斎場御嶽

沖縄南部で【人気】観光地&グルメ20選+計画に便利「所要時間」も参考に!

更新:2021/10/07

16,859views

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットにご確認ください。

沖縄の観光名所が集結している沖縄の南部エリア。ショッピングやグルメが楽しめる「国際通り」をはじめ、琉球王国の歴史を残す「首里城」やおしゃれなカフェやショップが集まる「瀬長島ウミカジテラス」など見逃せないスポットをランキングでご紹介します!

第1位 首里城

所要時間:約1時間30分~

かつて琉球王国の中心だった「首里城」は、2000年に世界遺産に登録されました。沖縄県を代表する観光地で、撮影スポットとしても人気の守礼門や鮮やかな赤が特徴的な正殿があります。また、首里城跡とともに世界遺産に登録された「園比屋武御獄石門(そのひゃんうたきいしもん)」など、首里城のある公園内には名所が数多く点在。中でも見晴らしが抜群な「西(いり)のアザナ」と「東(あがり)のアザナ」は、足を運びたい場所です。
※2019年10月に発生した火災で正殿を含む建物が消失し、公開エリアが制限されています。

首里城

住所〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2

アクセス《車》那覇空港から約20分
《電車》ゆいレール「首里駅」から徒歩約15分《バス》ゆいレール「首里駅」から路線バスで約6分、バス停「首里城前」から徒歩約1分
または、ゆいレール「首里駅」から路線バスで約3分、バス停「首里城公園入口」から徒歩約5分

料金大人:400円、高校生:300円、小・中学生:160円、6歳未満:無料

電話番号098-886-2020(首里城公園管理センター)

営業時間無料区域:08:30〜18:00、有料区域:09:00〜17:30(入場:17:00まで)、休み:7月第1水とその翌日 ※無料区域:年中無休

URLhttp://oki-park.jp/shurijo/

 

第2位 国際通り

所要時間:約2~3時間

飲食店やお土産店、ホテルが集まる「国際通り」。沖縄で最もにぎやかなスポットといわれ、メインストリートだけでなく裏通りも合わせて約600の店舗が立ち並びます。戦後の復興や発展の目覚ましさと全長1.6kmが1マイルであることにちなんで「奇跡の1マイル」と呼ばれることも。毎週日曜日12:00~18:00は歩行者天国となり、多くの人が行き交います。

国際通り
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-2-10 ぶんかテンブス館3F(那覇市国際通り商店街振興組合連合会)

アクセス《車》那覇空港から約15分《電車》ゆいレール「県庁前駅」から徒歩約3分または、ゆいレール「牧志駅」から徒歩すぐ
《バス》バス停「那覇バスターミナル」から沖縄バスで約5分、バス停「県庁北口」から徒歩約1分

料金店舗により異なる

電話番号098-863-2755

営業時間店舗により異なる
※2021年3月現在、トランジットモール(歩行者と公共交通機関のみが通行可能)不定期開催

URLhttp://naha-kokusaidori.okinawa/

 

第3位 瀬長島ウミカジテラス

所要時間:約1時間

那覇空港から車で15分ほどの離島「瀬長島」にある「瀬長島ウミカジテラス」は複合商業施設です。青い海と白い建物のコントラストが美しく、傾斜の地形を活かした外観が特徴的。沖縄県産品を使ったスイーツやグルメ、沖縄製のジュエリーなど30店舗以上が入店しているほか、夜には、プロジェクションマッピングのショーを楽しむことができます。

瀬長島ウミカジテラス

住所〒901-0233 沖縄県豊見城市瀬長174-6

アクセス《車》那覇空港から約15分
《バス》ゆいレール「赤嶺駅」から東京バスで約15分、バス停「瀬長島ホテル前」からすぐ

料金店舗によって異なる

電話番号098-851-7446

営業時間店舗によって異なる

URLhttps://www.umikajiterrace.com/

 

第4位 ひめゆりの塔

所要時間:約15分

沖縄戦で命を落としたひめゆり学徒隊の慰霊碑「ひめゆりの塔」。1946年(昭和21年)に、学徒隊が最後に過ごした場所とされている伊原第三外科壕の上に設立されました。現在も国内外の様々な人が祈祷に訪れています。第二次世界大戦中に行われた沖縄戦の残酷さや平和の大切さを改めて感じ、祈りを捧げるスポットです。

ひめゆりの塔
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-0344 沖縄県糸満市伊原671-1

アクセス《車》豊見城ICから車で約25分
《バス》バス停「糸満バスターミナル」から琉球バスで約25分、バス停「ひめゆりの塔前」から徒歩約3分

料金大人:450円、高校生:250円、小・中学生:150円、6月23日(慰霊の日):無料

電話番号098-997-2100

営業時間09:00〜17:25(入館:17:00まで)

URLhttp://www.himeyuri.or.jp/JP/top.html

 

第5位 おきなわワールド【雨でもOK】

所要時間:約2時間

「おきなわワールド」は、沖縄の文化や自然を楽しめるスポットです。全長約5kmある国内最大級の鍾乳洞「玉泉洞(ぎょくせんどう)」は、890mの部分が公開されています(2021年5月現在)。沖縄の伝統工芸を体験できる「琉球王国城下町」は、国の登録有形文化財に登録されている場所で、歴史的な景観が楽しめます。そのほかにも伝統芸能を取り入れた「スーパーエイサー」などのショーが人気です。

おきなわワールド
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川1336

アクセス《車》南風原ICから約10分または、那覇空港から約30分
《バス》那覇空港から琉球バスで約60分または、バス停「那覇バスターミナル」から琉球バスで約50分、バス停「玉泉洞前」から徒歩約2分

料金フリーパス券(入園券&ハブ博物公園) 大人:1,700円、子ども(4歳〜14歳):850円|入園券(玉泉洞&王国村) 大人:1,300円、子ども(4歳〜14歳):650円

電話番号098-949-7421

営業時間09:00〜17:30(入場:16:30まで)

URLhttps://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

 

第6位 ガンガラーの谷

所要時間:約1時間30分

おきなわワールドの向かいにある「ガンガラーの谷」は、数十万年前に鍾乳洞が崩落してできたスポット。発掘調査は現在も行われていますが、完全予約制のガイドツアーで洞窟内などを散策できます。推定樹齢150年の大木「大主(うふしゅ)ガジュマル」は必見。また、鍾乳洞の幻想的な空間でドリンクを楽しめる「ケイブカフェ」の利用もおすすめです。
※ツアー以外での入場は不可。

ガンガラーの谷
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川202

アクセス《車》南風原ICから約10分または、那覇空港から約30分
《バス》那覇空港から琉球バスで約60分または、バス停「那覇バスターミナル」から琉球バスで約50分、バス停「玉泉洞前」から徒歩約2分

料金ツアー(要予約) 大人:2,500円、中学生以上の学生:1,500円(要学生証提示)、保護者同伴の小学生以下:無料

電話番号098-948-4192(受付:09:00〜17:30)

営業時間ツアー出発:10:00・12:00・14:00・16:00(事前予約:前日17:00まで)、ケイブカフェ:09:00〜17:30

URLhttps://gangala.com/

 

第7位 斎場御嶽

所要時間:約1時間〜

世界遺産に登録されている「斎場御嶽(せーふぁうたき)」。御嶽とは祈りの場であり、聖域とされる空間で、斎場御嶽は琉球王国最高の御嶽です。この聖地には大庫理・寄満・三庫理などの6つの神域(イビ)があり、2枚の巨岩が寄りかかるようにしてできた三角状のトンネルを通ると、神の島と呼ばれる久高島を一望できます。神事が行われる神聖な場所であるため、敬意を持って静かに参拝するなど、マナーを守りましょう。

斎場御嶽
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-1511 沖縄県南城市知念字久手堅270-1

アクセス《車》南風原北ICから約30分《バス》バス停「那覇バスターミナル」から東陽バスで90分、バス停「斎場御嶽」から徒歩約10分

料金入館料 大人(高校生以上):300円、子ども(小・中学生):150円|定時ガイド(土・日・祝限定) 大人(高校生以上):300円|予約ガイド 基本料金:2,000円(1〜10名まで)

電話番号03-3989-3466

営業時間3月〜10月:09:00〜18:00(入館:17:30まで)、11月〜2月:09:00〜17:30(入館:17:00まで)、休み:旧暦5月1日〜3日・旧暦10月1日〜3日

URLhttps://okinawa-nanjo.jp/sefa/

 

第8位 牧志公設市場【雨でもOK】

所要時間:買い物のみ約1〜2時間、買い物・食事約3〜4時間

国際通り沿いにある「牧志公設市場」。市場外や1階、2階の食堂街を合わせると店舗数は100以上にのぼる「那覇の台所」です。普段は食べる機会のない色鮮やかな魚や珍しいフルーツ、郷土料理など、沖縄だからこそ味わえる食材やグルメが並びます。1階の店舗で購入した精肉や鮮魚を2階の飲食店で調理してもらえる「持ち上げ」は、牧志公設市場ならではのシステムです。
※2019年7月から仮設市場へ移転中。訪れる前には公式サイトで詳細を確認してください。

牧志公設市場
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-10-1

アクセス《車》那覇空港から車で約16分
《電車》ゆいレール「牧志駅」から徒歩約9分または、ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩約10分《バス》バス停「那覇バスターミナル」から那覇バスで約5分、バス停「松尾」から徒歩3分

料金店舗によって異なる

電話番号098-867-6560

営業時間08:00~21:00(店舗によって異なる)、休み:第4日(12月を除く)・正月・旧正月・旧盆

URLhttps://kosetsu-ichiba.com/

 

第9位 沖縄アウトレットモールあしびなー【雨でもOK】

所要時間:約2時間~

約100の国内外ブランドショップが集まる「沖縄アウトレットモールあしびなー」は、リゾート感のある雰囲気の中でお得なショッピングが楽しめる沖縄初のアウトレットモール。直営店や正規代理店で有名ブランドのファッションアイテムを、通常価格の30〜80%OFFで購入できます。買った商品を宅配サービスで自宅に送れるので、買いすぎても安心です。

沖縄アウトレットモールあしびなー
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎1-188

アクセス《車》那覇空港から約15分《バス》那覇空港からウミカジライナーで約30分、バス停「県庁北口」にて琉球バスに乗り換え約30分、バス停「あしびなー駅」から徒歩約1分

料金店舗によって異なる

電話番号0120-15-1427

営業時間10:00~20:00

URLhttps://www.ashibinaa.com/

 

第10位 ひめゆり平和祈念資料館

所要時間:約1時間

ひめゆり学徒隊が沖縄戦に動員されてからの様子や遺品が展示されている「ひめゆり平和祈念資料館」。「ひめゆりの塔」に隣接しています。実物大で内部も見られる伊原第三外科壕の模型や生存者が当時の様子を証言する映像から伝わるのは、戦争の悲惨さや命の尊さ。平和や生きることについて考えさせられる尊いスポットです。

平和祈念資料館
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-0344 沖縄県糸満市伊原671-1

アクセス《車》豊見城ICから約30分《バス》バス停「糸満バスターミナル」から琉球バスで約25分、バス停「ひめゆりの塔前」から徒歩約3分

料金大人:450円、高校生:250円、小・中学生:150円、6月23日(慰霊の日):無料

電話番号098-997-2100

営業時間09:00〜17:25(入館:17:00まで)

URLhttp://www.himeyuri.or.jp/JP/top.html

 

絶品料理が味わえる!おすすめのお店5選

浜辺の茶屋

南城市の新原(みーばる)ビーチ沿いにある「浜辺の茶屋」は元祖海カフェといわれるスポットです。カウンター席から見渡せるのは、一面に広がる海。満潮時には店の前まで波が打ち寄せられ、まるで海の上にいるかのよう。屋上やビーチのテラスもおすすめの席です。メニューは軽食やドリンクがメインで、自家製天然酵母パンを使ったカンパーニュサンドや、クロックムッシュも人気。

浜辺の茶屋
浜辺の茶屋
浜辺の茶屋
浜辺の茶屋

住所〒901-0604 沖縄県南城市玉城字玉城2-1

アクセス《車》那覇空港から約35分または、南風原南ICから車で約20分

料金カンパーニュサンド:605円(税込)、クロックムッシュ:528円(税込)

電話番号098-948-2073

営業時間月:14:00~20:00、火~木・祝:10:00~20:00、金~日:08:00~20:00 (ラストオーダー:19:00まで)

URLhttps://sachibaru.jp/hamacha/

 

tenku terrace OOLOO オールー

「tenku terrace OOLOO(オールー)」は、その名の通り眼下に広がる中城湾の絶景を見ながら食事を味わえるカフェです。地元の農園の食材を活用し地産地消へのこだわりが感じられるメニューは、味はもちろん映える盛り付けも好評。見晴らし抜群で潮風も心地よく感じられるテラスカフェは特等席なので、希望する場合は電話予約をしましょう。

OOLOO
OOLOO
OOLOO
OOLOO
OOLOO

住所〒901-1407 沖縄県南城市つきしろ1663

アクセス《車》那覇空港から車で約35分

料金県産和牛の牛カツ:2,728円(税込)、琉球フレンチトースト トロピカルフレト:2,728円(税込)

電話番号098-943-9058

営業時間11:00~18:00 (ラストオーダー:17:00まで)、年中無休

URLhttps://ooloo.owst.jp/

 

カフェくるくま

太平洋を望める癒しのロケーションが人気の「カフェくるくま」。タイ政府が保証する「タイセレクト認定店」で、タイ人スタッフによる本場のカレーやタイ料理を味わえます。おすすめは王道のグリーンカレー。スパイシーながらクセがなく食べやすい辛さで絶品です。このグリーンカレーとレッドカレーがセットになった「くるくまタイスペシャル」も人気。そのほか、ココナッツミルクを使ったレッドチキンカレーの「パネーン」も魅惑の逸品です。

カフェくるくま写真提供:アジアン・ハーブレストラン カフェくるくま
カフェくるくま写真提供:アジアン・ハーブレストラン カフェくるくま
カフェくるくま写真提供:アジアン・ハーブレストラン カフェくるくま
カフェくるくま写真提供:アジアン・ハーブレストラン カフェくるくま
カフェくるくま写真提供:アジアン・ハーブレストラン カフェくるくま
カフェくるくま写真提供:アジアン・ハーブレストラン カフェくるくま

住所〒901-1513 沖縄県南城市知念字知念1190

アクセス《車》那覇空港から車で約45分

料金くるくま タイスペシャル:1,727円(税込)、パネーン:1,265円(税込)

電話番号098-949-1189

営業時間月~金:11:00~17:00(ラストオーダー:16:00まで)、土・日・祝:10:00~18:00(ラストオーダー:17:00まで)

URLhttp://curcuma.cafe/

 

SOBA EIBUN

国際通りや壺屋やちむん通りの近くにある「OKINAWA SOBA EIBUN」は、カフェのような店内で創作沖縄そばが食べられるお店です。地元民からも美味しいと評判。人気商品は食べごたえたっぷりのソーキがジューシーな食欲をそそる「炙り軟骨ソーキそば」と変わり種の「釜玉明太チーズぶっかけまぜそば」です。

SOBA EIBUN
SOBA EIBUN
SOBA EIBUN

住所〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1-5-14

アクセス《車》那覇空港から約15分《電車》ゆいレール「牧志駅」より徒歩約10分

料金炙り軟骨ソーキそば:900円(税込)、生麺変更:+50円(税込)、釜玉明太チーズぶっかけまぜそば 1,150円(税込)

電話番号098-914-3882

営業時間11:00〜17:00(ラストオーダー:16:45まで)、休み:水

URLhttps://sobaeibun.okinawa/

 

アグーしゃぶしゃぶみるく

那覇空港から車で5分の距離にある「アグーしゃぶしゃぶみるく」。テーブルや掘りごたつで気軽に過ごしながら沖縄の豚肉「アグー」を堪能できるお店です。しゃぶしゃぶで食べられるアグー豚は、ヘルシーで上品な味わいが楽しめるのが特徴。ジーマーミー豆腐やラフテーなど沖縄ならではのサイドメニューも一緒に味わえる「特選アグーしゃぶしゃぶ琉球セット」が一番人気です。

那覇店

住所〒900-0031 沖縄県那覇市若狭1-14-10

アクセス《車》那覇空港から約5分《電車》ゆいレール「県庁前駅」から徒歩約11分

料金特選アグーしゃぶしゃぶ琉球セット:5,500円(税抜)

電話番号098-866-1566

営業時間17:00〜23:00(最終入店:21:30まで、ラストオーダー:22:00まで)、休み:不定休

 

こんなところあったの!?穴場スポット5選

ニライ橋カナイ橋

所要時間:約20分

全長660mの「ニライ橋カナイ橋」は、海岸線にある国道331号にかかっている橋です。海に向かって大きくカーブを描いており、絶景が見られるドライブスポットとして有名。天気がいい日には知念岬や久高島を一望できるロケーションです。特に景色を楽しむなら、橋を下るように丘の上からトンネルを抜けるのがおすすめ。

ニライ橋カナイ橋
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-1400 南城市知念

アクセス《車》那覇空港から車で約45分

電話番号098-948-4660(南城市観光協会)

 

金城町石畳道

所要時間:約30分

首里城から沖縄南部に続く主要道路として造られた「金城町石畳道」。16世紀当時は琉球石灰岩でつくられていた真珠道(まだまみち)の一部でしたが、沖縄戦で破損し、現在見られる石畳は沖縄県の文化財に指定された約300mの部分。周りにある古民家の外観も相まって、ノスタルジーが感じられる道ですが、急勾配なので、歩きやすい靴で訪れましょう。

金城町石畳道
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒903-0815 那覇市首里金城町2丁目付近

アクセス《車》那覇空港から20分《電車》ゆいレール「首里駅」から徒歩25分

電話番号098-917-3501(那覇市文化財課)

 

壺屋やちむん通り

所要時間:約1時間〜

国際通りから平和通りに入ると見える「壺屋やちむん通り」は、沖縄の言葉で焼き物を指すやちむんの発祥地。約400mの通りには、やちむんの歴史を学べる「那覇市立壺屋焼物博物館」やシーサーなどをつくる窯元「育陶園やちむん道場」をはじめ、ショップやカフェが立ち並びます。情緒あふれる街並みで、ゆったりとお土産探しや散策も楽しめるスポットです。車で訪れる場合は、一方通行に気をつけましょう。

壺屋やちむん通り
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋

アクセス《車》那覇空港から約20分
《電車》ゆいレール「牧志駅」から徒歩約10分《バス》バス停「那覇バスターミナル」から琉球バス交通で約10分、バス停「壺屋」からすぐ

電話番号店舗によって異なる

URLhttps://tsuboya-yachimundori.com/

 

知念岬公園

所要時間:約30分

南城市地域物産館の奥にある「知念岬公園」は、一面に広がる太平洋が絶景と評判の高いビュースポット。駐車場のそばにある東屋からは、岬全体や久高島を望めます。青い海を間近で見られる公園の下も見どころのあるポイント。遊歩道も整備され、散策や休憩にも適しています。斎場御嶽が近くにあるので、一緒に立ち寄れるようプランを立てて観光するのがおすすめです。

知念岬公園
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-1400 南城市知念久手堅

アクセス《車》那覇空港から約40分《バス》バス停「那覇バスターミナル」 から東陽バスで約55分、バス停「斎場御嶽入口」から徒歩約5分

電話番号098-917-5387(南城市役所観光商工課)

 

旧海軍司令部壕

沖縄戦の時に旧日本海軍の司令部があった地下壕「旧海軍司令部壕」は、戦時中の状況を知ることができる場所です。壕内には手作業で掘られた跡や手榴弾による自決跡などがあり、復元された当時の司令官室や作戦室も見られます。壕内の遺品や資料が展示されている資料館や慰霊塔、海軍グッズやお土産の売店も併設。敷地内にある「海軍壕公園」は地元民や観光客に親しまれている戦跡公園で、東シナ海や首里城を一望できます。

旧海軍司令部壕
©沖縄観光コンベンションビューロー

住所〒901-0241 沖縄県豊見城市字豊見城236

アクセス《車》那覇空港から約15分《バス》「那覇バスターミナル」から琉球バスで約20分、バス停「宇栄原団地前」から徒歩5分

料金大人(高校生以上):600円、子ども(小・中学生):300円、未就学児:無料

電話番号098-850-4055

営業時間09:00~17:00 (最終受付:16:30まで)

URLhttp://kaigungou.ocvb.or.jp/

 

沖縄本島

 

沖縄の離島

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる