海の綺麗な写真

息を呑む美しさ「宮古島・与那覇前浜ビーチ」徹底解説!アクセス・設備・ホテルも

更新:2022/08/03

10,637views

この記事では、宮古島の「与那覇前浜ビーチ」について紹介します。沖縄県内のみならず、東洋一とも称えられる与那覇前浜ビーチまでのアクセスや設備など、旅行者が知っておきたい情報を余すことなくお届けします。まるでこの世の天国のような絶景をリゾートホテルやプライベートヴィラからも楽しみたい方へ周辺のホテル情報もまとめました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響や感染防止のため、営業時間や料金などが変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットの最新情報をご確認ください。

東洋一とも称される「白砂」と「宮古ブルーの海」

海の綺麗な写真
©OCVB

沖縄本島と石垣島の間に位置する宮古島は、大神島や来間島など大小8つを含む群島です。主な観光スポットは、やはり海!特に与那覇前浜ビーチは、「宮古ブルー」と呼ばれるコバルトブルーの海と、真珠のように輝く白砂のコントラストが評判。その美しさから「東洋一」と称されるほどです。宮古島空港から車で約10分と、アクセスの良さも魅力です。

白砂の写真
©OCVB

ビーチは、ずっと素足でいたくなるような、きめ細やかなパウダーサンドが特徴。まぶしいくらいの白さも格別です。

アクティビティ
写真はイメージです

マリンアクティビティも充実。バナナボートはもちろんのこと、シーカヤックにウェイクボード、ジェットスキーなど、多彩なプログラムを各レジャー会社が用意しています。

夕日
©OCVB

宮古島随一のサンセットポイント。白い砂浜の向こうに沈む夕陽と、オレンジからダークブルーへと変わりゆく空は、自然が織りなす絶景美です。また、砂粒を空へ散らしたような満天の星も必見です。

ビーチの設備・海開きの期間

ビーチ施設

「~サンゴの楽園未来まで集まれ遊ぼう~宮古島の海びらき」と題して、毎年4月の第1日曜日に海開きイベントが開かれます。当日は約3,000人もの見物客が訪れる、一大イベントとなっています。

ビーチには、100円で使えるシャワー、更衣室、トイレ、売店あり。周辺のマリンスポーツショップでパラソルセットやシュノーケルセット、ジェットスキーなどの各種レンタルも可能。

例年では10月末ごろまで海水浴が可能です。

与那覇前浜ビーチまでのアクセス

【宮古空港⇔与那覇前浜ビーチ】
・車で約10分
・リムジンバス(宮古島東急ホテル前行き)で約15分、バス停「宮古島東急ホテル前」から徒歩10分

【宮古島市街地(西里通り)⇔与那覇前浜ビーチ】
・車で約20分
・宮古協栄バス(宮古島東急ホテル&リゾーツ行き)で約30分、バス停「宮古島東急ホテル&リゾーツ」から徒歩10分

【シギラセブンマイルズリゾート*1⇔与那覇前浜ビーチ】
・車で約15分
・宮古協栄バス(協栄車庫行き)で約110分、バス停「皆愛」から徒歩20分

宮古島は、車でならどこへでも約40分でアクセスが可能。また、農村部にはほとんど信号がなく、渋滞することはほぼありません。

島全体を流れるゆったりとした時間を満喫するには、レンタサイクルがおすすめ。料金は2,000円台とリーズナブルに利用が可能です。平坦な地形ではありますが、多少のアップダウンは覚悟しましょう。

*1:シギラベイサイドスイート アラマンダを起点に

駐車場はあるの?

無料の駐車場が約30台あります。

旅工房で宮古島厳選ツアーを見る



与那覇前浜ビーチで体験できるアクティビティプラン

【定番】バナナボート・ビッグマーブル・ジェットスキー

出典:アクティビティジャパン

マリンスポーツ3種で遊べるプラン。複数人でまたがったバナナのような細長い形の遊具を、インストラクターが水上バイクで牽引し水面を高速で走る「バナナボート」のほか、水しぶきを上げながら疾走するスピード感がたまらない「ジェットスキー」。水上バイクで牽引するソファータイプの乗り物に乗る、ジェットコースターのような大迫力の「ビッグマーブル」が体験できます。

アクティビティジャパンで、オプショナルツアーを見る

【定番】シュノーケリング&マリンスポーツ3種

出典:アクティビティジャパン

ウミガメと一緒に泳げるシュノーケリングと、マリンスポーツどちらも楽しめるお得なプランです。与那覇前浜ビーチは透明度の高い美しい海岸ですが、珊瑚礁はありません。でも安心を。ウミガメがいるスポットまでスタッフが案内してくれます。安全装備のライフジャケットを着用するため、シュノーケリング初体験の人や泳げない人も参加できますよ。

アクティビティジャパンで、オプショナルツアーを見る

マーメイドフォト撮影

出典:asoview!(アソビュー)

ここ数年、インスタグラマーの間でSNS映えするとあって人気の、コスプレ撮影です。与那覇前浜ビーチのほか、島内の海岸ならどこでも撮影が可能。スタッフが10カット撮影してくれ、そのうち5カットをデータでプレゼントしてくれますよ。人魚の衣装はお店が用意してくれますが、水着は持参しましょう。

asoview!(アソビュー)でオプショナルツアーを見てみる

ジェットスキーレンタル

出典:アクティビティジャパン

マリンスポーツの代表格、ジェットスキー。提供しているアクティビティでは、1艇数百万はする高級ジェットスキーをレンタルできます。ため息がこぼれるほどに美しい海を、風をきって走る爽快感を体感してみませんか。2,000円追加で、YAMAHAの最高級ラグジュアリーシップモデル「SVHO」に変更も可能。小型船舶の扱いとなるため、乗船時には1名以上は小型特殊免許の保有が必要です。

アクティビティジャパンで、オプショナルツアーを見る

フライボード体験

出典:アクティビティジャパン

強力な水圧を利用し、水上に浮かび上がる新型マリンスポーツです。ジェット噴射機の付いたボードを足に装着したら、バランスを取りながら水面上空へ!今まで体感したことのない浮遊感はヤミツキになりそうです。

アクティビティジャパンで、オプショナルツアーを見る

与那覇前浜ビーチでランチを楽しむなら【マイパマエスカーサ】へ

マイパマエスカーサは、与那覇前浜ビーチの目と鼻の先に構える、ゴージャスな「海の家」。郷土料理の宮古焼きそばなども提供する多国籍レストランから、地元のブランド牛「宮古牛」も用意されているBBQ、ビーチで快適に過ごすためのパラソルのレンタル、マリンアクティビティ、ウエディングプランまで、海でできることは全てお任せ。何をしたら良いかわからなくても、とにかくココを訪れれば、楽しめることが間違いなし!

マイパマエスカーサ

料金宮古焼きそば:880円、ソイバナナスムージー:660円 他

電話番号0980-76-2177

営業時間10:00~22:00※シーズンにより異なる

URLhttps://mipama.jp/

竜宮城展望台から与那覇前浜ビーチの絶景を眺める

宮古島から来間大橋を渡った先にある、周囲約9kmの小島「来間島」。この島の高台に上がると、竜宮城をイメージした展望台があります。同施設の屋上からは、宮古島を対岸から望む形で、与那覇前浜ビーチと来間大橋の絶景が見られます。



与那覇前浜ビーチ周辺の宿~ビーチから近い順に紹介~

宮古島東急ホテル&リゾーツ

出典:一休.com

◯与那覇前浜ビーチから車で約2分、徒歩で約10分

東急ホテルグループが手掛ける大型ホテル。レストランだけでも3店舗、ほかスパや三線の弾き語り、豊富なアクティビティと、宿泊客をもてなす施設は巨大リゾートホテルならではの充実ぶりです。ゆったりとした客室は全室オーシャンビュー。中には浴室から海が見える贅沢なビューバスタイプもあります。

ザ・ヴィラ 前浜ビーチ

出典:一休.com

◯与那覇前浜ビーチから車で約2分、徒歩で約10分

1棟貸しタイプのヴィラで過ごす、白亜のリゾートホテル。客室には、本格的なキッチン、家電、アメニティを完備。24時間利用可能の温水プールとテラスも付いています。料理は提供されませんが、車で約5分の距離にあるコンビニやスーパーで食材を調達できますよ。家族や友人、恋人と、極上のプライベートタイムを堪能しましょう。

マリンロッジ・マレア

出典:じゃらんnet

◯与那覇前浜ビーチから徒歩で約1分

ダイビングのライセンス取得やダイビングアクティビティなどを備えた、ダイバー向け総合リゾート施設「マレア宮古島」。同施設の一角にマリンロッジ・マレアがあります。与那覇前浜ビーチまで徒歩1分の好立地。ホテルでは地元の食材を使用したレストランのほか、ダイビング器材の洗い場、売店、大浴場などが備わっています。オンシーズンでも比較的リーズナブルに宿泊できるポイントも魅力です。

RuGu Glamping Resort

RuGu Glamping Resort

RuGu Glamping Resort

◯与那覇前浜ビーチから車で約10分

全て1棟貸しのグランピングホテル。客室は、昼は眼前に広がる大海原を、夜は満天の星を一望できるルーフトップ付きのトレーラーハウス型ヴィラです。夕食はシェフが厳選食材を目の前で焼いてサーブするBBQスタイルのグランピングディナー、朝食は島内飲食店とのコラボレーションによる特製モーニングボックスが提供されます。誰にも邪魔されることなく過ごしたい人におすすめです。

宮古島来間リゾート シーウッドホテル

出典: 一休.com

◯与那覇前浜ビーチから車で約10分

宮古群島の1つ・来間島で、約13万㎡もの敷地に169邸の部屋を構える、一大リゾートタウン。巨大なホテルは「暮らすように滞在できる」をコンセプトに、ヴィラタイプとホテルタイプの客室のほか、フィットネスジムや日本料理店、スパなどを併設しています。館内でのんびり過ごしたり、アクティビティで宮古島を満喫したりと、我が家のように居心地よく過ごせるホテルです。

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる