渡嘉敷島

【沖縄】渡嘉敷島でおすすめの観光スポットと楽しみ方

更新:2022/02/08

27,911views

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

せっかくの沖縄観光なら離島へも足を延ばしたいですよね。本島からのアクセスが良い渡嘉敷島は、フェリーや高速船を利用して気軽に行ける島として人気!美しく透明度の高いビーチでは、ウミガメやカラフルな熱帯魚に出会えるダイビング・シュノーケリングも満喫できます。おすすめのホテルやレンタカーなどについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ケラマブルーの海に癒やされる。渡嘉敷島の魅力

渡嘉敷島
©OCVB

那覇市から約32kmの沖合に浮かぶ「渡嘉敷島」は、慶良間諸島の中で一番大きな島です。周辺海域は世界屈指の透明度を誇ることで知られ、その美しさは「ケラマブルー」と称されています。
2014年には、慶良間諸島の海が沖縄で2番目の国立公園に指定されました。美しい海を求め、世界中からダイバーが訪れるスポットとしても有名です。

那覇市の柏港から高速船で約35分という近さも渡嘉敷島の魅力でしょう。本島からの移動時間が短いので、その分観光に時間を使うことができますね。

ウミガメの遭遇率が高いビーチ、絶景が眺められるたくさんの展望台など、見どころたっぷりの渡嘉敷島。マリンスポーツでアクティブに過ごしたい人、のんびりと島時間を堪能したい人、どちらにもおすすめできる場所です。

 

自然を存分に楽しんで!渡嘉敷島のおすすめ観光スポットと楽しみ方

弓型の白浜に透き通った海。マリンスポーツも楽しめる阿波連ビーチ

渡嘉敷島の南西に位置する「阿波連(あはれん)ビーチ」は、島を代表する人気のビーチです。ショップや民宿などが集まる地区からも近く、シーズン中には多くの人で賑わっています。

人気の理由はなんといってもケラマブルーの海と真っ白な砂浜!青い空と白い砂浜のコントラストは沖縄のイメージそのものです。穏やかな浅瀬が続くので、子どもと一緒に楽しめるのも魅力ですよ。トイレ・シャワーも完備していて、レンタルショップも充実しています。

阿波連ビーチ
©OCVB

人気のビーチをより満喫したいなら、シュノーケリングやシーカヤックなどのマリンスポーツでアクティブに体を動かしましょう。阿波連ビーチには色とりどりの魚やサンゴが生息していて、シュノーケリングが楽しめるスポットとしても有名です。

また、ビーチの沖合800mほどの場所には「ハナレ島」と呼ばれる無人島があり、こちらも人気のシュノーケリングスポット。島へは船やバナナボートで渡ることができ、ちょっとした冒険気分を味わうことができるでしょう。実は、こちらはアイドルのシブがき隊が解散記念にメンバーの像を作ったことで有名な島で、別名「シブがき島」とも呼ばれています。島には日陰がないため、渡る際にはビーチパラソルを持参するのがおすすめです。

阿波連ビーチ

住所〒901-3502 沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連

アクセス《車》渡嘉敷港から約20分

料金シーカヤック 1艇 :一般(1時間)2,000円(以降1,000円/1時間)、シュノーケルセット(4点):1,500円、ライフジャケット(単品):500円 ※民泊割引あり

電話番号098-987-2333(渡嘉敷村役場 商工観光課)

URLhttp://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/おもしろガイドマップ/ビーチ

 

ビーチのそばでおしゃれにランチ♪ローカルなお店を楽しんで

ビーチで思いっきり遊んでお腹が空いたら、ぜひ訪れたいのが「Pension&Restaurant Half 1/2 Time」です。阿波連ビーチから徒歩約1分の好立地にあるこちらのお店では、男性も大満足するボリュームたっぷりの食事を楽しめます。

店内はポップなウォールアートが印象的で、個室感覚で利用できるキャンプルームも。開放的なオープンテラスでお酒を楽しむのもいいですね!

人気のクラブハウスサンドセットや200gのステーキ、大エビときのこのアヒージョなどどれもビッグサイズのメニューで、お腹も心も大満足するでしょう。宿泊できる個性的な部屋も用意されているので、1日中ビーチを満喫したい人におすすめですよ。

Pension&Restaurant Half 1/2 Time

住所〒901-3502 沖縄県島尻郡渡嘉敷村字阿波連122

アクセス《車》渡嘉敷港から約10分

電話番号098-987-2021

営業時間11:00~22:00

URLhttp://www.azhoop.com

 

落ち着いた雰囲気でカラフルな魚を見よう!渡嘉志久ビーチ

「渡嘉志久ビーチ」は、阿波連ビーチと並ぶ人気のスポット。真っ白な砂浜が続くビーチでは、ビーチバレーやビーチサッカーでアクティブに、またビーチパラソルの下でのんびりお昼寝など、思い思いの時間を過ごしましょう。また、美しいサンゴや熱帯のカラフルな魚が多く生息するため、シュノーケリング・ダイビングスポットとしても注目を集めています。

渡嘉志久ビーチはウミガメの遭遇率が高いことでも知られ、シュノーケリングツアーでは海が濁っていなければなんと90%以上の確率で会うことができるそう。すぐ間近でウミガメの泳ぐ姿を見られるなんて最高ですね!

渡嘉志久ビーチ
©OCVB

とても穏やかな湾の周辺には民家もほとんどなく、プライベートビーチ感覚で過ごせるのも魅力です。ビーチは島の西側に位置していて、慶良間海峡に沈む黄金色の夕日を眺めることができますよ。美しい夕日はSNS映えすることまちがいありません。そのままビーチで過ごし、包み込まれるような満天の星を眺めるのもよいでしょう。また、すぐ近くにはキャンプ場もあるので、アウトドアを満喫したい人にもおすすめです。

Tokashiki jima Gakiya Shouten

住所〒901-3501 沖縄県島尻郡渡嘉敷村字渡嘉敷1923

アクセス《車》渡嘉敷港から約10分

料金海がめ&お魚シュノーケル(ビーチ):3,980円/60分、ボートシュノーケルツアー:4,980円/60分

電話番号098-896-4566

URLhttps://gakiya-marine.com/

 

島中を巡って写真を楽しむのも◎。インスタ映え必至!

ビーチ以外にも、島中には美しい自然の魅力がたっぷり。国立公園に指定された島には、緑に覆われた200mを超える山や季節ごとに芽吹く植物などの豊かな自然を見ることができます。見晴らしのよい山頂からは島全体を見渡すことができますよ。

島を散策していると、季節ごとに咲く花に出会えるのも楽しみです。年間を通して咲き誇るブーゲンビリアやクバ(ビロウ)、初夏のテッポウユリ、冬のケラマツツジ、寒緋桜など、自然の豊かさに心が洗われるはずです。昔ながらの造りの民家が建ち並ぶ集落では、大きく育ったフクギが出迎えてくれます。

島中散策
©OCVB

島の東に位置する全長1kmの「見花原遊歩道」は、オキナワハイネズやリュウキュウマツ、コウモウセンゴケなどの植物を観察できるスポット。自然の砂岩を生かして作られた遊歩道をゆっくりと散策して楽しみましょう。

心洗われる美しい自然をぜひカメラでおさめてみてください。インスタ映え必至の美しい景色が残りますよ。

 

いろんな場所から渡嘉敷島が見渡せる!展望台

クバンダキ展望台提供元:渡嘉敷村 2020年
クバンダキ展望台提供元:渡嘉敷村 2020年

渡嘉敷島にきたら、ぜひ「展望台巡り」にも挑戦してみてください。島内には実にたくさんの展望台があり、場所によって見える景色がまったく異なります。レンタカーやレンタバイクで、お気に入りの展望台を見つけに出かけましょう!

弓形に伸びる阿波連ビーチを見渡せるのが「クバンダキ(阿波連)展望台」。展望台があるのは標高約27mの丘の上で、「クバンダキ」とは周囲のクバ山を意味しているといわれています。ケラマブルーの海と白い砂浜のコントラストを写真に収めたい人におすすめです。オレンジ色に包まれるサンセットを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてみては?

阿波連園地展望台
提供元:渡嘉敷村 2020年

また、慶良間諸島には冬になるとザトウクジラが戻ってくるため、ホエールウォッチングが楽しめます。そんなクジラたちの姿を観察できると人気なのが「アラン展望台」です。特に、1〜3月の間は見える確率が高く、ホエールウォッチング目的で訪れる人も少なくありません。ぜひ、双眼鏡を持って訪れてみてくださいね。

ほかにも「阿波連園地展望台」「港の見える丘展望台」「赤間山展望台」など、様々な展望台を巡って島の魅力を体感しましょう。

 

渡嘉敷島へのアクセス方法

アクセス方法イメージ

渡嘉敷島へは、沖縄本島の柏港から船を利用して行くことができます。運行しているのは所要時間約1時間10分の「フェリーとかしき」と、所要時間約40分の高速船「マリンライナーとかしき」の2つ。

フェリーには車の積み込みも可能です。事前の乗船予約は2か月前の同日からでき、受付時間は電話が10:00〜17:00、インターネットは24時間可能です。予約をした人は、乗船当日に柏港とまりんビル1F4番カウンターでチケットを購入しましょう。

最新の料金や時刻表などの詳細については、以下のURLをご確認ください。
http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/ferry/time

電話予約は098-868-7541まで。インターネット予約は下記URLからどうぞ。
https://tokashiki-ferry.jp/Senpaku/portal

 

渡嘉敷島の移動はレンタカーやレンタバイクを

車イメージ

渡嘉敷港からの移動手段には、宿泊施設の送迎、レンタカー、レンタバイク、路線バスなどがあります。島の宿泊施設では送迎サービスを行っているところが多いので、まず宿へ直行してゆっくりしたいという人はぜひ利用してみてくださいね。

観光の目的地が少ない場合は路線バスでも十分ですが、島内を回りたい場合はレンタカー、もしくはレンタバイクがおすすめです。時間を気にせず好きな時に移動でき、路線バスが通っていないエリアへの移動も可能。港にはレンタカーやレンタバイクのショップもあるため、到着後すぐに借りられるのは便利です。

1つ気をつけたいのが、渡嘉敷島は山が多く道路のアップダウンが激しいこと。レンタサイクルで移動するという手もありますが、実際自転車で回るのはとてもハード。よほど体力に自信がある人以外は別の方法を考えた方がよさそうです。

かりゆしレンタサービス渡嘉敷島 阿波連ビーチ前店

住所〒901-3501 沖縄県島尻郡渡嘉敷村字阿波連128

アクセス《車》渡嘉敷港から約12分

料金50ccバイク:4,000円/24時間、軽自動車:6,500円/24時間

電話番号098-987-3311

営業時間08:30〜18:00

URLhttps://www.tokashiki.net/

 

渡嘉敷島で楽しめるアクティビティ

珊瑚に集まるカラフルな魚が見れる!シュノーケリング

シュノーケリングイメージ
イメージです

透明度の高い海を満喫したいなら、まずはシュノーケリング!浅瀬が続くことでも知られる阿波連ビーチは、子連れでも楽しめる人気のシュノーケリングスポットです。クマノミやチョウチョウウオなどのカラフルな熱帯魚がすぐ目の前を泳いでいる光景に、感動することまちがいありません。ビーチの入り口にはレンタルショップが並んでいるので、身軽に出かけましょう。

 

運がよければウミガメに会えるかも!ダイビング

ダイビングイメージ
イメージです

渡嘉敷島にはたくさんのダイビングスポットが点在しており、年間を通してダイビングファンを引きつけてやみません。特に島の西側に位置する阿波連ビーチや渡嘉志久ビーチはダイビングのメッカ!ビーチから船で15分ほどの場所ではカラフルな熱帯魚やサンゴに出会えるでしょう。運がよければウミガメに遭遇するかもしれませんよ。

 

初心者でも楽しめる!シーカヤック

シーカヤック
イメージです

シーカヤックとは、カヤック船に乗ってパドルで漕ぎ進むマリンアクティビティ。2人乗りの船が多く、友だちや家族と同乗することも可能です。また、ダイビングとは異なりライセンスが不要なので、初心者でもチャンレンジできるというメリットがあります。波の動きを体全体に感じながら、のんびり海面散歩を楽しみましょう。

 

バナナボートで無人島へ!無人島渡し

バナナボート
イメージです

ビーチからそれほど離れていない無人島へ行きたい時におすすめなのが、その名も「無人島渡し」。無人島へバナナボートやガラスボートで送迎してもらうことを指します。帰りの時間を伝えれば迎えに来てもらえるのも安心ですね。阿波連ビーチの沖合にあるハナレ島へは水深5〜6mほどの浅瀬が続くので、のんびりバナナボートで出かけるのにぴったりです。

 

渡嘉敷島にあるおすすめホテル・民泊

癒やしのステイを。島唯一のリゾートホテルに宿泊!「ケラマテラス」

「ケラマテラス」は慶良間諸島でただ1つのリゾートホテルです。客室は全7室のため、ゆったりとした時間を過ごすことができますよ。1室のみのラグジュアリールームはカップルでの滞在にもぴったり。ホテル内のレストラン「abisso」では、アグー豚や島野菜など沖縄の旬の食材を使った料理が堪能できます。また、宿泊者だけが参加できる特別なマリンアクティビティプランも用意されています。ダイビングやシュノーケリングで、絶景の「ケラマブルー」を楽しみましょう。

アクセス《車》渡嘉敷港から約15分

電話番号098-987-3477

URLhttps://www.keramaterrace.jp

 

アットホームな温かいステイができる!「トカシキゲストハウス」

トカシキゲストハウス写真提供:トカシキゲストハウス
トカシキゲストハウス写真提供:トカシキゲストハウス
トカシキゲストハウス写真提供:トカシキゲストハウス
トカシキゲストハウス写真提供:トカシキゲストハウス
トカシキゲストハウス写真提供:トカシキゲストハウス

阿波連ビーチや渡嘉志久ビーチまで車で約5分〜10分の立地にある「渡嘉敷ゲストハウス」。慶良間の海を見渡す山中にある、隠れ家感満載のコテージです。丸太組みのコテージの中は開放感のある吹き抜けになっていて、畳敷きのロフトやキッチンもあります。眺めのよいテラスでは、鳥の声を聞きながらゆっくり朝食をとるのがおすすめです。調理道具も揃っているため、長期で宿泊したい人にもおすすめのゲストハウス。港まで無料送迎もあるので、車がない人も安心です。

アクセス《車》渡嘉敷港から約10分

電話番号090-8292-2696

URLhttp://www.tokashiki-guesthouse.com/

 

1年を通して白い砂と青い空が楽しめる!「とかしくマリンビレッジ」

とかしくマリンビレッジ©OCVB
とかしくマリンビレッジ©OCVB

「とかしくマリンビレッジ」は、真っ白な砂浜が美しい渡嘉志久ビーチのすぐ目の前に位置しています。客室は全56室で、特に絶景のオーシャンビューを眺められる部屋が人気です。ジェットスキーやバナナボート、サンゴツアーなどのマリンアクティビティが楽しめるプログラムもあり、シュノーケリングやライフジャケット、ビーチマットなどのレンタルがあるのもうれしいポイント!ビーチを満喫したいという人におすすめのホテルです。

アクセス《車》渡嘉敷港から約10分

電話番号098-987-2426

URLhttp://www.tokashiku.com/

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる