シシ・トゥク

絶品アラブ料理15選!ドバイグルメの特徴や味、東京で食べられるお店まで!

2022/09/20

86views

 

レバノン料理をはじめ、様々な絶品アラブ料理を楽しめるドバイ。旅行で訪れた際はドバイのグルメを満喫するためにも、事前にどのような料理があるのかを知っておきたいですよね。メイン料理からスイーツまで、いろいろな種類のアラブ料理をご紹介しつつ、東京でおいしいアラブ料理が食べられるお店まで徹底解説!これを読めばあなたもアラブ料理通になること間違いなし!

新型コロナウイルス感染拡大の影響や感染防止のため、営業時間や料金などが変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットの最新情報をご確認ください。

アラブ料理ってどんな料理?特徴は?

アラブ料理イメージ

アラブ(アラビア)料理は、アラブの食文化だけではなく中東や地中海地域など幅広いイスラム文化圏の食文化が含まれた料理です。世界三大美食の1つに数えられるトルコ料理やシリア料理、レバノン料理などが有名です。イスラム教の教えに則った調理法と食材で料理されるアラブ料理は、中東の暑い気候でも健康的に生活できるよう、様々なスパイスやハーブ、柑橘類、オリーブ油などをふんだんに使って味付けされているのが特徴。お米を使った料理も多いので、日本人の口にも合いますよ。

人気のアラブ料理10選!

フムス(ホンモス)|ひよこ豆のペースト

フムス

ひよこ豆をすりつぶし、オリーブオイルやタヒーニと呼ばれるゴマのペーストを混ぜ合わせながらペースト状にしたもの。中東や地中海地域では前菜として親しまれている料理ですが、栄養価の高さから、近年はダイエット食として世界中で提供されるようになりました。ホブスあるいはピタパンと呼ばれる平たいパンに付けて食べるのが定番ですが、ドレッシング代わりにサラダにかけたり、サンドイッチに挟んだりと色々な食べ方が楽しめます。

東京で食べられるお店

広尾にあるArabian Restaurant Zenobiaではシリア人シェフが手がける、ホンモスをはじめとした本格的なアラブ料理が楽しめます。 歓送迎会や忘年会などで利用できるパーティーメニューも提供しています。

 

ファラフェル|ひよこ豆のコロッケ

ファラフェル

ひよこ豆を水につけてやわらかくして潰し、パセリやクミン、コリアンダーなどのハーブ、スパイスを加えて成形し、素揚げにしたアラブ風コロッケ。揚げ物ですが、栄養価の高いひよこ豆がベースなので、ベジタリアンやビーガンの間でもヘルシーな料理として人気が高まり、今では中東以外の地域でもよく見かけることが多くなりました。そのままつまんで食べても、ヨーグルトやタヒーニを付けて食べても美味。揚げたてはサクサクした食感と香ばしさが楽しめます。

東京で食べられるお店

Arabic Restaurant & Cafe Abu Essam(アブイサーム)は、庶民的な屋台グルメや日常的や家庭料理がリーズナブルなお値段で手軽に楽しめるカフェ。 代表的な屋台メニューのケバブサンドやファラフェルサンドなどは注文を受けてから調理を始めるので、作りたてが味わえます。

 

ムタッバル|焼きナスのペースト

ムタッバル(イメージ)

アラブ料理では定番の前菜の1つです。ナスを焦げつくまで焼いて中身がトロトロの状態になったら皮を剥き、すりつぶしてペースト状にし、ゴマペーストやヨーグルト、レモン汁を混ぜて味付けした一品。盛り付ける際は中央部分をくぼませて、オリーブオイルを回しかけるのが定番です。クセがなく優しい味で、ディップのようにピタパンに付けて食べるとおいしいですよ。

東京で食べられるお店

池袋にあるアラビアンレストラン・パルミラは、シリア料理を中心としたアラビア料理を提供する本格派レストラン。 レバノン人シェフが手がけるメニューはおいしくヘルシーで、日本人の好みにも合っています。

 

ケバブ|炭火焼きや串刺しのグリル肉

ケバブ

ケバブというと、よく屋台で見かける回転式のドネルケバブが思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、アラブ料理でのケバブは、肉をそのまま、あるいは串刺しなどにして炭火で焼いた料理の総称です。イスラム教では豚肉を食べるのが禁じられているため、牛肉や羊肉、鶏肉が使われます。グリルの上でジュージューと音を立てて焼き上がる様子を見ていると、ついつい生唾が込み上げますね。肉好きにはたまらない一品です。

東京で食べられるお店

神田AL MINA(アルミーナ)は、東京初のアラブ料理レストランとしてオープンした歴史あるお店で、パレスチナ人シェフが腕を振るう本格アラブ料理が楽しめます。定番のシシケバブやミックスケバブ、コフタケバブなど、アラカルトメニューも豊富です。

 

レンティル・スープ|レンズ豆の定番スープ

レンティル・スープ

中東地域では定番中の定番ともいえるあっさりした塩味のスープです。レンズ豆とタマネギなどの野菜を加熱してすり潰し、スパイスやチキンスープストックなどで味を整えて仕上げます。エジプトやトルコ、シリアなど、地域によって作り方に差があります。栄養満点でまさにアラブ版のお味噌汁、お袋の味です。疲れた日の朝に食べると優しい味が身に染みて、心も体もポッカポッカになりますよ。

東京で食べられるお店

大都会の真ん中にいながら、まるでアラビアンワールドに迷い込んだかのような重厚かつ豪華な内装のCARVAAN TOKYO (カールヴァーン トウキョウ)。コース料理などでレンティル・スープを楽しめます。

 

タブーレ|パセリ中心の前菜サラダ

タブーレ

タブーレとは、アラビア語では野菜を混ぜ合わせたものを意味します。レバノンやシリア、ヨルダンなどの地中海地域で古くから食べられている伝統のサラダです。ブルグ麦(ブルガー麦)という小麦を15分ほど水に浸してやわらかくし、賽の目に切ったトマト、みじん切りにしたタマネギやパセリ、ミントの葉と混ぜ合わせ、塩、コショウ、レモン汁、オリーブオイルなどで味を整えた一品。さっぱりした味わいで食べやすく、栄養価も高いのが魅力です。

 

シャワルマ|肉と野菜をピタパンで巻いたラップサンド

シャワルマ

ラム肉や牛肉、鶏肉、七面鳥肉などを幾重にも重ねてクルクルと回しながら直火で焼き、削ぎ落としたものを、野菜とともにホブスと呼ばれる薄いパンで巻いたラップサンドです。ヨーグルトソースなどをトッピングして食べます。トルコやシリア、レバノンなどの中東・地中海地域の路上で売られているアラブ版ファストフード。野菜のシャキシャキした食感とともにジューシーな肉の旨みが口全体に広がります。

 

ラブネ|水切りヨーグルトのようなヤギ乳チーズ

ラブネ

ヤギのミルクから作られる濃厚でクリーミーな味わいのヨーグルトです。スパイシーな肉料理にかけると味がまろやかになるため、家庭ではドレッシングの代用品として大活躍。パンに塗って野菜や肉と一緒に食べたり、クラッカーをディップしたり、オリーブオイルやスパイスを混ぜたりと、楽しみ方は人それぞれ。一口サイズに丸く固めて食べる場合もあります。

 

シシ・トゥク|アラビアン焼き鳥

シシ・トゥク

スパイスでよくマリネした鶏肉を串に刺し、炭火で焼くアラブ風焼き鳥料理。間にピーマンやタマネギなどの野菜を挟んだりして焼きます。じっくり焼くうちに程よく脂も落ちているため、しつこさがなくヘルシーな一品です。ドバイでも人気の肉料理で、軽く付いた焦げ目が食欲をそそります。食感はやや硬めですが、肉のさっぱりした旨みが口に広がり、お酒のおつまみにもぴったり!

 

マチュブース(マクブース)|スパイシーな米料理

マチュブース(イメージ)

お米をたっぷりのスパイスで味付けし、肉や魚などと一緒に炊き上げたアラビア風炊き込みご飯。肉料理などの付け合わせにもぴったりです。日本と同様、アラブ諸国やイスラム圏ではお米をよく食べる食文化があり、マチュブースも定番料理の1つ。旅先でお米が恋しくなった日本人には嬉しい一品です。日本米とは異なる細長いインディカ米が使われるため、肉や魚の旨みやスパイシーさとともに、パラパラとした食感を口の中で楽しめます。

 

アラブ料理のデザート5選!

バクラワ(バクラヴァ)|ナッツとパイ生地を重ねた伝統菓子

バクラヴァ

中東に訪れたらバクラワを食べずには帰れません。限りなく薄く伸ばしたパイ生地の上にクルミやピスタチオ、アーモンドなどのナッツを砕いたもの、砂糖、シナモンをはさみ、さらに何層にも重ねた状態にしてオーブンで焼き上げ、シロップをかけて完成です。口にほおばると、サクッとした食感とともに後引く甘みが広がります。激甘な味がクセになるという人続出の伝統スイーツです。

 

クナファ(カナーフェ)|ペストリーにチーズを入れたケーキ

塩気の多いクリームチーズを厚くのばした土台の上に、極細のパスタを重ねたペストリー生地をのせ、ハチミツをたっぷりかけて焼いたお菓子。ドバイをはじめ中東で広く普及しているスイーツで、朝食のメニューとしても人気です。濃厚な味わいながら甘すぎず食べやすいので、旅先でハマる観光客も少なくありません。お店によってスタイルが異なるので、ドバイに行ったらいろいろ食べ比べてみましょう。

 

ルゲマート|アラブ風1口サイズのドーナツ

ルゲマート

小麦粉にイーストを加えた生地を団子状にして油で揚げたアラブ風ドーナツで、伝統なおやつの1つです。揚げたてのうちに食べるのがおすすめで、外側がカリッとしているのに内側はモチモチした食感がたまりません。デーツのシロップやハチミツを垂らした上にゴマを振りかけて食べます。ドバイの家庭ではお母さんやおばあちゃんが手作りしたルゲマートが、子どもたちやお客さん向けによく出されます。

 

マアムール|デーツ入りクッキー風焼き菓子

マアムールはアラブの家庭ではおもてなしによく使われる伝統的な焼き菓子です。小麦粉に水とイースト、バターを加えて1つにまとめ、デーツのペースト、クルミやピスタチオなどのナッツ類、シナモンなどを練り込み、専用の木型で整形したものをオーブンで焼き上げます。木型の違いにより形状はバラエティに富んでいます。バターの風味たっぷりのサクサクのマアムールは、アラビア風コーヒーとの相性も抜群です。

 

ムハラビーヤ|アラブ風ミルクプリン

中東では定番のスイーツの1つ。ミルクを米粉やコーンスターチで固め、ピスタチオなどをトッピングしたプリンです。プルプルとしたババロアのような食感と、控えめな甘さでさっぱりと食べられるので、冷やさなくてもおいしさは変わらず。普段のおやつとして家庭でよく作られる一方、結婚式などでのおもてなし料理としても出されることが多く、オンオフ問わず大活躍のスイーツです。

 

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる