶので、花より団子派にもおすすめです。昼間ではなく、ぜひ夜に訪れたい名所ですね♪

高田城址公園観桜会:2022年3月26日~4月10日

ライトアップあり

アクセス《車》上越高田ICから約10分《電車》えちごときめき鉄道「高田駅」から徒歩約15分《バス》えちごときめき鉄道「高田駅」から徒歩約2分、「高田駅前案内所」からくびき野バス41宮口線で約10分、「高田城址公園入口」から徒歩約1分

料金無料

営業時間24時間

URLhttps://joetsukankonavi.jp/kanoukai/(上越観光コンベンション協会)

 

14位 五稜郭公園/北海道

五稜郭公園/北海道
桜の五稜郭 、© Goryokaku-Tower 、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)

【例年の開花時期】4月下旬~5月上旬まで
【桜の本数】約1,600本

北海道で桜を見るなら<五稜郭公園>と言っても過言ではありません!星型要塞に約1,600本もの桜が咲き、満開時にはさくら色の星を見ることができます。散り際、お堀に浮かぶ花びらが作る星も見事な絶景です。貸しボートもあるのでお堀からゆっくり桜を眺めるのもいいですね!

五稜郭公園

ライトアップなし

アクセス《車》赤川ICから約13分《電車》函館市電「五稜郭公園駅」から徒歩約15分
《バス》JR函館本線「函館駅」から函館バスで約16分、バス停「五稜郭前」から徒歩約15分
または、JR北海道「函館駅」から函館バスで約16分、バス停「五稜郭公園入口」から徒歩約7分
または、JR函館本線「函館駅」から函館バス「五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス」で約15分、「五稜郭タワー前」から徒歩約30秒

料金《展望料金》大人(高校生以上):900円、中・高校生:680円、小学生:450円、未就学児:無料

営業時間五稜郭タワー:09:00〜18:00(当面は営業時間を短縮)

URLhttps://www.hakodate-jts-kosya.jp/park/goryokaku/(函館市住宅都市施設公社)

 

15位 仁和寺/京都

仁和寺

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約550本

遅咲きと背丈の低さが特徴的な「御室桜(おむろざくら)」が、中門内の西側一帯に200本ほど咲き誇ります。私たちの目の高さで咲く御室桜の林は、国指定の名勝にも選ばれるほどの美しさです。淡い緑色の花を咲かせる御衣黄(ぎょいこう)という桜など、珍しい品種の桜も探してみてください!

御室花まつり:特別入山期間2022年3月19日~5月8日(予定)

ライトアップなし

アクセス《車》京都南IC・京都東ICから約40分《電車》京福電鉄(嵐電)「御室仁和寺駅」から徒歩約3分
《バス》JR「京都駅」から京都市バス26番で約40分、バス停「御室仁和寺」からすぐ
または、京阪「京阪三条駅」から京都市バス10番・15番で約40分、バス停「御室仁和寺」からすぐ
または、阪急「阪急大宮駅」から京都市バス26番で約30分、バス停「御室仁和寺」からすぐ
または、阪急「西院駅」から京都市バス26番で約25分、バス停「御室仁和寺」からすぐ

料金《拝観料金(御室花まつり 特別入山料)》大人:500円、高校生以下:無料

拝観時間3月〜11月:09:00~17:00(受付終了16:30)、御室花まつり期間の時間:08:30~17:30(受付終了:17:00)

URLhttps://ninnaji.jp/news/omuro-flower-festival-2/

 

16位 上野恩賜公園/東京都

上野恩賜公園/東京都

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約1,200本

江戸時代初期から桜の名所として知られ、東京を代表する桜の名所の1つです。ソメイヨシノやヤマザクラなど約50種類の桜が植えられています。ソメイヨシノが散り始めると、清水観音堂内にある「秋色桜」という有名なシダレザクラが満開に。長期間桜を楽しめるのは嬉しいですね。祭り期間中には、ぼんぼりが灯され、夜桜も楽しむことができます。

うえの桜まつり:中止

ライトアップあり

アクセス《車》有明ICから約16分《電車》JR・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩約2分または、京成線「京成上野駅」から徒歩約1分

料金無料

営業時間05:00~23:00(時間外は立ち入り禁止)

URLhttps://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/toubuk/ueno/index_top.html

 

17位 隅田川/東京都

隅田川

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約1,000本

駅近でアクセスしやすく、「日本さくら名所100選」にも選ばれている定番のお花見スポットです。隅田川の両岸約1kmに渡って、桜並木が続き、スカイツリーと桜のコラボレーションも楽しめちゃいます。屋形船や水上バスからの桜見物もおすすめです。

隅田公園桜まつり:中止

ライトアップあり

アクセス《電車》「浅草駅」から徒歩約5分

料金無料

営業時間24時間

URLhttps://www.city.taito.lg.jp/kenchiku/hanamidori/koen/sumidapamphlet.html(台東区)

 

18位 六義園/東京都(臨時休園中)

六義園

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで

国の特別名勝にも指定されている大名庭園<六義園>では、シダレザクラやソメイヨシノが楽しめます。庭園正門近く、ライトアップされるシダレザクラは圧巻されるほど堂々とした佇まいです。庭園内の茶屋で甘酒や抹茶を飲みながら桜を眺める、そんな優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

六義園

ライトアップなし

アクセス《車》代々木ICから約17分《電車》JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩約7分または、都営地下鉄三田線「千石駅」から徒歩約10分

料金《入園料》大人(中学生以上*都内在住・在学の中学生は無料):300円、65歳以上:150円、子ども(小学生以下):無料

営業時間09:00~17:00(最終入園:16:30)

URLhttps://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about031.html(東京都公園協会)

 

19位 霞ヶ城公園/福島県

霞ヶ城公園/福島県

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで
【桜の本数】約2,500本

桜が満開に咲く様が、霧がかかったように見えることから名付けられたともいわれています。ソメイヨシノを中心に約2,500本もの桜が咲き、その幻想的な様子は「日本さくら名所100選」にも選ばれています。ライトアップされた夜桜は別世界を思わせるような美しさです。

霞ヶ城公園桜まつり:2022年4月3日~5月8日

ライトアップあり:18:00~21:00

アクセス《車》二本松ICから約5分《電車》JR東北本線「二本松駅」から徒歩約20分

料金無料

営業時間24時間

URLhttps://www.nihonmatsu-kanko.jp/?p=672(二本松市観光連盟)

 

20位 平安神宮/京都

平安神宮

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約300本

文豪・谷崎潤一郎の著書『細雪』のなかで「夕空にひろがっている紅の雲」と表現されたベニシダレザクラが有名です。約20種類300本もの桜と色鮮やかな社殿が作り出す華やかな景観はまさに絶景です。

平安神宮

ライトアップなし

アクセス《車》京都東ICから約20分《電車》市営地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約10分または、京阪鴨東線「三条駅」「神宮丸太町駅」から徒歩約15分
《バス》東海道本線JR「京都駅」から京都市バス5系統、洛バス100号・110号系統で約30分、バス停「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩約5分
または、阪急「河原町駅」から京都市バス5系統、46系統、32系統で約20分、バス停「岡崎公園 美術館・平安神宮前」「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」から徒歩約5分

料金一部有料《神苑拝観料金》大人:600円、子ども:300円

営業時間1月26日〜当面の間:06:00〜16:30

URLhttp://www.heianjingu.or.jp/

 

東京でおすすめ!桜の名所

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

【例年の開花時期】3月下旬~4月上旬まで
【桜の本数】約400本

公園内には約400本、池の周辺には約200本もの桜が咲く様子を見に、毎年多くの人が訪れる人気のお花見スポットです。手漕ぎボートやスワンボートに乗って、花吹雪や頭上の桜を眺めるのも素敵ですよね♪

井の頭恩賜公園

ライトアップあり

アクセス《車》調布IC・高井戸ICから約20分《電車》JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」から徒歩約15分

料金無料

営業時間24時間

URLhttps://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jimusho/seibuk/inokashira/index.html

 

東京ミッドタウン

東京ミッドタウン
写真提供:東京ミッドタウン

【例年の開花時期】3月中旬~4月上旬まで

桜や季節の花々で美しく彩られる東京ミッドタウンでは、「MIDTOWN BLOSSOM 2022」が開催され様々なコンテンツが楽しめます。ミッドタウン・ガーデン内では自然豊かな「春の散歩道」や、期間限定の食事やスイーツなどを提供する「MIDTOWN BLOSSOM SELTZER LOUNGE」で春を満喫。ラウンジ内には期間限定のフラワーショップが初登場し、お土産にお花をお買い求めいただくこともできます。また、館内には大型の花装飾「Spring Flower Display」が展示され春のおもてなしに目が奪われます。

MIDTOWN BLOSSOM 2022:2022年3月18日~4月17日

ライトアップあり

アクセス《電車》都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木駅」からすぐ、または東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩約3分、東京メトロ南北線「六本木一丁目」から徒歩約10分

電話番号03-3475-3100

営業時間最新の営業状況は公式HPをご確認ください。

URLhttps://www.tokyo-midtown.com/jp/

 

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

【例年の開花時期】3月下旬~4月中旬まで
【桜の本数】1,500本

広大な園内には約1,500本、約30品種の桜があり、樹齢40~50年のソメイヨシノを中心にゆったりとお花見が楽しめる「桜の園」や、残堀川のさくら橋近くにある「旧桜の園」がおすすめです。約700mの渓流沿いに色とりどりのチューリップが咲き誇る「渓流広場」も春の見所の1つ。広い敷地でソーシャルディスタンスをとりながらお花見しやすく、遊び場も豊富なため、ファミリーにはぴったりのスポットです。

国営昭和記念公園

ライトアップあり

アクセス《車》府中ICから約30分《電車》JR中央線「立川駅」から徒歩約10分または、多摩都市モノレール「立川北駅」から徒歩約8分または、JR青梅線「西立川駅」から徒歩約2分

料金大人(15歳以上):450円、小・中学生:無料

営業時間3月1日〜10月31日:09:30~17:00、みどりの文化ゾーン(無料エリア) 3月1日〜春分の日前日:08:30~17:00、春分の日〜3月31日:08:30〜17:30、4月1日〜9月30日:08:30〜18:00

URLhttps://www.showakinen-koen.jp/

 

京都でおすすめ!桜の名所

元離宮二条城

【例年の開花時期】3月下旬~4月下旬まで
【桜の本数】約300本

世界遺産として有名な<二条城>と約50品種300本の桜を楽しめるお花見スポット。二条城桜まつり期間中はライトアップされ、最先端のプロジェクションマッピングを使用した桜バージョンの体験型アート展なども行っています。二条城の桜を楽しむなら夜がおすすめです!

二条城桜まつり:2022年3月18日~4月17日(予定)

ライトアップあり

アクセス《車》京都東・京都南ICから約30分《電車》市営地下鉄東西線「二条城駅」からすぐ、JR嵯峨野線「二条駅」から徒歩約17分
《バス》JR東海道本線「京都駅」から京都市バス9系統・50系統・急行101号・111号(二条城・金閣寺Express)系統で約16分、バス停「二条城前」からすぐ

料金《入域料(二の丸御殿観覧料を含む》大人(高校生以上):1,030円、中・高校生:350円、小学生:200円、未就学児:無料《ライトアップ》中学生以上:1,400円、小学生:800円(金・土・日祝 中学生以上:1,800円、小学生:1,200円)

営業時間通常観覧:08:45~16:00(閉城17:00)、ライトアップ:18:00〜21:00(閉城22:00)

URLhttps://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/event/sakura2022/

 

嵐山

嵐山

【例年の開花時期】3月中旬〜4月下旬
【桜の本数】約1,500本
ウェザーニュースでは人気1位のお花見スポット。春の桜、秋の紅葉と四季折々の自然が堪能できる代表的な景勝地で、桜の開花中は山全体が薄紅色に染まります。いにしえの時代から歌枕として、都人によりその美しさが歌に詠まれてきました。渡月橋越しのほか、周辺には広沢池や祇王寺、二尊院などお花見スポットも多数。

嵐山

ライトアップなし

アクセス《車》京都南ICから約25分《電車》京福電車(嵐電)「嵐山駅」から徒歩2分または、阪急嵐山線「嵐山駅」から徒歩約8分または、JR嵯峨線「嵐山駅」から徒歩10分

料金無料、施設により異なる

営業時間24時間

 

淀川河川公園背割堤地区

淀川河川公園背割堤地区

【例年の開花時期】4月上旬
【桜の本数】約220本

全長1.4kmの堤防上に続く221本の桜のトンネルは、満開時には圧巻の一言に尽きる美しさ。2018年9月の台風21号により大きな被害に見舞われたものの、順調な回復を遂げた人気の桜スポットです。背割堤の園路や三川合流地域のランドマーク「さくらであい館」展望塔から、雄大な桜の景観を楽しめます。ジョルダンランキングではNo.1に輝きました。

背割堤さくらまつり:2022年3月26日~4月5日(予定)

ライトアップなし

アクセス《車》大山崎IC・御山淀ICから約10分《電車》京阪電車「石清水八幡宮駅」から徒歩約10分《バス》阪急「西山天王山駅」から臨時シャトルバスで約15分、バス停「さくらであい館」からすぐ

料金《さくらであい館展望塔(観桜期)》大人(高校生以上):300円、子ども(小・中学生):100円、6歳未満:無料《さくらであいクルーズ》大人(中学生以上):1,500円、子ども(小学生):500円、幼児:大人1名につき1名まで無料(2人目から子ども料金が必要)《お花見舟Eボート》大人(中学生以上):1,000円、子ども(小学生以下):500円

営業時間さくらであい館展望塔:09:00〜16:30(最終受付:16:20まで)、さくらであいクルーズ:始発便10:00発〜最終便16:00発、お花見舟Eボート:始発便09:30発〜最終便16:00発

URLhttps://www.yodogawa-park.jp/sakurafes/

 

番外編【穴場】スポット4選

花見山/福島県

花見山/福島県

【例年の開花時期】4月上旬~4月中旬まで

福島に桃源郷ありといわれる程の絶景を誇る<花見山公園>。ソメイヨシノ、トウカイザクラなど数種類の桜と、ウメ、レンゲキョウ、ハナモモなど約70種類もの花々が咲く様子は、別世界に迷い込んでしまったかのような非日常的な美しさです。

花見山

ライトアップなし

アクセス《車》福島西ICから約30分

料金無料

営業時間24時間

備考個人所有地につき、夜間から早朝にかけての来訪はご遠慮ください

URLhttps://www.hanamiyama.jp/

 

角館・武家屋敷通り/秋田県

角館・武家屋敷通り/秋田県1角館・武家屋敷通り/秋田県2角館・武家屋敷通り/秋田県3提供:一般社団法人 田尻湖・角館観光協会

【例年の開花時期】4月下旬~5月上旬まで
【桜の本数】約400本

まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような街並みに佇む、武家屋敷の黒板塀とシダレザクラの桜色は趣のある風景を創り出しています。国の天然記念物に指定されている桜を含め、約400本もの桜が訪れる人々の目を楽しませてくれます。もちろん晴れの日も素敵ですが、雨の中のお花見もなかなか風情がありますよ。

角館の桜まつり:4月20日~5月5日予定

ライトアップあり

アクセス《車》大曲ICから約40分《電車》JR秋田新幹線・田沢湖線「角館駅」から徒歩約20分

料金無料

営業時間24時間、ライトアップ:17:30〜21:00頃

URLhttps://www.tohokukanko.jp/sozaishu/detail_1007122.html(東北観光推進機構)

 

三春滝桜/福島県

三春滝桜/福島県

【例年の開花時期】4月中旬から4月下旬

樹齢は1,000年以上と推定される、日本三大桜の1つ<三春滝桜>。天然記念物にも指定されており、大きく伸びた枝から満開に咲く桜の様子がまるで滝のように見えたことから滝桜と付けられたとも言われています。1本の樹とは思えないほど大きく、その姿は圧巻です!

三春滝桜

ライトアップあり:18:00~21:00

アクセス《車》三春ICから約20分《バス》JR磐越東線「三春駅」から福島交通バス 臨時滝桜号で約17分、バス停「三春滝桜」からすぐ

料金《観桜料》大人:300円、子ども(中学生以下):無料

営業時間06:00〜18:00

URLhttp://miharukoma.com/experience/183(株式会社三春まちづくり公社)

 

日中線記念自転車歩行者道/福島県

日中線記念自転車歩行者道/福島県1

日中線記念自転車歩行者道/福島県2

【例年の開花時期】4月中旬~4月下旬まで
【桜の本数】約1,000本

旧国鉄日中線の跡地を利用した遊歩道沿いに約1,000本のシダレザクラが咲き、道中にはSLが展示されています。SLと濃いピンク色のシダレザクラとのコンビネーションは、ぜひ写真におさめたい景観です。お花見スポットとしても、撮影スポットとしても押さえておきたいですね!

喜多方さくらまつり:2022年4月8日~4月27日

ライトアップあり:4月9日~4月18日18:30~20:00

アクセス《車》会津若松ICから約25分《電車》JR磐越西線「喜多方駅」から徒歩約5分

料金無料

営業時間24時間

URLhttps://www.gurutto-aizu.com/detail/476/index.html(喜多方観光物産協会)

関連情報

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる