蔵王の樹氷

冬に行きたい【国内旅行】おすすめ25選「冬の雪景色」「温泉地」まで目的別に紹介

更新:2022/08/01

24,927views

冬の旅行におすすめしたいエリアやスポットなど、全国から最適な観光地を厳選してピックアップ。伊勢や小樽、蔵王など冬の観光地から、見事な雪景色やイルミネーションなど冬の絶景が楽しめるスポット、スキーやスノボなど冬のアクティビティが楽しめる場所、寒いところから脱出したい時の暖かい観光地や、温まりに行きたい温泉地まで全25選をお届けします。

新型コロナウイルス感染拡大の影響や感染防止のため、営業時間や料金などが変更になっている可能性があります。お出かけの際は各スポットの最新情報をご確認ください。

冬の旅行でおすすめの観光地ベスト5

1.【三重県】伊勢

伊勢志摩国立公園
©伊勢志摩観光コンベンション機構

【カップルにおすすめ】
三重県の伊勢といえば「伊勢神宮」が有名です。特に、初詣を始め、年のはじめを祝う「歳旦祭」や「元始祭」(1月3日)「一月十一日御饌(みけ)」など1月に訪れたい行事が多数あります。

他にも観光スポットが点在。江戸時代から明治期の街並みを再現した「おかげ横丁」や、美しい海と夫婦岩が絶景の「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」も見所たっぷり。

また、冬の伊勢ではプリップリの伊勢えびや、口の中でとろける牡蠣などおいしい海の幸が豊富に獲れます。冬にしか食べられない伊勢グルメを堪能するのもおすすめです。
冬の道路情報は【らくらく伊勢もうで】をご確認ください。

アクセス《車》伊勢ICからすぐ《電車》JR「伊勢市駅」からすぐ

URLhttps://ise-kanko.jp/

2.【長崎県】ハウステンボス

ハウステンボス©ハウステンボス/J-19932
ハウステンボス©ハウステンボス/J-19932
ハウステンボス©ハウステンボス/J-19932
ハウステンボス クリスマス©ハウステンボス/J-19932
ハウステンボス クリスマス©ハウステンボス/J-19932
ハウステンボス クリスマス©ハウステンボス/J-19932

【カップルにおすすめ】
季節に応じて様々なイベントを実施している「ハウステンボス」は、冬の旅行にも魅力的な観光スポットです。クリスマスシーズンには、本場ヨーロッパをイメージした「クリスマスタウン」で、クリスマスマーケットやライティングセレモニーなどのショーを楽しめます。

その他、「アムステルダム広場」で毎夜開催される点灯式や、大切な人と通り抜けると永遠の愛で結ばれるという言い伝えがある「永遠のアーチ」など、一帯がロマンチックに光り輝くので、大切な人との距離が縮まるでしょう。
冬の道路情報は【長崎県管理国県道 道路通行規制情報】をご確認ください。

アクセス《車》西九州道佐世保大塔ICから10分《電車》JR「ハウステンボス駅」から徒歩7分

URLhttps://www.huistenbosch.co.jp/

3.【北海道】小樽

小樽運河(昼)

【カップルにおすすめ】
雪が降り積もる景色が街並みに映える冬の小樽は、おすすめの旅行先。川に映るレンガ調の倉庫が美しい「小樽運河」は、雪景色に街灯が光を落とす様子が美しく、夜の散策も楽しめます。

また、110年以上の歴史をもつ老舗「北一硝子」やムーディな小樽の街並みにぴったりな「小樽オルゴール堂」など室内でも楽しめる人気の観光スポットがたくさんあります。また、冬の小樽といえば、海の幸をふんだんに使った海鮮丼やお寿司は外せません。旬を迎えるアワビやホタテはもちろん、ウニを丼いっぱいに敷き詰めたウニ丼もおすすめです。
冬の道路情報は【北海道地区 道路情報】をご確認ください。

アクセス《車》小樽ICから約8分《電車》JR「小樽駅」から徒歩約1分

URLhttps://otaru.gr.jp/(小樽観光協会)

4.【山形県】蔵王

蔵王の樹氷

蔵王は、日本百名山にも選ばれた「蔵王連峰」や「蔵王温泉」などがある人気の観光地。冬の蔵王は樹氷原での樹氷鑑賞は外せません。樹氷は、別名スノーモンスターとも呼ばれる雪と氷に覆われたアオモリトドマツのこと。

樹氷原へのアクセスはロープウェイで直行か、ゲレンデを楽しみながらリフト乗り継ぎで行けます。夕方からはライトアップもされますよ。雪化粧をした蔵王連峰も圧巻です。芯まで冷えた体は、蔵王温泉で温めてくださいね。
冬の道路情報は【蔵王エコーライン交通情報】をご確認ください。

アクセス《車》山形上山ICから約23分《バス》仙山線「山形駅」から山交バスで約40分

URLhttps://www.zao-machi.com/(蔵王物産協会)

5.【神奈川県】横浜赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫
画像提供:横浜観光情報

【カップルにおすすめ】
横浜赤レンガ倉庫は、明治末期から大正初期に建てられた美しい歴史的建造物です。現在は当時の面影を残しつつ、ショッピングやグルメ、イベントが楽しめる施設として生まれ変わっています。

クリスマスシーズンになると高さ約10mのクリスマスツリーが光を灯します。ドイツのクリスマスマーケットを再現した会場内では、ドイツ料理やクリスマスグッズが並び、クリスマス気分を一層盛り上げてくれます。毎年設置される屋外スケートリンクも魅力です。

アクセス《車》みなとみらいICから約6分《電車》JR「桜木町駅」から徒歩約15分

URLhttps://www.yokohama-akarenga.jp/

冬がベストシーズン【雪景色】が美しい観光地

【岐阜県】白川郷

白川郷

【カップルにおすすめ】
「白川郷」は、手つかずの自然と共に「合掌造り」の集落が残る観光スポットです。白川郷のように合掌造りの風景が残っている地域は、世界で3か所しかないため、貴重な存在として世界遺産にも登録されています。

白川郷には季節を問わず多くの観光客が訪れますが、豪雪地帯ならではの冬景色は最高です。特に、期間限定で行われるライトアップイベントは、雪の中で幻想的な光を放つ白川郷に言葉を失うでしょう。
冬の道路情報は【岐阜国道事務所】をご確認ください。

アクセス《車》白川郷ICから約5分《バス》北陸新幹線「富山駅」から高速バスで約1時間20分

URLhttps://shirakawa-go.gr.jp/

【京都府】貴船神社

貴船神社
貴船神社
貴船神社
貴船神社
貴船神社

【カップルにおすすめ】
貴船神社は、万物の命の源である水の神を祀る水神の総本宮です。京都の山奥にあり、冬には雪が降ることも少なくありません。朱色の鳥居や灯篭の雪化粧は、朱色が一層映える冬ならではの絶景です。さらに、貴船神社には雪が降った日だけに行われる「積雪日限定ライトアップ」もあります。

水に浮かべると文字が見えてくる「水占(みずうら)みくじ」もおすすめです。厳かで幻想的な冬の貴船神社で、思い思いの時間を過ごしましょう。
冬の道路情報は【京都府道路情報管理・提供システム】をご確認ください。

アクセス《車》名神高速東ICから約50分《バス》叡山電車「貴船口駅」から京都バスで約6分、バス停「貴船」から徒歩約5分

URLhttps://kifunejinja.jp/

【石川県】兼六園の雪吊り

兼六園の雪吊り

【カップルにおすすめ】
石川県を代表する特別名勝「兼六園」は、季節を問わず多くの観光客が訪れます。秋の紅葉も有名ですが、冬の風物詩「雪吊り」が見られる冬の兼六園もおすすめです。雪吊りとは、降雪によって樹木の枝が折れないよう、縄で枝を守る冬の準備のこと。

期間限定でライトアップもされるので、その圧倒的な美しさに息を飲むでしょう。職人の技が光る、大きな和傘のような映える風景をぜひ生でご覧ください。
冬の道路情報は【みちナビ石川】をご確認ください。

アクセス《車》金沢森本ICから約20分《バス》JR「金沢駅」から兼六園シャトルバスで約10分、バス停「兼六園下・金沢城(石川門向い)」からすぐ

URLhttp://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

【滋賀県】メタセコイア並木

メタセコイア並木
(公社)びわこビジターズビューロー

「メタセコイア並木」は、約2.4kmの距離にわたって約500本も植えられたメタセコイアが印象的な観光地です。メタセコイア並木といえば秋の紅葉も有名ですが、実際は季節を問わず多くの人を魅了しています。

なかでも、雪が降り積もり白銀の世界に包まれた冬のメタセコイア並木は圧巻の美しさです。冬にしか見られない幻想的なメタセコイア並木に、ぜひ足を運んでみてください。
冬の道路情報は【ロードネット滋賀】をご確認ください。

アクセス《車》木之本ICから約30分《バス》JR「マキノ駅」からマキノ高原線バスで約6分、バス停「マキノピックランド」からすぐ

URLhttps://takashima-kanko.jp/

【北海道】函館の夜景

函館夜景

【カップルにおすすめ】
冬の函館には、「はこだてイルミネーション」や「開港通りのライトアップ」など、ロマンチックな雰囲気の観光スポットが点在しています。

なかでも、北海道に来たら1度は訪れたい「函館山」からは、雪化粧をした函館の街並みを一望できます。白銀の世界に浮かび上がる函館山からの夜景は息を飲む美しさ!展望台には、函館の夜景を眺めながら食事が楽しめる「レストランジェノバ」もあります。ぜひ、函館の夜景に酔いしれてください。
冬の道路情報は【北海道地区 道路情報】をご確認ください。

アクセス《車》函館駅から約10分《電車》市電「十字街電停」から徒歩6分、函館山ロープウェイ「山麓駅」からすぐ

URLhttps://334.co.jp/(函館山ロープウェイ)

冬ならではの【アクティビティ】や【イベント】が楽しめる観光地

【新潟県】苗場スキー場で「スキーやスノボ」

苗場スキー場「苗場スキー場」
苗場スキー場「苗場スキー場」
苗場スキー場「苗場スキー場」

【幅広い年代におすすめ】
24コースが用意されている「苗場スキー場」は、初心者から上級者まで楽しめる広々としたゲレンデです。スノボが全面滑走OKなので、スノボの人もスキーの人もいろいろなコースに挑戦できます。

また、冬の雪山を歩くスノーシューやスノーモービル、スノーストライダーなどの様々なアクティビティが充実しているのも嬉しいポイントです。スキーやスノボを楽しんだ後は、苗場プリンスホテル内の温泉で疲れを癒してください。
冬の道路情報は【にいがたLIVEカメラ】をご確認ください。

アクセス《車》湯沢ICから約30分《バス》JR「越後湯沢駅」から路線バスで約50分、宿泊者専用バスで約40分

URLhttps://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/winter/

【長野県】乗鞍高原で「ネイチャースキー」

乗鞍高原 ネイチャースキー©LittlePeaks
乗鞍高原 ネイチャースキー©LittlePeaks
乗鞍高原©Seth McAllister
乗鞍高原©Seth McAllister

標高1,200~1,800mの乗鞍(のりくら)高原には、シラカバの森が広がる「一ノ瀬園地」や、シラビソ・コメツガの針葉樹の森があります。

ふわふわな雪の上を軽快に進めるアイテム「ネイチャースキー」があれば、登りも下りも自由自在。森の中をスキーで滑り抜けたり、極上パウダースノーの中にダイブしたりと、ここでしか味わえない感覚を堪能できます。乗鞍岳や凍った滝などが見られる、魅力満載のフィールドをお楽しみください。
冬の道路情報は【乗鞍高原】をご確認ください。

アクセス《車》松本ICから約60分《バス》松本電鉄「新島々駅」からアルピコバスで約50分

URLhttps://norikura.gr.jp/

【福井県】ツリーピクニックアドベンチャーいけだで「ジップライン」

ツリーピクニック アドベンチャー いけだ
ツリーピクニック アドベンチャー いけだ
ツリーピクニック アドベンチャー いけだ

【カップルにおすすめ】
「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」は、「日本最大級の冒険の森」との呼び声も高い、自然の森を活用して作られた福井県のアクティビティ施設です。

そんなツリーピクニックアドベンチャーいけだの1番の目玉といっても過言ではない「メガジップライン」は、地上高60m、全長約1kmのワイヤーケーブルで森の上空を飛ぶプログラム!冬は白銀の美しい森が一望できます。
冬の道路情報は【みち情報ネットふくい】をご確認ください。

アクセス《車》福井ICから約40分、《電車》JR「武生駅」からタクシー・レンタカーで約30分

URLhttps://www.picnic.ikeda-kibou.com/

【北海道】「ガリンコ号」からオホーツクの流氷を観る

ガリンコ号Ⅲ 運航画像
ガリンコ号Ⅲ、Ⅱ冬季運航2
ガリンコ号 野生アザラシと流氷
ガリンコ号 サンセット写真

冬の北海道に行くなら、オホーツク海の流氷を間近に見られる「流氷観光船」への乗船がおすすめです。なかでも、巨大なスクリューが力強く氷を割る「ガリンコ号」は迫力満点!早朝6時に出航して、流氷の海から朝日を望む「サンライズクルーズコース」もあります。天然記念物のオジロワシとオオワシ、アザラシなども見られるかもしれません!

周辺にはアザラシを飼育している「アザラシランド」や、流氷の海を見下ろす氷海展望塔「オホーツクタワー」といった観光スポットも点在しています。
冬の道路情報は【北海道地区 道路情報】をご確認ください。

アクセス《車》紋別バスターミナルから約10分《バス》JR「旭川駅」から紋別バスターミナルバスで約3時間

URLhttps://o-tower.co.jp/

【群馬県】水上高原スキーリゾートでスイス発の「エアボード」

「水上高原スキーリゾート」は、キッズパークや犬ぞり体験といったアクティビティが充実した「スノープレジャーランド」です。

なかでも、スイス発の「エアボード」は、うつぶせ状態でボードに乗って自由自在にゲレンデを滑り下りるスポーツで、新感覚スノーアクティビティとして人気を集めています。比較的簡単に操作できるので、スキーやスノボが苦手な人でも手軽に楽しめます。
冬の道路情報は【ドラぷら】をご確認ください。

アクセス《車》水上ICから約30分《バス》JR「水上駅」からシャトルバスで約30分

URLhttps://www.minakami-ski.jp/

寒いところから脱出したい【暖かい】おすすめの観光地

【沖縄県】石垣島

川平湾
©OCVB

【カップルにおすすめ】
沖縄本島から飛行機で50分ほどの「石垣島」は、日本最南端の自然文化都市。冬でも最低気温が20℃前後と温暖な気候なので、寒さが厳しい冬の本州から離れて、暖かな南国で過ごすのにぴったりの旅行先です。

通年を通してマリンアクティビティが楽しめますが、冬の石垣島は海の透明度がトップクラスなので、ダイビングやシュノーケリング、SUPもおすすめです。空気の澄んだ冬の星空を楽しむツアーもあります。台風に見舞われにくく、ホテルも安い時期です。

アクセス《飛行機》羽田空港から約3時間15分

URLhttps://yaeyama.or.jp/(石垣島観光局)

【鹿児島県】奄美大島

奄美大島 アオンのリーフ
© K.P.V.B

【カップルにおすすめ】
鹿児島本土と沖縄本島のほぼ中間に位置する「奄美大島」は、国内の離島の中でも沖縄本島、佐渡島に次いで3番目に大きな島です。「東洋のガラパゴス」と呼ばれるほど豊かな生態系と自然が残っているため、海外リゾートのような雰囲気があります。冬でも10~16℃くらいの気温なので快適に過ごせるでしょう。

一方、ザトウクジラが見られる「ホエールウォッチング」は、冬にしか体験できない貴重なアクティビティです。冬になるとはるばる奄美の海に訪れるザトウクジラを間近で観察してみては。

アクセス《飛行機》羽田空港から約2時間15分

URLhttps://www.amami-tourism.org/(あまみ大島観光物産連盟)

【東京都】八丈島

八丈島

【カップルにおすすめ】
羽田空港から約55分で到着する「八丈島」は、「東京からいちばん近い南国」と呼ばれる島です。ハイビスカスやフリージアなどの色鮮やかな花々や、360度のオーシャンビューといった美しい景観が楽しめます。

冬にはザトウクジラが島周辺を周遊するため、「ホエールウォッチング」にもおすすめの観光スポットです。また、八丈島は温泉が豊富に湧いているので、海を眺めながら露天風呂に入ることもできます。東京とは思えない絶景をお楽しみください。

アクセス《飛行機》羽田空港から約55分

URLhttps://www.hachijo.gr.jp/

【宮崎県】高千穂峡

高千穂峡

【カップルにおすすめ】
「高千穂峡」は、宮崎県の北端部にある九州最強のパワースポットです。80~100mもの高さを誇る断崖が7kmも続く景色には圧倒されます。高千穂峡には滝も点在しているので、不思議なパワーだけでなくマイナスイオンも感じられることでしょう。

冬でも暖かい観光地として魅力がありますが、一方で、冬の高千穂峡はごくまれに積雪があります。力自慢をするために鬼八が投げたとされる「鬼八の力石」や、渓谷が雪化粧する様子は九州きっての名勝です。

アクセス《車》北方IC から約45分《バス》JR「延岡駅」から宮崎交通バスで1時間37分、バス停「高千穂バスセンター」から徒歩27分

URLhttps://takachiho-kanko.info/

【沖縄県】沖縄本島

アラハビーチ
©OCVB

【カップルにおすすめ】
冬でも平均気温17℃前後と本州に比べて過ごしやすい気候の沖縄は、冬もおすすめの観光地です。冬であっても平均海水温度が20℃と高く、澄んだ海でシュノーケリングやダイビング、パラセーリングが1年中楽しめます。

さらに、冬にしか見られないザトウクジラを間近で観察できる「ホエールウォッチング」も人気です。冬に八重岳桜まつりを訪れるのもいいですね。沖縄美ら海水族館など屋内施設も楽しめますが、オフシーズンなので夏よりリーズナブルに旅行できます。

アクセス《飛行機》羽田空港から約3時間

URLhttps://www.okinawastory.jp/(おきなわ物語)

寒い冬は【温泉】に浸かるのが気持ちよい!おすすめの観光地

【群馬県】草津温泉

草津温泉

自然湧出量日本一を誇る「草津温泉」は、日本を代表する名泉の1つ。効能の高さもお墨付きで、「恋の病以外、効かぬ病はない」との言い伝えがあるほど。大正ロマン風の観光施設「熱乃湯」では、温度を下げつつお湯を柔らかくする「湯もみショー」が見られます。一面雪化粧の中で真っ白な湯けむりが上がる「湯畑」も冬ならではの風景です。冬にしか入れない、雪見温泉に入って疲れを癒しましょう。草津温泉スキー場でウィンタースポーツを楽しんだ後に入るのもおすすめです。
冬の道路情報は【草津温泉ポータブルサイト】をご確認ください。

アクセス《車》渋川伊香保ICから約1時間《バス》JR「長野原草津口駅」からバスで約25分、バス停「草津温泉」から徒歩約6分

URLhttps://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

【神奈川県】箱根湯本温泉

箱根湯本温泉

新宿から約1時間25分で行ける「箱根湯本」は、冬の旅行にもおすすめの観光地です。温泉施設や宿、お土産店や飲食店などが充実しているので、冬も思いきり楽しめるでしょう。また、箱根湯本は箱根の中でも標高が低い地域のため、冬でも過ごしやすいメリットもあります。冬の冷たい風を感じながら温泉街を練り歩くのも、冬ならではの楽しみ方ですね。さらに、雪化粧をした箱根の山々を望みながらの雪見温泉は最高です。
冬の道路情報は【箱根の交通情報】をご確認ください。

アクセス《車》小田原西ICから約17分《電車》小田急ロマンスカー「新宿駅」から約1時間25分

URLhttp://www.hakoneyumoto.com/

【山形県】銀山温泉

銀山温泉

【カップルにおすすめ】
大正浪漫の風情に心も体も癒される「銀山温泉」は、ノスタルジックなレトロ旅が楽しめる温泉街です。日が暮れてガス灯に火が灯ると、まるで大正時代にタイムスリップしたような風景が広がります。

季節を問わず人気の銀山温泉ですが、真っ白な雪が降り積もった街並みが臨める冬の時期は情緒たっぷりで特におすすめです。美しい温泉街の写真を撮った後は、身体をじっくり温泉で温めてくださいね。
冬の道路情報は【山形県の通行規制情報】をご確認ください。

アクセス《車》古川ICから約1時間30分《バス》JR「大石田駅」からはながさバスで約40分 、バス停「銀山温泉」から徒歩6分

URLhttp://www.ginzanonsen.jp/

【大分県】湯布院温泉

湯布院温泉

【カップルにおすすめ】
由布院温泉(湯布院温泉とも)は、大分県にある「由布岳(ゆふだけ)」の麓に広がる温泉地帯です。豊富な温泉湧出量を誇り、「東の軽井沢、西の湯布院」と称されるほど人気があります。しかし、湯布院が観光客に人気の理由は温泉だけではありません。幻想的な湯布院盆地の朝霧を一目見ようと、湯布院を訪れる人も多いようです。秋から冬にかけての早朝は朝霧が出やすいシーズンであるため、冬の湯布院に行けば朝霧を望みながら温泉に入れるかもしれません。
冬の道路情報は【道路交通情報NOW!!】をご確認ください。

アクセス《車》由布院IC から約5分《電車》JR「大分駅」から約50分

URLhttp://www.yufuin.gr.jp/(由布院観光局)

【愛媛県】道後温泉

道後温泉本館提供:松山市
道後温泉 シンボルマーク

日本三古湯の1つである「道後温泉」は、昔ながらの雰囲気を残す温泉地です。歴史ある建物が点在する街並みは、フォトジェニックな写真が撮れると話題になっています。さらに、道後温泉は全国的にも珍しい無加温・無加水の源泉かけ流しです。また、道後温泉のシンボルである「道後温泉本館」は現在、営業しながらの保存修理工事を行っており、今しか見れないイベントも多数実施しています。お風呂あがりは、愛媛の名産みかんジュースで喉を潤したいですね。
冬の道路情報は【えひめの道ライブカメラ】をご確認ください。

アクセス《車》松山ICから約40分《電車》JR「松山駅」から約25分

URLhttps://dogo.jp/

旅行会社 旅工房・旅Pocket編集部
旅Pocket編集部です。「ポケット」に入れて持ち歩きたくなるような、見るたびにわくわくする国内・海外情報をお届けします!タイアップ・広告掲載のご依頼はこちらへ。

このライターの記事一覧

AREA

地域


閉じる