洞爺湖温泉

【洞爺湖観光は何がある?】定番スポット10選+札幌や新千歳空港からの「観光コース」

2021/12/15

17,665views

目次

  1. 【洞爺湖温泉】雄大な湖の景色と温泉に心も目も癒やされる!
  2. 洞爺湖のおすすめ観光スポットベスト10
    1. 夜は花火も!神秘の湖で優雅な船旅を楽しむ「洞爺湖遊覧船」
    2. 洞爺湖や羊蹄山の景色を独り占め!ヘリにも乗れる「サイロ展望台」
    3. 洞爺湖・中島に上陸!景色も楽しめるミュージアム「中島・湖の森博物館」
    4. 洞爺湖や有珠山の歴史が分かる「洞爺湖ビジターセンター・火山科学館」
    5. 有珠山の山頂まで約6分!絶景が出迎えてくれる「有珠山(うすざん)ロープウェイ」
    6. 洞爺湖とアートの融合が新しい体験を生み出す「とうや湖ぐるっと彫刻公園」
    7. 馬に乗って洞爺湖の豊かな自然を楽しむ「レイクトーヤランチ」
    8. おいしくビタミンチャージ!旬のフルーツを味わえる「そうべつくだもの村」
    9. 景色も温泉も大満足!何度でも訪れたくなる「洞爺湖温泉」
    10. 街の喧噪を忘れてゆったり自然と親しむ「月浦森林自然公園」
  3. 洞爺湖を1日楽しむ!観光モデルコース
  4. 【周辺情報①】札幌⇔洞爺湖の観光スポットとモデルコース
    1. ふきだし公園
    2. 定山渓温泉
    3. さっぽろ羊ヶ丘展望台
    4. 札幌市時計台
    5. 札幌から洞爺湖へ向かう1日モデルコース
  5. 【周辺情報②】新千歳空港⇔洞爺湖の観光スポットとモデルコース
    1. 登別温泉
    2. のぼりべつクマ牧場
    3. 支笏湖(しこつこ)
    4. 洞爺湖から新千歳空港へ向かう1日モデルコース
  6. 温泉と洞爺湖をゆったり楽しむ!おすすめのホテル
    1. ザ・ウィンザーホテル洞爺
    2. 洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
    3. 洞爺観光ホテル
    4. ザレイクビューTOYA乃の風リゾート
    5. 洞爺サンパレス リゾート&スパ

「翼の生えた大蛇が住んでいた」というアイヌの伝説が残る洞爺湖は、湖底火山の噴火によって誕生しました。この記事では、洞爺湖周辺のおすすめスポットや1日かけて洞爺湖を楽しむめぐり方、さらに新千歳空港や札幌を拠点とする観光モデルコースを紹介。上質な温泉や観光が楽しめる風光明媚なエリアでの、日帰り温泉の利用や宿泊に便利なホテルの情報も記載しています。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

【洞爺湖温泉】雄大な湖の景色と温泉に心も目も癒やされる!

洞爺湖温泉
洞爺湖温泉

洞爺湖の西南側に位置する「洞爺湖温泉」は、1910年(明治43)に湖畔の四十三山(よそみやま)が噴火した時、地盤が隆起している最中に発見された温泉です。

大正時代に入ると温泉宿が開業し、北の洞爺湖、南の有珠山に挟まれた風光明媚な温泉地として発展しました。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、冷え性や皮膚乾燥症などに効果的と言われています。

洞爺湖温泉では、湖の美景を眺めながら入れる温泉が多いのが魅力。さらに毎年4月下旬から晩秋までは「洞爺湖ロングラン花火大会」が毎夜開催され、夜空に打ち上がる花火が湖面に反射する様子を楽しめます。温泉街の周囲には、温泉発見のきっかけとなった四十三山のハイキングコースやロープウェイが整備されている有珠山があり、北海道の自然を堪能できます。

洞爺湖のおすすめ観光スポットベスト10

夜は花火も!神秘の湖で優雅な船旅を楽しむ「洞爺湖遊覧船」

遊覧船エスポアール

洞爺湖クルージングが楽しめる「遊覧船」は、静かな湖面をたたえる洞爺湖の魅力を五感で感じられるのが魅力。湖から湖畔の景色を見渡せるのみならず、夏期運行中は洞爺湖の象徴でもある湖の中の島「中島」に立ち寄ることもできます。
季節ごとに表情を変える雄大な洞爺湖を思う存分堪能しましょう。4月から10月にかけての時期は、ロングラン花火を間近で見られる花火観賞船も出航しています。

洞爺湖汽船

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約20分、バス停「洞爺湖温泉」から徒歩約8分

料金中島巡り遊覧船 大人:1,420円、子ども(小学生):710円|花火観賞船 大人:1,600円、子ども(小学生):800円

電話番号0142-75-2137

営業時間4月下旬~10月末日(30分毎に運航):09:00~16:30、11月~4月初旬(30分毎に運航):09:00~16:00、花火観賞船:20:30頃(冬季休止)

URLhttps://www.toyakokisen.com/

洞爺湖や羊蹄山の景色を独り占め!ヘリにも乗れる「サイロ展望台」

サイロ展望台

洞爺湖の西側にある「サイロ展望台」は、洞爺湖を眼下におさめる絶景スポットです。湖の中島や有珠山、さらに羊蹄山まで見渡すことができ、その美しさは時間を忘れて見入ってしまうほど。夏期には、ヘリコプターで上空から湖を一望できる「洞爺湖スカイクルージング」が実施されています。開放的なロケーションの中に売店や飲食店も併設されているので、ドライブ途中の休憩にもおすすめです。

サイロ展望台

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間35分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約40分(要予約)、バス停「サイロ展望台」から徒歩約5分

料金無料

電話番号0142-87-2221

営業時間売店:09:00~17:00|土・日・祝 レストラン:11:30~14:00、休み:不定休(中庭の展望台は通年入場可能)

URLhttps://toyako.biz/

洞爺湖・中島に上陸!景色も楽しめるミュージアム「中島・湖の森博物館」

中島・湖の森博物館
中島・湖の森博物館

洞爺湖に浮かぶ中島に建つ「中島・湖の森博物館」は、洞爺湖の自然や中島にまつわる展示を行っている小さな博物館です。
中島はありのままの自然が色濃く残るエリアで、島内散策の拠点にもなっています。屋外に足を向ければ、島から向こう岸を望むという、ひと味違う角度で洞爺湖の一面が見られます。冬季は遊覧船が中島に着船しないため、訪問前に開館時期を確認しておきましょう。

中島・湖の森博物館

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分、そこから遊覧船で約15分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約20分、バス停「洞爺湖温泉」から徒歩約8分、そこから遊覧船で約25分

料金大人:200円、子ども:100円

電話番号0142-75-4400

営業時間4月下旬~10月末:09:00~16:00、休み:11月~4月下旬

URLhttp://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/art_culture/atc007/(洞爺湖町役場)

洞爺湖や有珠山の歴史が分かる「洞爺湖ビジターセンター・火山科学館」

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館写真提供:洞爺湖町
洞爺湖ビジターセンター・火山科学館写真提供:洞爺湖町

洞爺湖の南にそびえる標高737mの有珠山は、有史以来たびたび大規模な噴火を繰り返してきた火山として知られています。「洞爺湖ビジターセンター・火山科学館」は、入場無料のビジターセンターと有料の火山科学館が併設されています。火山科学館では、有珠山の火山活動にまつわる事柄を展示しています。人知の及ばない圧倒的な火山のエネルギーを体感してみましょう。

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約15分、バス停「コミュニティーセンター前」から徒歩約5分

料金火山科学館 大人:600円、子ども:300円※ビジターセンターは無料

電話番号0142-75-2555

営業時間09:00~17:00、休み:年末年始

URLhttp://toyako-vc.jp/volcano/(火山科学館)

有珠山の山頂まで約6分!絶景が出迎えてくれる「有珠山(うすざん)ロープウェイ」

有珠山ロープウェイ
有珠山ロープウェイMt.USUテラス夏

昭和新山のふもとと有珠山の山頂を結ぶロープウェイです。大きな窓を設けた大きなゴンドラに乗れば、山頂まであっという間。令和3年(2021)にグランドオープンした山頂の「Mt.USU Terrace」からは、荒々しさを感じさせる昭和新山や神秘的な洞爺湖の絶景が楽しめます。併設されているカフェで、時間を忘れてゆったりと過ごしましょう。

有珠山ロープウェイ

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分

料金大人(中学生以上):1,800円、子ども(小学生):900円

電話番号0142-75-2401

営業時間08:00~18:00(季節により異なる)

URLhttp://usuzan.hokkaido.jp/ja/

洞爺湖とアートの融合が新しい体験を生み出す「とうや湖ぐるっと彫刻公園」

とうや湖ぐるっと彫刻公園
写真提供:洞爺湖町

洞爺湖を一周するように、およそ43kmの湖畔に沿って58基の作品が配置された、屋外のアートスポットです。中でもイゴール・ミトライさんが手がけた巨大な顔を思わせる作品『月の光』は、そのインパクトからカメラを向ける人が後を絶ちません。さらに美唄市出身の彫刻家・安田侃(やすだかん)さんの作品や、さっぽろ羊ヶ丘展望台のクラーク像を手がけたことで知られる坂担道(さかたんどう)さんの作品も展示されています。ドライブや徒歩で鑑賞できます。

とうや湖ぐるっと彫刻公園

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約15分、バス停「コミュニティーセンター前」から徒歩約10分

料金無料

電話番号0142-75-4400

営業時間24時間

URLhttp://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/art_culture/atc001/(洞爺湖町観光振興課)

馬に乗って洞爺湖の豊かな自然を楽しむ「レイクトーヤランチ」

レイクトーヤランチ
レイクトーヤランチ
ハーバルランチ
ハーバルランチ

洞爺湖の湖畔で乗馬体験ができる施設です。ただ馬に乗るだけでなく、火山が作り出してきた洞爺湖の、ダイナミックな自然を感じながらのホーストレッキングを楽しめるのが特徴で、乗馬初心者もOK。カウボーイ気分で、果てしなく広がる大自然の中を進めば、身も心もリフレッシュできるに違いありません。系列店の「ハーバルランチ」では、ハーブティー作りやハーブの蒸留体験もできます。

レイクトーヤランチ

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分

料金メニューによって異なる

電話番号0142-73-2455

営業時間09:30~16:30、休み:火(夏期:無休)

URLhttps://www.jphorseriding.com/toya/

おいしくビタミンチャージ!旬のフルーツを味わえる「そうべつくだもの村」

洞爺湖の南東側に位置する「そうべつくだもの村」は、複数の農家が栽培する果樹園が集まった、くだもの狩りのスポットです。季節ごとにサクランボやプラム、ブドウ、リンゴといったくだものが栽培されていて、7月頃から11月頃までくだもの狩りが楽しめます。もいでその場で食べる果実の味は、香り高くジューシー。洞爺湖めぐりの途中に立ち寄ってみてください。

そうべつくだもの村

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」から洞爺湖温泉を経由し道南バスで約40分、バス停「滝の町」から徒歩約10分

料金くだもの狩り 大人(中学生以上):1,100円、小学生:880円、3歳以上:660円

電話番号0142-66-2333(団体予約専用)

営業時間時期・施設により異なる

URLhttp://www.kudamonomura.com/

景色も温泉も大満足!何度でも訪れたくなる「洞爺湖温泉」

洞爺湖温泉足湯
写真提供:洞爺湖町

洞爺湖の西南側に位置する「洞爺湖温泉」は、100年以上の歴史を誇る景観抜群の温泉街です。見晴らしのいい露天風呂や展望風呂を備えた施設が多く、神秘的な洞爺湖の景色を眺めながらお湯につかってリラックスできます。夏は木々の緑が映え、秋になれば紅葉がしっとりと色づいて、旅情をかき立ててくれるに違いありません。温泉街には無料で利用できる足湯もあります。

洞爺湖温泉

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで約20分、バス停「コミュニティーセンター前」からすぐ

料金施設により異なる

電話番号0142-75-2446

営業時間施設により異なる

URLhttps://www.laketoya.com/

街の喧噪を忘れてゆったり自然と親しむ「月浦森林自然公園」

月浦森林自然公園
写真提供:洞爺湖町

洞爺湖の西側にある「月浦森林自然公園」は、加藤泰秋子爵の別邸跡地を整備した自然豊かな公園です。ここでは植物や野鳥、昆虫などの観察や森林浴を楽しむことができます。歴史を感じさせる大木に囲まれながら鳥の声や風の音に耳を澄まして、心やすらぐひとときを過ごしましょう。

月浦森林自然公園

アクセス《車》札幌から約2時間、新千歳空港から約1時間30分《バス》JR室蘭本線「洞爺駅」からバスで洞爺湖温泉を経由し約35分、バス停「月浦」から徒歩約5分

料金無料

電話番号0142-75-4400

営業時間例年 4月中旬~10月下旬:24時間、休み:11月~4月初旬

URLhttp://www.town.toyako.hokkaido.jp/tourism/park/prk005/(洞爺湖町観光振興課)

洞爺湖を1日楽しむ!観光モデルコース

10:00 ①「洞爺湖遊覧船」の乗り場からスタート。優雅な湖クルージングの旅へ
↓徒歩すぐ
11:30 ②「とうや湖ぐるっと彫刻公園」で屋外アート鑑賞
↓車で10分
12:45 ③「有珠山ロープウェイ」で有珠山の山頂に登り、絶景とランチを楽しむ
↓車で10分
14:30 ④「洞爺湖ビジターセンター・火山科学館」に立ち寄り火山の力を体感
↓車で15分
16:00 ⑤「サイロ展望台」から洞爺湖の美景を堪能
↓車で12分
17:30 ⑥「洞爺湖温泉」で足湯に入り、ショッピングや食事を楽しむ

21:05 ⑦「洞爺湖ロングラン花火大会」を見て旅の終了

【周辺情報①】札幌⇔洞爺湖の観光スポットとモデルコース

ふきだし公園

ふきだし公園 湧水口

羊蹄山の北東、道道478号沿いにある公園は、豊富な地下水が湧き出すことから、開拓当時から神聖な場所として大切にされてきたスポットです。長い年月をかけて羊蹄山の地下で磨かれた水は、まさに自然からの贈りもの。昭和60年(1985)には環境庁(現・環境省)の「名水百選」にも選ばれました。園内にある道の駅「名水プラザ」では、名水を使った本醸造酒やスイーツなどが販売されています。

定山渓温泉

定山渓温泉

「定山渓温泉」は札幌市南区にある温泉地です。温泉街を歩くと、いたる所にかっぱのモチーフが使われているのに気がつくはず。と言うのも、定山渓には、川に沈んだ青年がかっぱと結婚したという「かっぱ伝説」が残っているのです。定山源泉公園の足湯や山あいののどかな風景を楽しみながら、かっぱを探して散策するのも楽しいですよ。泉質はナトリウム塩化物泉で、体が芯から温まります。

さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台

札幌市豊平区にある「さっぽろ羊ヶ丘展望台」は、右手を差し出すポーズを取るクラーク博士像で有名な公園です。高台から札幌の市街地を見下ろすことができ、広大な敷地は季節ごとに彩りを変え、北の大地の美しさを教えてくれます。クラーク博士像や大自然をバックに、記念撮影を楽しみましょう。ジンギスカンや白い恋人ソフトクリームといった名物グルメも味わえます。

札幌市時計台

札幌市時計台

「札幌市時計台」は札幌市中央区にある定番スポットです。もともとは札幌農学校の演武場として明治11年(1878)に建てられた施設で、クラーク博士の構想が礎になっています。時計塔が設置されたのは完成後のことで、初めて時計として時を知らせたのは明治14年(1881)のことでした。現在は内部が見学可能で、時計台の歴史に関する展示を見ることができます。ベンチに座っているクラーク博士像もあり、並んで記念撮影できるスポットとして人気を集めています。

札幌から洞爺湖へ向かう1日モデルコース

09:00 ①JR「札幌駅」周辺でレンタカーを借りて観光スタート!
↓車で25分
09:25 ②「さっぽろ羊ヶ丘展望台」クラーク博士像との記念撮影やおいしいスイーツを楽しむ
↓車で1時間30分
12:30 ③洞爺湖方面へ向かうドライブの途中で「ふきだし公園」へ。水のある風景に癒やされつつ腹ごしらえ
↓車で40分
14:30 ④「サイロ展望台」で洞爺湖の美景を堪能
↓車で5分~
15:30 ⑤洞爺湖の湖畔を時計回りに移動しつつ「とうや湖ぐるっと彫刻公園」でアートめぐり
↓車で40分~
17:00 ⑥「洞爺湖温泉」の足湯でひと休みして食事やショッピングを楽しむ

【周辺情報②】新千歳空港⇔洞爺湖の観光スポットとモデルコース

登別温泉

登別温泉

登別市の「登別温泉」は、硫黄泉・塩化物泉・硫酸塩泉など9種類もの泉質が楽しめる、世界的にも珍しい温泉地です。江戸時代には存在が知られていましたが、温泉地となったのは明治に入ってからのこと。日露戦争の際には、傷病兵の保養地にも指定されました。伝統ある旅館やホテルが軒を連ねるなか、日帰り入浴が楽しめる施設も多く、上質な温泉を気軽に楽しめます。

のぼりべつクマ牧場

のぼりべつクマ牧場

「のぼりべつクマ牧場」は、日本国内で北海道にしかいないヒグマが飼育されている施設です。ガラス越しに見る巨大なヒグマは迫力満点!しかし、エサやり体験では愛嬌たっぷりのしぐさ。おねだりしてくる様子に思わずほっこりすること間違いなし。

タイミングが合えば、テディベアのようにかわいい子グマにも会えるかもしれません。牧場への唯一の交通手段であるロープウェイからの眺めもよく、乗るだけでワクワク感を高めてくれます。

支笏湖(しこつこ)

支笏湖
支笏湖

「支笏湖」は洞爺湖と新千歳空港の間に位置する湖です。洞爺湖と同じカルデラ湖に分類される湖は、冬でも凍らない「不凍湖」としても知られています。湖水の透明度が高く、「支笏湖ブルー」と呼ばれる澄んだ青色は、訪れる人の心を惹きつけてやみません。湖の東側は、湧き出る温泉によって生まれた温泉街が広がっていて、遊覧船や高速艇でのクルージングや日帰り温泉も楽しめます。

洞爺湖から新千歳空港へ向かう1日モデルコース

09:00 ①少し早起きして「洞爺湖温泉」を出発!
↓車で2分
09:02 ②混雑する前に「洞爺湖ビジターセンター・火山科学館」を見学
↓車で15分
10:30 ③「有珠山ロープウェイ」に乗り、見晴らしのいい山頂でひと休み
↓車で50分
13:30 ④「のぼりべつクマ牧場」に立ち寄り、ヒグマへのエサやり体験を楽しむ
↓車で1時間
16:00 ⑤「支笏湖」の豊かな自然を堪能しつつ、日帰り入浴を利用してさっぱり
↓車で40分
18:00 ⑥「新千歳空港」で旅の終了

温泉と洞爺湖をゆったり楽しむ!おすすめのホテル

ザ・ウィンザーホテル洞爺

日帰り温泉:×

「ザ・ウィンザーホテル洞爺」は、平成20年(2008)に主要国の首脳が会議を行った「北海道洞爺湖サミット」の会場となったことで知られるリゾートホテルです。和の情緒を感じさせてくれる温泉「山泉」のほか、トリートメントやアロマテラピーを受けられるリゾートスパも完備。鉄板焼きレストランやフレンチダイニングでは、本物の味に舌鼓を打ちながら優雅なひとときを楽しめます。非日常感に彩られた客室の窓からは洞爺湖の自然が望め、四季折々の風景に癒やされます。

ホテル詳細はこちら

洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス

洞爺湖万世閣ホテル-温泉写真提供:洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
ちゃますゆ夏洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス写真提供:洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス
洞爺湖万世閣ホテル客室例年4/28~10/31までまで洞爺湖ロングラン花火大会が行われます 写真提供:洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス

日帰り温泉:◯

昭和16年(1941)に開業した歴史あるリゾートホテルです。名前の通り洞爺湖の湖畔にたたずむホテルの客室の多くがレイクビュータイプ。いつでも洞爺湖を見渡せるのが魅力です。最上階の大浴場「星の湯」は平成30年(2018)にリニューアルオープンし、湖の景色が湯船と1つになる”インフィニティ露天風呂”になりました。見晴らしのいいビュッフェレストランでは、自社製のチーズや燻製のほか北海道の食材をふんだんに使った約90種の料理が楽しめます。

ホテル詳細はこちら

洞爺観光ホテル

日帰り温泉:◯

ほぼすべての部屋から洞爺湖の雄大な景色を眺められる、洞爺湖温泉街の中心部近くのホテル。和室や和洋室の客室は、畳の上でほっとくつろげるのも魅力。温泉は見晴らしのよいパノラマ大浴場や和の情緒たっぷりの露天風呂、さらに独特の雰囲気を放つ洞窟風呂、檜造りの貸切風呂と、バリエーション豊か。

ザレイクビューTOYA乃の風リゾート

日帰り温泉:✕

春から秋にかけて毎日開催される「洞爺湖ロングラン花火大会」が、全室レイクビューの客室から楽しめるリゾートホテルです。最上階にある大浴場「EZOFUJI」や、その上の天空露天風呂「TENQOO」からは、洞爺湖の素晴らしい景色が何者にも遮られることなく堪能できます。
館内にはセレクトショップやカフェ、リラクゼーションスパにスポーツ観戦ライブカフェといった魅力的な施設が揃っていて、自由気ままに過ごせるのが魅力。ホテルステイも観光も楽しみたい旅行者のわがままを叶えてくれます。

ホテル詳細はこちら

洞爺サンパレス リゾート&スパ

洞爺サンパレス
洞爺サンパレス
洞爺サンパレス※客室イメージ

日帰り温泉:◯

「洞爺サンパレス リゾート&スパ」は洞爺の絶景に包まれるちょっと贅沢な大人のリゾートホテルです。季節や時刻が変わるごとに違った表情を見せる洞爺湖と一体となるインフィニティ設計の露天風呂では、格別な開放感とゆっくりと寛ぎのひとときが過ごせます。さらに温泉だけでなく、家族やカップルで楽しめるプール「ウォーターランド」も日帰りで利用可能。(土・日・祝や冬休みなど連休のみ営業)プールで思いっきり遊んで、温泉でゆっくり寛ぐ、心も体も満たされるホテルです。

ホテル詳細はこちら

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる