和洋折衷喫茶ナガヤマレスト

【2022年】札幌で人気のおしゃれカフェ16選!隠れ家やエリア情報も

2022/03/18

57,367views

グルメ天国札幌は、おしゃれで美味しいカフェがたくさんあります。今回は、そんな札幌のカフェをランチや隠れ家カフェなどの項目別にご紹介!エリアもあるので、お出かけ先の気になるカフェをチェックしてみましょう♪

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

札幌で【人気】のカフェ4選

カフェブルー 本店/中央区

カフェブルー パンケーキカフェブルー パンケーキカフェブルー 外観

藻岩山の麓にたたずむ古民家をリノベーションしたカフェ。店名に「ブルー」とある通り、青い屋根が特徴の白い木造一軒家です。一番人気のメニューは「ブルーベリーレアチーズ」のパンケーキ。果肉たっぷりの贅沢な自家製ブルーベリーソースに、相性の良いレアチーズを添えています。藻岩山ロープウェイから徒歩圏内なので、展望台の景色やウィンタースポーツを満喫したあとに立ち寄りたいスポットです。

アクセス《電車》「ロープウェイ入口駅」から徒歩約5分

料金パンケーキorワッフル:880円(税込)~、ブルーベリーレアチーズ:1,520円(税込) 他

電話番号011-512-1916

営業時間11:00〜19:00(ラストオーダー:18:00)、冬季間:平日のみ11:00〜17:00(ラストオーダー:16:00)
※詳しい情報は店舗Instagramをご確認ください。

URLhttps://www.cafeblue.jp/

石田珈琲店/北区

石田珈琲店-コーヒーとプリン石田珈琲店-店内石田珈琲店-店内

北海道大学の近く、閑静な住宅街の一角に構える、自家焙煎コーヒーが自慢の直売&カフェです。珈琲豆は常時10~15種類ほど用意されていて、中でもブレンドは「寺町浪漫」や「石田骨喜(いしだこーぴー)」などオリジナルのネーミングに心惹かれます。カフェでは、コーヒーと合わせてケーキやプリン、キッシュなどの軽食も味わいたいところ。喫茶店ならではのノスタルジックな空気感にも癒されます。

アクセス《電車》南北線「北18条駅」から徒歩約2分

料金てらまちろまん:540円(税込)、カスタードプリン:440円(税込) 他

電話番号011-792-5244

営業時間11:00~18:00、休み:火・水
※新型コロナウイルスの影響により、現在は時短営業をしています。

URLhttps://www.ishidacoffeeten.com/

森彦/円山公園

森彦本店-ガトフロピース森彦本店-森の雫森彦本店-内観MORIHICO.

円山公園エリアの裏路地にひっそりと店を構えるおしゃれカフェ。
木造民家を活用した店内は木々のぬくもりに溢れ、春はクロッカス、秋は野葡萄など四季折々の自然に包まれます。
MORIHICO.の専属焙煎士の手によるコーヒー豆は全国から注文が来るほどの人気ぶりです。中でも本店・森彦限定の深煎りブレンド「森の雫」は外せません。

アクセス《電車》「円山公園駅」から徒歩約4分

料金森彦限定 森の雫:680円(税別)、ガトーフロマージュ:420円(税別) 他

電話番号0800-111-4883

営業時間10:00~21:00(ラストオーダー:20:30)、土・日・祝(5月~10月):08:00~21:00(ラストオーダー:20:30)、休み:年末年始

URLhttps://www.morihico.com/

時計のない喫茶店/北12条

時計のない喫茶店時計のない喫茶店 コーヒー時計のない喫茶店 店内

白を基調とした店内に、ナチュラルテイストのインテリアを配した爽やかな空間。こちらのカフェで味わえるコーヒーは、世界各地から取り寄せる豆の特徴を堪能できるよう、すべて浅煎りにこだわっています。香りを際立たせる特別なグラスで提供するスタイルも同店ならでは。珈琲とお酒のマリアージュを楽しむメニューも人気です。居心地の良さに、つい長居してしまうはず。

アクセス《電車》「北18条駅」から徒歩約2分

料金Drip Coffee:700円(税込)~、季節のバターサンド:450円(税込) 他

電話番号090-9088-9126

営業時間10:00~18:00(ラストオーダー:17:30)、休み:月

Instagramhttps://www.instagram.com/tokeinonaikissaten/?hl=ja

ランチにおすすめな【おしゃれ】カフェ4選

薄野喫茶パープルダリア/すすきの

薄野喫茶パープルダリア-いちごフルーツブドウ薄野喫茶パープルダリア-食事風景薄野喫茶パープルダリア-ショーケース 夜

「パープルダリア」というの名前通り、紫色を基調としたカフェ。紫のネオンが灯る店内には、ステンドグラスの窓や絵画などのインテリアがセンス良く配されています。懐かしさを感じる店構えでありながら、パフェなどインスタ映え間違いなしの今どきのスイーツや食事メニューも豊富です。6時間じっくり煮込んだ豚骨が味の決めての「煮込みハンバーグカレー」は人気メニューの1つ。

アクセス《電車》「すすきの駅」から徒歩約3分

料金煮込みハンバーグカレー:1,180円(税込)、パフェ:1,280円(税込)~ 他

電話番号011-211-6991

営業時間11:00~20:00(ラストオーダー:料理 19:00、ドリンク 19:30)

Instagramhttps://www.instagram.com/purple_dahlia_sk/?hl=ja

ノーザンテラスダイナー/大通

ノーザンテラスダイナー サンドイッチ

ノーザンテラスダイナー店内

道内初の本格的洋式ホテルとして知られる「札幌グランドホテル」内のレストランは、フレンチやブッフェも楽しめるオールデイダイニングです。伝統の洋食メニューも並ぶランチバイキングのほか、気軽に楽しめるプレートメニューもおすすめ。夜限定のメニュー「海老とアボカドのサンドウィッチ」は、スープやデザート、コーヒー付きで簡単な食事にもおすすめです。

アクセス《地下鉄》「大通駅」から徒歩約5分

料金海老とアボカドのサンドウィッチ:1,800円(税込)、あたたかいホテル伝統のアップルパイ バニラアイスクリーム添え:900円(税込) 他

電話番号011-261-3376

営業時間06:30~22:00(ラストオーダー)
※最新の営業情報は公式HPをご確認ください。

URLhttps://grand1934.com/restaurant/northern-terrace-diner/

FAbULOUS/中央区

大きな窓から自然光が差し込む開放的なカフェ&レストラン。ランチタイムには、カジュアルなフードメニューや自家製スイーツ、淹れたてのコーヒーなどを楽しめます。人気のガレットは、生ハムや海老&アボカドなど食べ応え十分。ガレットには、定番のコンビネーションのりんごのお酒「シードル」と合わせて。米粉バケットを使用したファビュラスサンドは全6種類。いずれもドリンク付きでお得です。

アクセス《電車》「バスセンター駅」からすぐ

料金ガレット:1,080円(税込)~、ファビュラスサンド:1,080円(税込) 他

電話番号011-271-0310

営業時間09:00~21:00(ラストオーダー:20:30)

URLhttp://www.rounduptrading.com/

パフェ、珈琲、酒、佐藤/中央区

パフェ、珈琲、酒、佐藤パフェ、珈琲、酒、佐藤-外観パフェ、珈琲、酒、佐藤 内観

店名に掲げる通り、パフェ、珈琲、お酒すべてにこだわりを持つ人気店。カウンター席を設けた店内は、おしゃれな居酒屋のようであり、隠れ家バーのようにも感じます。札幌に来たならば、シメパフェを楽しみたいところ。トレンドのピスタチオのほか、旬のフルーツを使ったパフェが絶品です。ランチタイムには「バターチキンカレー」や「フルーツサンド」などの食事メニューがおすすめです。

アクセス《電車》「大通駅」から徒歩約2分

料金塩キャラメルとピスタチオ:1,265円(税込)、『佐藤』堪能コース:2,860円(税込) 他

電話番号011-233-3007

営業時間18:00~24:00、金:~翌02:00、土:13:00~翌02:00、日:13:00~00:00、休み:不定休

URLhttp://pf-sato.com/

かわいい!【インスタ映え】するカフェ4選

ミルク専門店 みるくsan 麻生店/北区

ミルク専門店 みるくsanミルク専門店 みるくsan 内観ミルク専門店 みるくsan 外観

酪農家こだわりの北海道産のミルクを使ったスイーツやパン、ドリンクが揃うミルク専門店。丸みのあるボトルにキュートな牛のイラストがあしらわれたドリンクは、見た目のかわいさ&おいしさで大人気です。食べ比べもできるソフトクリームなど、新鮮な牛乳をたっぷり使ったメニューが豊富。ミルククリームを堪能できる、パステルカラーがかわいい韓国風マカロン「トゥンカロン」も話題。

アクセス《電車》「麻生駅」からすぐ

料金いちごミルクカップ:580円(税込)、トゥンカロン:330円(税込)~

電話番号011-839-5733

営業時間11:00〜19:00

URLhttps://www.milk-san.com/index.html

サタデイズチョコレートファクトリー&カフェ/北区

2015年(平成27)創業、カカオ豆からチョコレートを作る「ビーントゥバーチョコレート」の専門店。同店では、できる限りカカオ農園に足を運び、カカオ豆を厳選しています。そうすることで、カカオ豆栽培で問題となっている、児童労働とつながることなく、チョコレートを作ることが可能になっています。
併設のカフェでは、オリジナルチョコレートの魅力が詰まったスイーツをはじめ、多彩なメニューを提供。ホットでもアイスでも楽しめるチョコレートドリンク「サタデイズ・チョコレート・ラテ」はスタイリッシュなパッケージとあいまってテイクアウトでも人気です。

アクセス《電車》「バスセンター前駅」から徒歩約2分

料金サタデイズ・チョコレート・ラテ:550円(税込)、サタデイズ・カフェモカ:660円(税込) 他

電話番号011-208-2750

営業時間10:00~18:30、休み:水

URLhttps://www.saturdayschocolate.com/

和洋折衷喫茶ナガヤマレスト/バスセンター前

和洋折衷喫茶ナガヤマレスト パフェ集合和洋折衷喫茶ナガヤマレスト 5色フロート和洋折衷喫茶ナガヤマレスト 店内

北海道開拓に尽力した軍人であり、明治期の華族として知られる永山武四郎の旧邸宅内にあるカフェ。歴史ある建物は北海道の有形文化財に指定され、店内は邸宅の特徴と同じく「和洋折衷」をコンセプトにしています。おすすめは、十勝・北広牧場のソフトクリームが存在感バツグンのパフェ。イートインとテイクアウトで見た目が異なるので、リピートするファンも多くいます。

アクセス《電車》「バスセンター前駅」から徒歩約8分

料金ソフトクリームパフェ各種:1,080円(税込)~、プリン・ア・ラ・モード:1,080円(税込)、永山邸カレー:1,080円(税込)

電話番号050-5487-4507

営業時間11:00~20:00(ラストオーダー:フード 19:00、ドリンク 19:30)、休み:第2水

URLhttp://wondercrew.jp/nagayamarest/

BARISTART COFFEE/大通公園

狸小路に店を構えるコーヒースタンドでは、オーナーが慣れ親しんできた北海道のミルクの美味しさを最大限に引き出すコーヒーにこだわっています。取り扱っているミルクは、バランス重視のブレンドミルクや、濃厚なジャージーミルク、まろやかな甘みが特徴のガンジーミルクなど。豆やミルクの種類を自分好みにチョイスできるのも楽しいポイント。海外のカフェのような外観&内装、商品のパッケージやラテアートまで、すべてがフォトジェニックです。

アクセス《電車》「西4丁目駅」から徒歩約2分

料金LATTE/TEA:500円(税込)~、ミルクブリューコーヒー:600円(税込) 他

電話番号011-215-1775

営業時間10:00〜17:00

URLhttps://www.baristartcoffee.com/

【隠れ家的】郊外や穴場のカフェ4選

FAKE SURPRISE SWEETS/羊ヶ丘通

FAKE-SURPRISE-SWEETS チーズみたいなチ-ズケーキ

目玉ったると

「○○○のそっくり」を目指した「そっくりスイーツ」が自慢のお店。「まるでチーズみたいな生チョコレート」や、穴あきチーズそっくりの「そっくりサプライズチーズケーキ」など、興味を惹かれるメニューが満載です。スイーツ作りには北海道産のバターや生クリーム、クリームチーズなど地元食材のみを使用。住宅街の中に佇む小さなお店ですが、SNSで話題沸騰中です!

アクセス《電車》「大谷地駅」からバスと徒歩で約25分

料金そっくり目玉ったると(2個):840円(税込)、そっくりサプライズチーズケーキ:2,700円(税込) 他

電話番号011-375-9479

営業時間11:00~18:00、休み:火

URLhttps://fakesurprise.theshop.jp/

夜パフェ専門店 ななかま堂/中央区

「ディナーやお酒を楽しんだあとが一番美味しく食べられる」夜パフェ専門店。多種多様なパーツからなるパフェは、味わいの強弱や、食べ始めから終わりまでの味わいのストーリー、パーツ同士の相性などをオーナー自らが考え抜いたオリジナル。また、ベストな食べ時に提供できるよう、全て手作りのパーツはオーダーが入ってから組み立てています。食材の旬と北海道の食材にこだわっているため、メニューはすべて期間限定。有名店「パフェテリア パル」の系列として2017年にオープンしたお店なので、新しいシメパフェをお探しの方におすすめです。

アクセス《電車》「すすきの駅」から徒歩約5分

料金お茶目な”すずらん”~return of happiness~:1,600円(税込)、冬木立:1,600円(税込) 他

電話番号011-596-8607

営業時間19:00~24:00(ラストオーダー:23:30)、金・土・祝前日:19:00~26:00(ラストオーダー:翌01:30)、休み:不定休

URLhttps://risotteria-gaku.net/

nina nino/西区

ninanino デコレーションケーキninanino ももパフェninanino バスクチーズケーキ

西区二十四軒に店を構えるアットホームなカフェ。手作りケーキとパンが自慢で、商品作りから店舗内装・看板デザイン、イラスト作成など、すべての作業を家族で手がけているそうです。営業日は月・日曜日のみと、狙いを定めて訪れる必要があるレア感も話題性バツグンです。丁寧に作られたパフェやケーキ、パンのほか、焼きカレーなどの食事メニューも揃えています。

アクセス《地下鉄》「琴似駅」から徒歩約10分

料金季節のパフェ:1,300円(税込)~、オーガニックコーヒー:420円(税込)他

電話番号090-9082-0111

営業時間日・月:12:00~17:00、休み:火・水・木・金・土

URLhttp://ninanino.jp/

イニシャル/すすきの

札幌発のシメパフェブームに一役買った「イニシャル」。「お酒とデザートのマリアージュ」をコンセプトに、10種以上のラグジュアリーなパフェを取り揃えています。いちごや柚子など12種以上のパーツを組み合わせた「パルフェ・ブラン」、みかん&シャインマスカットを使い、さりげない苦みや渋味で大人の味わいを演出している「パルフェ ソレイユ」など、旬のフルーツを使用したパフェが特に人気。甘い物によく合う自家製カクテルも併せて楽しんで。

アクセス《電車》「すすきの駅」から徒歩約3分

料金パルフェ・ブラン:2,310円(税込)、パルフェ ソレイユ:1,518円(税込) 他

電話番号011-211-0490

営業時間13:00~24:00(ラストオーダー:23:30)

Instagramhttps://www.instagram.com/initial_sapporo/

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる