めんそーれ

【那覇空港】利用案内!レンタカー・免税店も+沖縄の「全空港」まとめ

更新:2021/08/30

3,280views

青い海や美味しいグルメ、歴史遺産など、見どころがたくさんの沖縄。そんな沖縄に訪れるなら、空港での時間も楽しんでみてはいかがでしょうか。ここでは、那覇空港を含む沖縄の空港を徹底解説します。レンタカーや免税店の情報もまとめているので、ぜひ沖縄旅行の参考にしてくださいね!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大、感染予防の観点から、外出自粛要請をしている場合や、施設によっては休業、営業時間の変更をしています。施設の公式ホームページなどで最新情報をご確認のうえ、ルールを守っての行動をお願いします。また、外出の際はしっかりとマスクを着用し、手指消毒などで感染予防対策を心がけましょう。

 

沖縄にある全13の空港マップ

沖縄空港マップ

那覇空港

那覇空港は沖縄の玄関口となる空港で、国内外の様々な地域と結ばれています。飛行機の本数・就航数が多く、日本のみならず気軽に海外へ行けるのが魅力です。最近では中国や韓国などアジア圏との往来が増え、日本人に人気の旅行先である台湾までは片道たったの1時間30分。空港内にはお土産店や飲食店が充実しており、さらに沖縄市街地まではゆいレールで約10分と利便性の高さにも定評があります。

・直行便が運行している空港
【沖縄県外】
東京(羽田空港・成田国際空港)、大阪(関西国際空港・伊丹空港)、福岡空港 他
【沖縄県内】
南ぬ島石垣空港、宮古空港、久米島空港 他

・乗り入れ航空会社
日本航空、ANA、ジェットスター 他

・市街地までのアクセス
モノレール、タクシー、バス、レンタカー

那覇空港
©沖縄観光コンベンションビューロー

那覇空港のレンタカー会社・乗り場

那覇空港でレンタカーを利用したい場合は、空港1階のレンタカー案内所に行きましょう。那覇空港にはレンタカー会社がありますが、直接配車しているわけではないため注意が必要。レンタカー送迎バス乗り場から、送迎バスに乗り営業所まで向かう必要があります。到着口A・Bから出た先にあるレンタカー送迎バス乗り場へまず向かってください。レンタカー送迎バス乗り場は、到着口Aから出口1へ、または到着口Bから出口4へ向かい横断歩道を渡った先にあります。また事前予約している場合は、各レンタカー会社の指示に従いましょう。

レンタカーマップ

・ニッポンレンタカー 那覇 営業所(20:00~23:59到着便対応)
営業時間:08:00~20:00
空港からのアクセス:送迎車で約8分
公式URL:こちら
※20:00~23:59到着便ご利用の場合は事前予約が必要です。詳細はHPをご覧ください。

・オリックスレンタカー 那覇空港会員店(23時まで営業)
営業時間:08:00~23:00
空港からのアクセス:送迎車で約2分
公式URL:こちら

・トヨタレンタカー 那覇空港店
営業時間:08:00~20:00
空港からのアクセス:送迎車で約5分
公式URL:こちら

・タイムズカー 那覇空港店
営業時間:08:00~20:00
空港からのアクセス:送迎車で約3分
公式URL:こちら

沖縄で免税ショッピングしちゃおう!免税店について紹介!

那覇空港には国内線、国際線ターミナルの両方に免税店があり、国内旅行でも免税品を手に入れることができます。那覇空港の国内線にある免税店は規模は大きくないものの、海外コスメブランドは国内のデパートなどで買うよりもお得になったり、特典がついたりすることも。そのほかにも、サングラスや香水なども取り扱っているので、旅行の際には、ぜひチェックしましょう。また、沖縄には市内にも「T ギャラリア 沖縄 By DFS」があり、ここでも免税品を買うことができます。

【免税の対象者】
沖縄県外および、日本を出る人。購入には搭乗券が必要
※空港内免税店は保安検査場を通過した人が対象。購入した商品は専用カウンターで受け取り

【空港免税店での主な取り扱いブランド】
ディオール(化粧品)/ランコム(化粧品) 他

買い物

買いそびれても安心!空港で買える土産5選

・紅芋たると
紅芋タルトは、沖縄県で採れた紅芋をタルト生地に乗せたお菓子のこと。紅芋の優しい味わいがそのまま残った商品で、子どもから大人まで多くの人に愛される沖縄の定番お土産です。

・ちんすこう
小麦粉に砂糖とラードを合わせた、「沖縄のクッキー」とも呼ばれるちんすこう。通常のクッキーのような甘さとは異なり、サッパリとした味わいでクセがないのがポイントです。

・サーターアンダギー
サーターアンダギーは、ちんすこうよりも少しガッツリと食べたい人におすすめ。砂糖・小麦粉・卵を合わせたものを油で揚げ、ドーナツのような仕上がりになっています。

・スナックパイン
沖縄といえばパイナップルも有名ですが、甘みたっぷりで芯まで味わえる小ぶりなスナックパインはお土産にぴったり。普通のパインよりも柔らかく手で裂けるので、おつまみ感覚で味わえます。

・琉球ガラス
形に残る綺麗なお土産を求めるなら、「炎の芸術」と呼ばれる琉球ガラスがおすすめです。沖縄の伝統工芸品ですが、見た目は美しく普段使いのコップやビールジョッキに利用できます。

紅芋タルト紅芋タルト
ちんすこうちんすこう
サーターアンダギーサーターアンダギー
スナックパインスナックパイン
琉球ガラス琉球ガラス©沖縄観光コンベンションビューロー

那覇空港内・周辺で食べられる沖縄グルメ&カフェ

・空港食堂
那覇空港1階にある空港食堂は、沖縄の家庭料理を提供する飲食店です。沖縄そばやゴーヤーチャンプルー、ポーク玉子などいろいろなメニューがありますが、特に人気を集めているのがソーキそばでしょう。ボリューミーで優しい味わいのソーキそばを、空港食堂では700円で味わえます。本場の沖縄料理を堪能したい場合には、地元民からも人気の空港食堂へぜひ。

ソーキそば
タコライス
てびちそば
フーチャンプルー
沖縄そば
沖縄ちゃんぽん
外観
内観

 

・BALL DONUT PARK 那覇本店
BALL DONUT PARKは、沖縄発祥のドーナツ専門店です。注文を受けてから揚げるアツアツふわふわドーナツには奄美大島産のきび糖がまぶされているのが特徴です。クリームチーズやチョコ、フルーツなど様々なトッピングと一緒に味わうドーナツです。溶かしバターと塩をかけるメニューもあり、こだわりスイーツが好きであれば絶対に外せない一品でしょう。

simple-ballソルトバター(8balls)simple-ball ソルトバター(8balls)¥430(税込)
Fantastic-ball アップルシナモンFantastic-ball アップルシナモン ¥650(税込)
simple-ball レモンシュガー(8balls)simple-ball レモンシュガー(8balls)¥430(税込)
Fantastic-ball トロピカル¥650(税込)Fantastic-ball トロピカル ¥650(税込)
エスプレッソバナナシェイク ¥610(税込)エスプレッソバナナシェイク ¥610(税込)
外観
内観

 

・Vita Smoothies
スムージー専門店のVita Smoothiesでは、おしゃれで可愛らしく、さらに健康的なスムージーを味わえます。特にマンゴーや紅芋、ゴーヤなど、沖縄の食材を積極的に使ったスムージーが人気です。時期によってはピンクグァバなど、期間限定で旬の食材が使われることもあります。

レッドドラゴンスムージーレッドドラゴンスムージー
沖縄県産マンゴーをたっぷり使用したトロピカルマンゴースムージー沖縄県産マンゴーをたっぷり使用したトロピカルマンゴースムージー
スロージューサーで丁寧に絞ったゴーヤーとフルーティーな柑橘系をミックスしたスロージューサーで丁寧に絞ったゴーヤーとフルーティーな柑橘系をミックス
自家製ベーグルのサンドイッチ自家製ベーグルのサンドイッチ
自家製ベーグルのサンドイッチ自家製ベーグルのサンドイッチ
外観
内観

空港周辺グルメ&カフェマップ

宮古空港

宮古空港は、「宮古ブルー」と呼ばれる神秘的な海の色を目にできる宮古島の空港です。1956年6月に民間空港として利用され始めてからは、今では国内外たくさんの観光客が利用しています。空港内にはレストランやカフェ、お土産店などがあり、離島の空港とは思えないほどの充実度。せっかく宮古島に訪れるなら、「東洋一の美しさ」と呼ばれる与那覇前浜ビーチで、青い海と白い砂浜を堪能したいですね。

・直行便が運行している空港
【沖縄県外】
羽田空港、関西国際空港、中部国際空港セントレア 他
【沖縄県内】
那覇空港、南ぬ島石垣空港  他

・乗り入れ航空会社
日本航空、ANA、琉球エアーコミューター  他

宮古空港

みやこ下地島空港

2019年、宮古島に新たにできたみやこ下地島空港。開業から日が浅いこともあり、空港はホテルのような高級感があり、おもわず感動してしまいます。みやこ下地島空港は「空港を楽しむ」をコンセプトに掲げており、レストランやカフェ、ショップの他に絵はがきを投函する「島時間郵便局」などユニークなスポットも多い点が魅力です。空港内をひととおり散策した後は、美しいビーチやのんびりとした町並みに癒されに出かけましょう。

・直行便が運行している空港
【沖縄県外】
東京(羽田空港・成田国際空港)、関西国際空港、香港国際空港 他
【沖縄県内】
那覇空港 他

・乗り入れ航空会社
ジェットスター、スカイマーク、香港エクスプレス

みやこ下地島空港
©沖縄観光コンベンションビューロー

南ぬ島石垣空港

南ぬ島石垣空港は八重山諸島の玄関口であり、綺麗で開放感のある空港からは南の島らしさが感じられます。空港内では石垣牛や八重山そばなどの石垣名物料理が味わえるので、食事しながらのんびりと過ごすのもよいでしょう。石垣島には川平湾や米原ビーチなど美しい海がたくさんあり、フェリーに乗れば竹富島や西表島などにも行けるので離島巡りに出発してみるのもよいかもしれません。

・直行便が運行している空港
【沖縄県外】
東京(羽田空港・成田国際空港)、関西空港、香港国際空港 他
【沖縄県内】
那覇空港、南ぬ島石垣空港 他

・乗り入れ航空会社
日本航、ANA、ソラシドエア 他

石垣空港

久米島空港

久米島空港は、美しい景観と豊かな自然が魅力の久米島にある空港です。宮古・石垣ほど空港内にお店はありませんが、地元の名産品が揃えられたショップがあり、お土産探しに困ることはありません。神に選ばれし島といわれる久米島は訪れたいスポットも多く、真っ白な砂浜の「はての浜」は楽園のよう。そのほかにも子宝にご利益があるというミーフガーや、樹齢250年以上の五枝の松など見どころがたくさんあります。

・直行便が運行している空港
【沖縄県内】
那覇空港

・乗り入れ航空会社
日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューター

久米島空港

慶良間空港

慶良間空港は、座間味村にある小さな空港です。現在は定期便が運行しておらず、那覇との間でアイラス航空のチャーター便が時折飛んでいるのみです。チャーター便の利用にはそれなりに費用がかかりますが、上空から慶良間の美しい海や島を眺められることで密かな人気を集めています。慶良間空港がある座間味島は海の透明度が高く、さらに季節によってはホエールウォッチングできるのが見どころです。

慶良間空港

 

波照間空港

波照間空港は定期便が就航していません。しかし、2021年9月には「石垣~波照間間で1日最大6往復の運航を想定」というニュースが飛び込み、航路復活が待たれています。現状、波照間島へ行きたい場合は、石垣島からフェリーに乗る必要がありますが、それでも足を運びたいのが日本の最南端に位置する波照間島です。「波照間ブルー」の海や夜空に輝く星、趣のある家屋など、日本の原風景や静かな時間を堪能できる魅力にあふれています。

与那国空港

与那国島の与那国空港は、沖縄本島や石垣のような大規模な島とは異なり、空港内のお店は残念ながらあまり充実していません。しかし、レストランでは与那国のグルメが提供されており、旅の最後にも与那国名物をじっくりと堪能できます。また、ドラマの撮影地として一躍有名になった与那国島ですが、島内には与那国馬風牧場やダンヌ浜など、離島ならではののどかなスポットが点在しています。

・直行便が運行している空港
【沖縄県内】
那覇空港、南ぬ島石垣空港

・乗り入れ航空会社
琉球エアーコミューター

与那国空港

伊江島空港

沖縄本島から、比較的近い場所にある伊江島。現在、伊江島空港には定期便が就航しておらず、島に観光で訪れる場合はフェリーで向かう必要があります。伊江島は島の規模こそ大きくありませんが、小さな島の中に公園や山などの自然スポットが集まっているのが特徴です。それぞれの観光スポットや滑走路も自転車でも巡れるので、南の島の風に吹かれながら伊江島をサイクリングで周遊してみるのも楽しそうですね。

粟国空港

伊江島空港と同様に、粟国空港も現在は定期便が就航していません。小型機で空路から訪れる方法もありますが、沖縄本島から向かう場合はフェリーに乗るのが一般的です。粟国島は1999年に公開された『ナビィの恋』のロケ地でもあり、サイクリングをしながらロケ地を巡るのが粟国島の楽しみ方の1つ。また観光地巡りだけでなく、アガラサーやあぐにようかんなど、粟国の自然を活かしたグルメもぜひ味わっておきたいところです。

南大東空港

南大東島は沖縄本島から約400kmも離れるまさに「孤島」ともいえる場所ですが、最近は観光客がよく訪れるようになりました。南大東島空港は那覇と北大東に路線があり、北大東までは所要時間20分前後という圧倒的短さが話題となっています。幻想的な鍾乳洞や真っ二つに割れた岩山など、孤島ならではの手つかずの自然が多く残されているのが見どころです。

・直行便が運行している空港
【沖縄県内】
那覇空港、北大東空港

・乗り入れ航空会社
琉球エアーコミューター

南大東空港
©沖縄観光コンベンションビューロー

多良間空港

宮古島と石垣島に挟まれる多良間島には、規模は小さいものの多良間空港があります。空港内には飲食店やお土産店があり、旅の最後にのんびりとした島時間を味わえます。多良間島の見どころの1つである美しい海に夕日が沈む瞬間は、あまりにもロマンティックな光景で感動してしまうほど。癒やしの島とうたわれる多良間島でゆったりと過ごすのもおすすめです。

・直行便が運行している空港
【沖縄県内】
宮古空港

・乗り入れ航空会社
琉球エアーコミューター

多良間空港
©沖縄観光コンベンションビューロー

北大東空港

南大東島と北大東島は、セットで楽しむのがおすすめ。約20分間で2つの島を移動できるので、記念に日本で最も短い飛行機の旅を楽しむのもよいかもしれません。北大東島は日本最東端の島であり、沖縄で最も早く朝日が見られることで知られています。そのため北大東島を観光するなら、朝早く起きて「沖縄最東端の碑」へ足を運ぶのがよいでしょう。

・直行便が運行している空港
【沖縄県内】
那覇空港、南大東空港

・乗り入れ航空会社
琉球エアーコミューター

北大東空港
©沖縄観光コンベンションビューロー

 

沖縄の関連情報

その他の関連情報

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる