ハイジ牧場動物

北海道の牧場「様々な体験ができる!」おすすめスポット10選~主要都市からのアクセス情報も~

2021/10/15

20,549views

この北海道の記事では、様々な体験ができる観光客向けの牧場と主要都市からのアクセス情報を紹介します。地平線まで続く草原で、ゆっくり過ごす牛や馬…北海道観光で、そんな牧場のイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。桁違いに広い牧場は気分も晴れやかになるうえ、可愛いらしい動物たちとの触れ合いも楽しいですよ。北海道のあちこちに牧場が点在しているので、どこに行ったらよいのかわからない時にも参考にしてください。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

ノーザンホースパーク/苫小牧市

ノーザンホースパーク

【主要スポットからのアクセス】
札幌から車で約1時間/新千歳空港から車で約20分

競馬のG1レース優勝馬を多数輩出している競走馬の名門牧場「ノーザンファーム」が母体の、北海道の自然と馬の魅力を伝えるテーマパークです。かつて競馬場で活躍したサラブレッドをはじめ、約80頭もの馬が暮らしており、入園者には、馬と気軽に触れ合える体験やイベントが用意されています。

ほか、サイクリングやパークゴルフなど北海道の大自然を満喫できるアクティビティや、地元食材を使用した料理を提供するレストランも。馬に興味がある人、自然を楽しみたい人は1度は訪れておきたい施設です。

馬との触れ合い体験

馬に乗っている写真

乗馬初心者も馬とのコミュニケーションを楽しめる体験乗馬レッスンや、乗馬をしながら大自然を散策するホーストレッキング、子どもも楽しめる観光ひき馬など、気軽に馬と触れ合えるプログラムが満載。

ゆったりと場内を巡りたい時は、心地よい揺れと馬の足音が牧歌的な観光馬車がおすすめです。きゅう舎に足を運ぶと、引退した競走馬たちの暮らしを垣間見ることもできます。

馬について学べる

ノーザンホースミュージアム

馬について詳しく知りたい人におすすめなのが「馬の気持ち」を学べるノーザンホースミュージアム。馬の生態や種類、人との関わりの歴史をはじめ、馬の手入れに使う道具など、たくさんの資料が展示されています。子ども用の木馬などもあり、ファミリーにもおすすめです。

様々なアクティビティ

アクティビティ

自然の中で楽しむガンシューティングゲームやアーチェリーのほか、ゴルフやテニス、バスケットボールなどのスポーツ施設が充実しています。

園内を快適に回れるランドカーやサイクリング、セグウェイなどの乗り物系もおすすめです。また、冬季はスノーモービルやスノースライダーなど、雪国ならではのアクティビティも楽しめ、季節を問わず1日中遊べるアクティビティが用意されています。

アクセス《車》新千歳空港ICから約20分
※新千歳空港から無料シャトルバスあり

料金4月15日~11月5日 大人(中学生以上):800円、子ども(小学生):400円|11月6日~4月9日 大人(中学生以上):500円、子ども(小学生):200円 ※アクティビティ料金別途要

電話番号0144-58-2116

営業時間4月15日~11月5日:09:00~17:00、11月6日~4月9日:10:00~16:00、休み:4月10日~4月14日

URLhttps://www.northern-horsepark.jp/

北海道箱根牧場/千歳市

牛舎入り口

【主要スポットからのアクセス】
札幌から車で約1時間/新千歳空港から車で約40分

牧場産の新鮮な肉や牛乳を使用した、多彩なプログラムを体験できる観光牧場です。ソーセージや生キャラメル、チーズ作りのほか、乳しぼりや乗牛の体験プログラムも。

冬季期間はスノーモービルや雪上バナナボートで雪が降り積もった牧場内を爽快に駆け抜けるアクティビティを用意しています。牧場産の新鮮な肉やチーズ、野菜が食べられるレストランも魅力です。

手作り体験教室が満載

チーズ作り体験

牧場でとれた鮮度抜群の肉や牛乳を使い、ソーセージ、生キャラメル、チーズを作る工房体験プランが用意されています。それぞれ1時間程度で完成する内容になっていて、小学生以下の子どもは親子で体験できますよ。作ったあとはお土産として持って帰ることができます。出来立ての味をぜひ楽しんでください。当日予約もOKです。

牧場の生産品がレストランで味わえる

レストラン

レストランでは、手作りのモッツアレラチーズやハンバーグのほか、バーベキューなど多彩な料理が食べられます。「ハンバーグ」は牧場の牛肉100%の手作り。「牧場のカレー」は、牧場の牛肉のほか、旬の野菜をたっぷり使って提供しています。

アクセス《車》追分ICから約10分

料金生キャラメル作り(1セット2名分):3,000円 他

電話番号0123-21-3066

営業時間10:00~17:00、休み:火、年末年始

URLhttp://www.hakonebokujo.com

ナイタイ高原牧場/上士幌町

牧場写真

【主要スポットからのアクセス】
帯広から車で約55分/とかち帯広空港から車で約1時間20分

ナイタイ山の麓の牧場は、約1,700haの面積に約2,000頭の牛が放牧されている日本一広い公共牧場です。
見晴らしの良い牧場の頂上に作られたナイタイテラスは、ロケーションが抜群で、店内から雄大な十勝平野を一望できます。牧場入口ゲートからテラスまで続く約10kmの道のりも絶景です。

のどかな十勝平野の風景をきれいなテラスから望める

ナイタイテラス

標高約800mの高さにあるレストハウス「ナイタイテラス」は、足元から天井までが全面ガラス窓の迫力ある造りで、牧場全体はもちろん、のどかな十勝平野一帯を眺めることができるロケーションが魅力です。まるでパッチワークのような田園風景はSNS映えする写真撮影スポット。テラスに併設の展望カフェでは、地場の肉や魚、野菜を使用したメニューを取り揃えています。

ドライブで牧場の絶景ビューを独り占め!

ナイタイドライビングロード

ナイタイ展望台入口からナイタイテラスまでは約6kmのドライビングロードになっています。道中では、たくさんの牛が集団で移動している様子や草をはむ姿を見られるチャンス。標高が高くなるに連れて変わりゆく情景を、ドライブで堪能してみませんか。

アクセス《車》音更帯広ICから40分

料金入場料:無料

電話番号01564-7-7272(上士幌町観光協会)

営業時間6月~9月:07:00~19:00、4月29日~5月・10月~11月1日:~18:00|ナイタイテラス:09:00~17:00、休み:11月~4月

URLhttps://karch.jp/naitai.php

えこりん村 銀河庭園&みどりの牧場/恵庭市

えこりん村

【主要スポットからのアクセス】
札幌から車で約35分/新千歳空港から車で約20分

持続可能な社会を作るため、子どもの未来を守るために、エコや食の安全を重視した活動に取り組んでいるえこりん村。広大な敷地には、たくさんの花が咲き乱れる庭園やバーベキューレストラン、キャンプ場のほか、牧羊犬ショーやファームツアーなどのイベントも行われています。札幌からのアクセスも良く、気軽に足を運べる観光施設です。

SNS映えする美しいガーデンで散策

えこりん村ガーデン

世界的なガーデンデザイナーが設計した10haの銀河庭園では、様々な花を栽培しています。

春は10種類、計約5万球もの水仙が、初夏には北海道の気候と相性の良い青い花々が咲き誇ります。さらに夏には「ロズビィのバラ畑」を中心に600品種、約5,000株のバラが美しい姿を見せてくれます。秋になると80品種、約1,500株のダリアがお目見えします。

芸術的なアイアンの装飾に花を這わせるなどロマンチックに演出した庭園は、どの季節に訪れてもSNS映えする1枚を撮影できますよ。なお、銀河庭園は有料エリアとなっています。

エキサイティングな牧羊犬ショーを見学

放羊犬ショー

みどりの牧場では、人間と牧羊犬が一緒になって観客の目の前まで羊の群れを追い込むショーを楽しめます。牧羊犬が、人間の合図で右に左にとアグレッシブに動き回り羊をコントロールする様子は、迫力満点。人間と牧羊犬の信頼関係を垣間見ることができるイベントです。

開催は11時・13時・15時の1日3回あり、営業期間中は毎日開催されています。なお、こちらも有料エリアとなっています。

アクセス《車》恵庭ICから約3分《バス》JR千歳線「恵庭駅」から無料送迎バスで15分

料金銀河庭園&みどりの牧場入園料 大人:1,200円、子ども(中学生以下):600円
※大人1名につき中学生以下5名まで無料

電話番号0123-34-7800

営業時間4月下旬~9月:09:30~17:00、10月:~16:00、休み:11月~4月下旬

URLhttp://www.ecorinvillage.com/index.html

幌延町トナカイ観光牧場/幌延町

トナカイ観光牧場 外観

【主要スポットからのアクセス】
名寄から車で約1時間50分/稚内空港から車で約50分

たくさんのトナカイが出迎えてくれる観光牧場は、まるでサンタクロースの故郷・北欧を訪れたかのような雰囲気です。場内では、トナカイと触れ合えるエサやり、ソリの体験ができるほか、幸せを呼ぶお守りとして人気の、トナカイの関連商品を購入できます。出産時期を迎える毎年5月には愛らしいトナカイの赤ちゃんに会えるチャンスも。

またノースガーデンでは、日本での栽培が困難であることから”幻の青いケシ”と呼ばれるブルーポピーも見られます。

トナカイのエサやり、ソリ遊びができる

ソリ遊び

国内では滅多に出合う機会のないトナカイを間近で見られるうえに、エサやりができたり、冬期間にはトナカイのソリに乗る体験ができたりします。サンタクロースの衣装を無料貸し出ししているので、トナカイと一緒に写真を撮るのもおすすめ。ちなみに、全国にトナカイを出張させることもできるので、クリスマスイベントの盛り上げにも一役買ってくれそうです。

目にも鮮やかな幻の青い花畑が見学できる

青い花畑

牧場内のノースガーデンでは、日本国内では栽培が難しいとされる、高山植物のブルーポピーを見学できます。元来は、主にヒマラヤ山脈や中国の山岳地帯といった寒く厳しい環境でしか育たないため、「秘境の花」「天上の妖精」などと呼ばれることも。

開花期間は6月中旬から7月中旬の約1か月間と短いため、時期を見逃さずにお出かけしましょう。息をのむほどに美しく、澄んだ青色の花畑に、感動すること間違いなし。

アクセス《車》士別剣淵ICから約2時間20分《バス》JR函館本線「札幌駅」からバスで約5時間、バス停「幌延深地層研究センター前」から徒歩約5分

料金入場料:無料、トナカイえさ:1袋200円 他

電話番号01632-5-2050

営業時間09:00~17:00、休み:月(祝祭日の場合:火)、12月31日~1月5日

URLhttp://tonakai-farm.com/

のぼりべつクマ牧場/登別市

牧場空撮

【主要スポットからのアクセス】
札幌から車で約1時間30分/新千歳空港から車で約1時間

登別の観光スポットの中でも特に有名なのぼりべつクマ牧場は、ヒグマの赤ちゃんや、約70頭もの成獣が見られるとともに、博物館でヒグマの生態や習性などを学べます。ヒグマの迫力ある動きに加えて、エサやり体験で垣間見える愛くるしさ、赤ちゃんのぬいぐるみのようなかわいらしさは、1日いても見飽きることはありません。

屋上の展望台からは神秘的なクッタラ湖、遠くは青森県の下北半島まで望めます。

ヒグマの生態が学べる博物館

博物館

ヒグマに関する資料を約500点も展示、ヒグマの習性や生態が詳しく学べます。中でも、生後1日目から成獣までを剥製にした展示物は迫力満点。毎月第2土曜と日曜は、ヒグマの生態や最先端の研究を紹介する、牧場の飼育員による講座が開催されています。※新型コロナウイルス感染拡大防止のためヒグマのレクチャーは当面休止、再開の時期はHPをご確認ください。

個性豊かなヒグマが集まる牧場

ポーズをとっているクマ

牧場内にいるヒグマはオスとメスで分けられています。オスがいる第1牧場では、人間がオリの中にいて、まるでヒグマに狙われるかのような体験ができます。メスを育てている第2牧場では、クマの賢さや器用さを見ることができるエリア。エサやり体験では、おやつをおねだりするヒグマの可愛らしいアピールも必見です。

愛らしい子グマを見学できる

こぐま画像

牧場では、子グマが誕生した年の5月~11月限定で、ぬいぐるみのような可愛い赤ちゃんグマを見学できます。わらのベッドで眠る愛くるしい姿や気持ち良さそうに日向ぼっこしている姿に、癒されること間違いなし。上手に木登りして葉っぱを食べたり、一生懸命に魚捕りの練習をしたりする姿もお見逃しなく。

アクセス《車》登別東ICから約10分《バス》JR室蘭本線「登別駅」からバスで約15分、登別温泉バスターミナルから徒歩約5分

料金大人:2,650円、子ども(小学生以下):1,350円

電話番号0143-84-2225

営業時間09:30~16:30(最終入園:15:50まで)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業時間を短縮中

URLhttps://bearpark.jp/

ファームズ千代田 ふれあい牧場/美瑛町

牧場空撮

【主要スポットからのアクセス】
富良野から車で約40分、旭川から車で約40分/旭川空港から車で約30分

「丘の町」美瑛町の抜群のロケーションのなかで、動物たちとの触れ合いや新鮮な牧場グルメを楽しめます。ウマやヤギ、ヒツジ、ラマなど様々な動物にエサをあげたりと触れ合い体験ができたり、子どもと一緒に訪れるのもおすすめです。

4月下旬から10月まで営業している、牧場のすぐそばにあるキャンプ場では、北海道の大自然を感じながら「びえい和牛」に舌鼓を。ここでしか体験できない極上の休日を過ごせるでしょう。

動物たちと触れ合える

羊

牧場内ではジャージー牛やヒツジ、ヤギ、ニワトリ、ウサギ、北海道和種のどさんこ、可愛らしいミニチュアホースやポニーなど、多種多様な動物たちと気軽に触れ合えます。牛の乳しぼりやエサやり、乗馬などの体験プログラムが豊富に用意されているので、動物たちに会いたくなったら気軽に足を運びましょう。入場料は無料です。

牧場のすぐそばでキャンプも可能

キャンプ場

北海道の大自然を肌で感じたい人には、キャンピングカーやテントで泊まれる千代田の丘キャンプ場の利用がおすすめ。14時から翌10時までゆっくりと過ごせますよ。キャンプ場の利用者は、牧場が子牛から育てた黒毛和牛「びえい和牛」をお得な価格で購入できます。良質なステーキや焼肉はキャンプに華を添えてくれるはずです。

美瑛の絶景を背景に、プロカメラマンによる記念撮影ができる

ウェディングフォト

牧場では、プロのカメラマンによるウェディングフォトや記念撮影のサービスを提供しています。別名”丘の町”と呼ばれることとなった、地平線まで続く緑豊かな抜群のロケーションは、圧巻の一言。美しい背景を活かした記念写真は、牧場を訪れた最高の思い出になるでしょう。動物たちと撮影することもできますよ。

アクセス《車》旭川鷹栖ICから約55分

料金エサやり体験 固形飼料:100円 他

電話番号080-6064-0174

営業時間09:00~17:00

URLhttps://fureai-sc.org/

山川牧場/七飯町

山川ミルクプラント

【主要スポットからのアクセス】
函館から車で約30分/函館空港から車で約30分

大沼国定公園の近くに位置する、明治後期に創業した歴史ある牧場です。牛のエサとなる良質な牧草を育てるために有機農法による土づくりを行い、新鮮かつ品質に徹底的にこだわった牛乳を味わえます。これまでに数々の賞を獲得している牛乳やヨーグルトの味を存分に堪能してくださいね。

牧場のミルク製品が飲食できる(山川牧場ミルクプラント)

ソフトクリーム

イートインコーナーを備えたミルクプラントでは、まず牧場の定番「山川牧場特濃牛乳」と「ヨーグルト」を味わいましょう。ほか、新鮮な牛乳で作られたソフトクリームは深いコクと程良い甘みが絶妙。バニラ・チョコ・抹茶・ミックスなどたくさんの種類から好みをチョイスできます。

牧場の牛乳の味わいを活かした4種類のミルクシェークや、牛乳とフレッシュなフルーツを合わせた3種類のスムージーなども人気の商品です。

牧場のミルク製品が購入できる(山川牧場ミルクプラント)

乳製品

山川牧場ミルクプラントの味をお土産や自宅で楽しむなら、ミルクの濃厚な風味が特徴の山川牧場特濃牛乳がおすすめ。加えて、ジャージー牛乳を100%使用したチーズも人気です。牛乳の自然な甘さを楽しめる「さけるチーズ」、温野菜やパンとの相性が良い「プロヴォローネチーズ」などを揃えています。

山川牧場ミルクプラント

アクセス《車》大沼公園ICから約15分《電車》JR函館本線「大沼駅」から徒歩約10分《バス》北海道新幹線「新函館北斗駅」からバスで約30分、バス停「大沼公園」から徒歩約25分

料金入場料:無料

電話番号0138-67-2114

営業時間4月~10月:09:00~17:00、11月~3月:10:00~16:00、休み:木(11月~3月、祝祭日の場合:金)

URLhttps://www.yamakawabokujo.com/

カントリーファーマーズ藤田牧場/鹿追町

牧場看板

【主要スポットからのアクセス】
富良野から車で約1時間35分/とかち帯広空港から車で約1時間

ヨーロッパスタイルのおしゃれな観光牧場。牛舎の屋根に佇む、風見鶏ならぬ風見牛はしゃれっ気が効いています。

牧場内では、牧場見学と乳しぼりやバター作りが一緒になった体験プランなど、友達や家族と一緒に楽しめるプログラムを用意。また、コテージを貸し切って牧場に泊まれるプランもあり、休日をのんびりと過ごしたい人にもおすすめです。
※新型コロナウイルス感染拡大のため、牧場体験、宿泊ともに臨時休業中。再開時期はHPでご確認ください。

牧場見学と乳しぼり体験

牧場外観

牛の生態や飼育方法などをスタッフがレクチャーしてくれる牧場見学は、学びながら命の大切さを知る貴重な機会です。

約1時間~1時間30分かけて行う中で、最大の目玉は乳しぼり。牧場のスタッフから上手にしぼるコツを教えてもらえるので安心です。また、別の体験メニューでは、新鮮な牛乳を使った無塩バター作りにもチャレンジできます。

牛の温もりを手のひらで感じながら行う作業に、きっと感動を覚えることでしょう。どちらのメニューも2歳以下の子どもは入場無料(親の同伴が必要)。前日までにWEBでの予約が必要です。

牧場に泊まれる

カントリーコテージ内観

牧場を満喫するのに1日では足りない人は、牧場内にあるコテージへの宿泊がおすすめ。最大10名まで、1泊から最大7泊まで貸切が可能と、大人数で訪れるのにも向いています。近隣には天然温泉やアウトドアのアクティビティ体験ができるところもあり、観光拠点としての利用にも最適です。

アクセス《車》十勝清水ICから約30分《バス》JR根室本線「帯広駅」からバスで約1時間25分、バス停「藤田牧場」からすぐ

料金牧場見学+乳しぼり体験:2,500円、牧場見学+乳しぼり+バターづくり体験:3,500円、コテージ宿泊貸切プラン1泊:20,000円(前日までにWEBで要予約)

電話番号080-5296-0099

営業時間4月29日~10月31日 体験プラン:10:00または13:00~※所要時間:1時間〜2時間、休み:11月~4月

URLhttps://www.fujitafarm.com/

ハイジ牧場/長沼町

ハイジ牧場

【主要スポットからのアクセス】
札幌から車で約55分/新千歳空港から車で約25分

アイスクリームやバター、羊毛クラフトなどの手作り体験、乗馬や、子ヤギや子羊への哺乳といった動物と触れ合える体験など、子どもから大人まで楽しめる観光牧場です。1日1組限定の夕食プランでは、北海道の大地に沈みゆく夕日を眺めながらジンギスカンの食べ放題を楽しめます。

動物体験ができる

こやぎ

牧場には牛や馬をはじめ、ニワトリ、ダチョウ、エミューなど様々な動物が暮らしており、一部の動物は触れ合い体験ができます。ぬくもりを感じられる牧場ならではのエサやりや乗馬体験ができ、どちらもスタッフがサポートしてくれるので子どもでも安心です。

子ヤギや子ヒツジにミルクをあげる哺乳体験では、一生懸命にミルクを飲む姿から、命の大切さや動物のたくましさを間近感じられるでしょう。

様々な手作り体験ができる

羊毛クラフト体験

牧場では、お土産として持ち帰りができる手作り体験が用意されています。羊毛クラフト体験は、牧場で暮らす羊の毛を使用して羊毛100%のフェルトボールを作る体験です。また、アイスクリームやバターを作る体験は、完成後にその場で出来立てを味わえます。いずれも30分程度で完成する内容で、手軽に親子でも挑戦できますよ。

アクセス《車》千歳東ICから15分

料金大人:1,000円、子ども(小学生以下):500円 他

電話番号0123-88-0011

営業時間10:00~16:00、休み:水(祝の場合営業)

URLhttps://www.heidi-farm.com/

北海道の関連情報

旅Pocket 編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる