HOME  >  北アメリカ  >  カナダ  >  冬のトロントって何するの?魅力たっぷりの観光スポットをご紹介!

冬のトロントって何するの?魅力たっぷりの観光スポットをご紹介!

日本から直行便で約11時間。カナダ東部に位置する最大の都市「トロント」。名前は知っているけど、冬のトロントではなにができるの?そんな疑問にカナダ担当トラベル・コンシェルジュがお答えします。

今回は実際に現地で体験してきたトロントの冬の魅力をお伝えします!

世界最大の地下街「PATH」

トロントは冬になると気温がぐっと落ち込み、外を歩いていると体がとても冷えます。そんなときに欠かせないのが、世界最大の地下街「PATH」です!

PATHは天気や気温に関係なくトロントの街を移動できる世界最大の地下街として、とても重要な役割を担っています。全長は約30kmもあり、カフェやレストラン、ショップなど多くの店舗が立ち並んでいます。

tronto_winter-1""

※こちらは土日の早朝の様子です。

また、オフィスビルや地下鉄の駅、ホテルにも直結しているため、特に平日は会社員や観光客など大勢の人が利用しています。

朝はカフェでモーニングをして、昼にはランチ、夜はショッピングとすべてこの地下街で事が足りてしまうほどです。ただ、土日はオフィスが休みのため、PATH内のほとんどのお店が閉店しています。

買い物をするには平日に行くのがおすすめ!

tronto_winter-2""

※こちらは土日の早朝の様子です。

さらに、CNタワーやロジャースセンター、イートンセンターなどトロントの主要な観光地にも繋がっています。夏は涼しく、冬は温かく観光地まで移動することができます♪

tronto_winter-3""

1年で1番お得!?カナダのブラックフライデー

ブラックフライデーは、もともとアメリカで始まった大バーゲン。

サンクスギビングディの翌日、11月第4金曜日に開かれ、ほとんどの店舗で30%~70%オフと、1年で1番アツい日として大人から子どもまで多くの人で賑わいます。

tronto_winter-12""

カナダでは、クリスマスの翌日のボクシングディのセールがありましたが、徐々にカナダにもブラックフライデーが広まり、いまではカナダでも1番の賑わいを見せています。

日本ではシーズンオフにバーゲンが開催されますが、このブラックフライデーは冬の時期にコートやダウン、セーターなど、冬物のセールを行っています。これから重宝するものばかりなので、とてもお買い得です!

tronto_winter-9""

イートンセンター

セールは、11月第4金曜日をピークにボクシングディまで続きますが、その頃にはほとんど売り切れてしまいますのでやはりブラックフライデーがおすすめです!

ガイドブックにも必ず載っているトロント最大のショッピングセンターの「イートンセンター」は、PATHやQueen駅、Dundas駅直結で、ショップだけでなくレストランやカフェも豊富で観光客や地元の人で賑わいます。

tronto_winter-10""

イートンセンター

また「ヨークデールショッピングモール」は、ユニオン駅から直通で25分のYorkdale駅直結で、250以上の店舗が入ってる大型のショッピングモールです。

tronto_winter-8""

ヨークデールショッピングモール

カジュアルからハイブランドまであり、一つ一つの店舗が大きいので、比較的ゆったりとお買い物ができるのでおすすめです。

tronto_winter-11""

ヨークデールショッピングモール

一大イベント!クリスマスツリー点灯式Cavalcade of Lights

トロント公式のクリスマスツリー点灯式は、毎年11月後半にトロント市庁舎前広場で開催される大イベント。点灯式の前後にはカナダのトップパフォーマーのライブあり、無料で聞くことができます。

tronto_winter-14""

また、会場にあるイルミネーションで飾られたスケートリンクでスケートを楽しむこともできるため、大勢の人で賑わいます。広場にある「TORONTO」のモニュメントも色鮮やかに彩られ、点灯式のムードをますます盛り上げてくれています♪

tronto_winter-13""

点灯式の1番の見所は、市庁舎から打ち上がる豪華な花火ショー!

日本では、建物から花火が打ち上がるのはほとんどありませんが、この花火は市庁舎の屋上や前から盛大に打ち上がり、集まった大勢の観客を魅了します。

街の真ん中で打ち上がる、日本では見られないような景色が見られるのでおすすめです。

tronto_winter-15""

点灯式の間は外で待つことになるので、防寒対策は忘れずにしっかりと行うようにしてください。キッチンカーでフリーコーヒーも配っているので並んでゲットしましょう!

ここは外せない!大盛況のクリスマスマーケット

冬のトロントで外せない観光地は、ディスティラリー地区で開催されるクリスマスマーケットです。以前はウイスキー醸造所だった場所を、観光地として再開発しました。

tronto_winter-5""

年間を通して様々なイベントを行っていますが、11月後半~12月後半の約1ヶ月のみクリスマスマーケットが開かれ、1年で1番賑わっています。

クリスマスの時期は、巨大なクリスマスツリーや観覧車など、会場内が様々なイルミネーションで彩られます。

tronto_winter-4""

このイルミネーションがレンガ造りの建物と石畳の通路に絶妙にマッチし、ロマンチックな雰囲気を醸し出しています。

会場内には、クリスマスのオーナメントや手袋にマフラー、ケベック州発祥のカナダ名物プーティンのお店、お土産屋さんなど、限定ショップをはじめとして、様々なショップがオープンしています。

tronto_winter-6""

レストランも多様で、スペインバルやオイスターハウス、有名な地ビールパブなど美味しいお店がたくさんあります。

料金は平日は無料で入れますが、金曜日の17時以降と週末は大人1名あたり6ドルがかかります。また、週末は特に賑わうため、ゆっくり見たい方は平日に行かれることをおすすめします。

tronto_winter-7""

カナダの冬=「寒い」のイメージを持たれがちですが、トロントではPATHのおかげで冬でも充分に観光ができます。さらに冬のカナダは夏に比べてツアー料金もぐっと下がるので、良いホテルに安く泊まれるメリットもあります!

ぜひ1度、ご自身で冬のトロントの魅力を見つけに行ってみてはいかがでしょうか。

「冬のトロントって何するの?魅力たっぷりの観光スポットをご紹介!」が気に入ったら



カナダ旅行・ツアー情報はこちら

旅工房カナダセクション

旅工房カナダセクション
旅工房のカナダ担当トラベル・コンシェルジュが、カナダの最新情報をご紹介します!

記事一覧を表示

  • COUNTRY

  • CATEGORY



閉じる