台北101

徹底解説【台北101】はこんなビル!施設情報、人気の「展望台」、アクセス方法まで、まとめ

2021/05/07

3,874views

台湾のランドマーク的存在「台北101」は、展望台やショッピング、グルメまで充実しており、1日中楽しめる観光スポット!台北101の楽しみ方やアクセス、チケットの購入方法などみんなが知りたい情報をまとめました。台湾旅行を計画している方は必見です!

台北101とは?

台北101の概要

台北101
台北101

「台北101」は台北市信義区にある高さ約508m、地上101階、地下5階の超高層ビルです。2004年に完成したときは「世界で一番高い建物」の記録を更新し、世界中で話題になりました。高層階には展望台や見晴らし抜群のレストラン、下層階にはショッピングモールがあり、観光スポットとしても人気を集めています。公式のマスコットキャラクター「Damper Baby」は、「101」をもじったチャーミングな表情が魅力。高層ビルにつきものの振動を抑えるための「チューンド・マス・ダンパー」を擬人化したもので、日本のサンリオ社がデザイン。グッズも販売されています。

台北101に入っている施設

101F:VIPエリア・スカイライン460(屋外展望台)
91F:屋外展望台
89F:屋内展望台
88F:バー
86F:レストラン
85F:レストラン
36F:台北101国際会議センター、カフェバー
7F-84F:オフィス
B1F-6F:ショッピングモール
B2-B5:駐車場

電話番号02-8101-8800

営業時間ショッピングモール 日~木:11:00~21:30、金・土・祝:11:00~22:00|展望台 月〜金:11:00~21:00、土・日:10:00~21:00(最終入場:20:30まで)

URLhttps://www.taipei-101.com.tw/ja/※外部サイトに移動します

アクセス

アクセスイメージ

台北市内から台北101まで

【電車】
「台北車站(台北駅)」からMTR淡水信義線で約14分、「台北101/世貿駅」からすぐ

【バス】
「台北車站(台北駅)」から88号線で約25分、バス停「捷運台北101/世贸站」からすぐ

【車】
台鉄「台北駅」からタクシーで約20分

台北101から展望台まで

台北101の展望台に行くときはまず、エントランスとチケット売場がある5Fへ行きましょう。台北101駅から展望台へまっすぐ行きたいときは、4番出口を出て建物に入ったら左へ進み、エスカレーターで5Fまで行きます。エレベーターを使う場合、赤エレベーターならそのまま5Fまで行くことができますが、緑エレベーターに乗ったときはいったん4Fで降りて、そこからエスカレーターで5Fまで行ってください。チケット売場に到着したら、カウンターもしくは自動券売機でチケットを購入します。その後、同じ階にある展望台直通のエレベーターに乗れば、あっという間に台湾を一望する展望台に到着します。

Taiwan_transportation

関連記事|台湾の交通手段、利用のポイントを解説!

日本とほぼ同じ感覚で乗ることができる台湾の交通手段を紹介!

【台北101展望台】を徹底調解説!

チケット料金と購入方法

チケット購入イメージ
イメージです

【現地購入】
・料金:月〜金:NT$300、土・日・祝:NT$420
・購入方法:現地カウンターもしくは自動券売機で購入

【事前オンライン購入】
・料金:NT$190
・購入方法:インターネットで予約し現地の自動券売機で引き換え
・URL:https://taipei101.partner.klook.com/zh-TW/activity/1659-taipei-101-taipei/
※2021年3月31日時点

台北101展望台からの風景

【オプショナルツアー】台北101展望台へ行こう!

台北101が含まれる観光ツアーなどをご紹介します!

展望台の楽しみ方① 89F パノラマ360

89Fのパノラマ360は、外周がすべてガラス張りになっている展望フロアです。ネーミングの通り、360度すべてから台北の景色を眺められるのが魅力!超高倍率の望遠鏡で街を眺めたり、限定グッズやスイーツが並ぶショップを覗いたりしているうちに、あっという間に時間が過ぎていきます。風による揺れを抑えるための巨大なダンパーもぜひ見学しましょう。

展望台の楽しみ方② 超高速エレベーター

台北101の展望台へ行くためのエレベーターは、分速1,010m(時速60.6km)というスピードで、2004年から2015年まで世界最速のエレベーターとしてギネス認定されていました。展望台へのエントランスがある5Fから89Fまで上昇するのにかかる時間は、わずか37秒。開発したのは東芝で、急激な気圧変化を制御して不快感を減らす仕組みや、揺れを抑えるための最新技術が詰まっています。

展望台の楽しみ方③ 無限の天際

天井と床の鏡面に外の景色が映り込む「無限の天際」。風景が何層にも広がる不思議な空間に立つと鏡の世界に迷い込んだかのようなトリッキーな写真を撮影することができます。こちらは台北101の中でも屈指の写真映えスポットとして人気。空や街並みをバックに、記念に残る1枚を撮影しましょう。ただしスカートをはいているときは反射に気をつけて。

ショッピングモール内のレストラン・ブランド・お土産

ショッピングイメージ
イメージです

B1Fから6Fのショッピングモールは台湾屈指のショッピングスポットです。白を基調とした内部は吹き抜けになっていて、ガラスドームの天井からは光が降り注ぎ、ゴージャスかつ開放感たっぷり。世界の名だたるブランドから、台湾名物のお菓子やお茶が買えるマーケットまでが並ぶ様子は1つの街にいるかのようで、思う存分お買い物を楽しめます。

主なショップブランド

PRADA/LOUIS VUITTON/MiuMiu/BVLGARI/Dior/GUCCI/SAINT LAURENT/Cartier/COACH/Tiffany & Co./SHIATZY CHEN/JADEGIA

【お土産情報】
台北101に行くなら、オリジナルグッズをぜひチェックしておきましょう。台北101に登るキティちゃんコラボのキーホルダーや記念切手などを手にできます。また、展望台のショップには、マスコットキャラクター「Damper Baby」がデザインされたマスキングテープやキーホルダーがずらりと並んでいます。値段もお手頃で、お土産にぴったり。男性には台北101の形をしたクリップや、チューンド・マス・ダンパーの根付がついたキーホルダーなどがおすすめです。

Taiwan_dangan_Watsons_003

台湾でしか買えないおすすめ雑貨!お土産ハントツアー!

雑貨天国の台湾でおすすめの商品をご紹介します!

主なレストランやカフェ

鼎泰豊/廖家生炒花枝/小三元/Hawker CHAN/肉おじさんの七面鳥鶏肉飯/聖加海南チキンライス/康青龍/KUNG FU TEA/マクドナルド/モスバーガー

【35Fにあるスターバックス コーヒー】
35Fにあるスターバックス コーヒーは、知る人ぞ知る展望スポット。入場料は必要ありませんが、予約が必須です。行きたいときはあらかじめ予約を済ませておきましょう。

サイドメニュー

小籠包だけじゃない!台北鼎泰豐の隠れおすすめメニュー!

小籠包以外でぜひ味わっていただきたいおいしいメニューをご紹介

35Fにあるスターバックス コーヒー

スターバックス コーヒー 神戸北野異人館店
イメージです

35Fのスターバックス コーヒーはオフィスエリアにある店舗で、完全予約制です。行きたい日の一週間前から前日までに予約をしておけば観光客も入ることができます。予約方法は電話のみ(台湾国内から02-8101-0701)。英語もしくは中国語で希望の日時や人数、名前を伝えて予約番号を発行してもらいましょう。当日は指定の時間に集合場所へ行くと、そこから店員さんが35階の店舗に案内してくれます。

大晦日カウントダウンの花火は必見!

カウントダウンの花火

台北101で行われるイベントの中でも人気なのが、大晦日のカウントダウン花火です。新年の訪れとともにたくさんの花火が打ち上がり、ビルそのものが華やかな光に包まれる光景は圧巻。花火とLED、音楽による演出は幻想的で特別なひとときを過ごすことができます。

【おすすめ鑑賞スポット】
・国父紀念館前
台北101の北西に位置する施設で、広場からは台北101の全貌を眺めることが可能です。花火に加えて壁面のLED映像も楽しめます。

・MRT象山駅前
台北101からみて南東側にある駅です。アクセスがよく、視界の邪魔になるような建物もないため、ビルの全貌を楽しめます。

台北101から行ける周辺観光

【四四南村】

四四南村

アクセス:《電車》MTR淡水信義線「台北101駅」から徒歩で8分

かつて「四十四兵工廠」で働く人々とその家族が暮らしていたエリアで、現在はレトロな建物が残る写真スポットとして注目を集めています。ベーグルが名物のカフェ「好,丘」が人気。

【九份】

九份

アクセス:《バス》MTR淡水信義線「台北101駅」から電車で約10分、MTR文庫湖線「忠孝復興駅」から路線バスで約1時間30分、バス停「九份老街」から徒歩約1分

かつて金鉱脈があり「金の街」として栄えた九份。現在は赤ちょうちんが目印のノスタルジックな街並みが広がる観光地として知られています。日本統治時代の建物も多く残り、迷路のような街を楽しみながら、お茶や芋団子などのご当地グルメも味わいましょう。

台湾のツアーを探す

関連情報

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる